徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    霊視の視え方~⑥。

    おはようございます。 素敵なお客様方も年度末を迎えて本来なら手を付けなければならないことが多い筈ですが、コロナウイルスで予定が全て変更などてんてこ舞いかもしれません。

    私もキャンセルが続出したりですが目の前で起きたことを受け入れるのみ、素敵なお客様をお迎えすることが私の今するべきことです。 もっともっと多くの人を喜ばせたい、その為にも私が凹んでいたら駄目ですから、誰かの笑顔の為にができていれば運命は味方してくれると信じています。

    さて、今日は霊視とスピリチュアルカウンセリングの違いについてですが、江原啓之さんが世に出てからと言うモノ、猫も杓子も全てがスピリチュアルと言う言葉を付けて占いを始め、とにかくスピリチュアルと名前を付けたらお客様が来ると言う考えが蔓延してしまいました。

    正直、占いに興味の無い人からするとどっちでもいい筈ですが、どちらも非常に似ているから余計にややこしいとも言えます。 どうしても混同しがちで違いが分からなくても困らないし、どちらに相談してもそれなりに答えが返ってくるので違いがあるようでないし、ないようであるとも言えます。

    では、占いを利用する場合に自分は霊視がいいのか、スピリチュアルカウンセリングがいいのか、その判断は究極の結論としては好みとしか言えません。 霊視もスピリチュアルカウンセリングも霊能力が必要と言う点では同じ、霊視もスピリチュアルカウンセリングも占い師や霊能者の第六感のようなものを使う技術です。

    単純に言うなら霊視を行うのは霊能者、スピリチュアルカウンセリングを行うのはスピリチュアルカウンセラーで実は全くの別物です。

    霊能者とスピリチュアルカウンセラーを業務の違いとして視るなら、その人の未来に何が起きていくのかを視るのが霊視、何かからのメッセージを受け取り相談者に伝えていくのがスピリチュアルカウンセリング、そういう違いがあるのではないかと思いますが、やっている当人は関係なく視ているのではないかと思います。

    相談者に寄り添って御相談をお伺いして相談者の背中を押してあげるのも役目、霊能者とスピリチュアルカウンセラーのどちらに鑑定を依頼すべきか、それは先ほども申しましたように好みとしか言えません。

    ただ、心が苦しい場合は霊視でもスピリチュアルカウンセラーでも、話をするだけで心のの苦しさが減ったりするので、取りあえずの応急処置としては話ができる占い師さんでもいいのではないかと思います。

    占いと言う大きなくくりの中に霊視もスピリチュアルもいるので、その占いの中にいるならば心を軽くしてくれる、それが一番いいのではないかなと思います。 せっかく占いへ行くのに余計に辛くなる、余計に心が痛くなる、そんなところへ行ったら時間とお金が損です。

    霊視と言っても千差万別で人により視え方は違うから、その占い師さんによって得意不得意もあると思います。

    だから、何かの御相談で一つの件を外したからと言って実力がない訳ではないし、他の件では得意かもしれない、それを一括りにして何でもかんでもとするのは占い師さんに気の毒で、得意分野なら手に取るようにわかるのに不得意な部分で叩くのはどうかと思います。

    ただし、全ての分野において全く外れると言うのはあり得ないレベルで、さすがに10個のうち2~3つは当たると言うか当てるべきで、全て外れると言うのは逆の意味で凄いです。

    他の占いの先生を庇う訳ではありませんが、占い師とは10個中3個当てたら凄く当たると言われるし、10個中1個当てたら占い師としての的中率は平均的です。 占い師は全部当てることなどできませんが、その人に取って重要なことだけ当てられたら、それで人は救えると思います。

    ところが最近、本当は霊視なんてそう簡単に存在しないと思った出来事があり、東日本に有名な霊視のできる霊能者がいて、そこへ素敵なお客様が鑑定に行って罵倒されたお話をお伺いしてから霊視に疑問を持ちました。

    その方が恋愛相談に行った時、相手の男Bが娘さんを好きで好きで別れられない、そして娘さんも男Bを好きで好きで別れられないとお互いが相思相愛ですが、お母様だけは娘さんから男Bと別れたと言う話を信用して相談しました。

    その霊能者は「Aと言う男が娘さんを好きすぎて、そのAが娘さんを好きで好きでたまらないから、全ての元凶はAである。」との霊視結果でした。

    この時点で霊視は嘘ですが、まともに霊視ができるなら「Bと言う男が娘さんを好きすぎて、そのBが娘さんを好きで好きでたまらないから、全ての元凶はBである。」と、この霊視結果が当たり前なのに、母親から男Bと別れたと聞いた話を鵜呑みにしている霊能者は世間話です。

    娘さんが男Bと別れたと言う偽装も見抜けない、こんな霊視では素人以下と言われても仕方が無くて、私も100%を当てることなど不可能ですが男Bと男Aを間違えるなど、さすがに初歩的な間違いはありえません。

    この方は東日本ではTVに出て私より遥かに有名、過去の実績があるからだと思いますが、真の相手=男Bに気付けずに無関係=男Aをやり玉に挙げる霊視は嘘としか思えません。

    私も大した占い師じゃないから人のことは言えませんが、このように全く的外れの濡れ衣を着せないよう、人の振り見て我が振り直せで反省の毎日です。

    今は反省すると言うか後悔すると言うか、昨年までの私は何していたんだろうと情けなくなることもしばしば、もっと早くに今くらい色々とできていたら、もっと多くの人を喜ばせることができたと思います。

    あなたは霊視の視え方の⑥、いかがでしたか?

    ☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    疫病神。

    おはようございます。 今日も素晴らしい一日の始まりですけれど、何やってんのかわからない一日ではなく、もっともっと素晴らしいと気付ける一日でありたいです。 私は県南へ出てきたからこそ嬉しい毎日ですが、それは全て素敵なお客様のおかげで本当にありがたいです。

    私は県北でいじめられて疫病神のように忌み嫌われてきましたから、あの時代は嘘みたいに辛かったのを思い出すと泣けてきますが、今はまさに女神様ばかりで本当に天国だと思います。

    さて、私が県北でいじめられて疫病神などと言われていましたが、この厄病神とは世の中に疫病をもたらすとされる悪神のことです。 (注:実は疫病神とは幸運を呼ぶ神様なんですが、それについては後述します。)

    疫病神は家の中に入ってきて人々を病気にしたり、お金を失わせたり、精神や肉体を滅ぼそうとして災いを齎すと考えられています。 医療の普及していなかった昔の日本では病気が目に見えない存在により引き起こされると信じられていました。

    特に流行病や治療不可能な重病は物の怪や怨霊や悪鬼による禍と言われてきて、平安時代以後に中国の疫鬼の概念が貴族社会を中心に広く普及して、疫病は鬼神により齎されるものとの考えが出来上がりました。

    やがて、一般での素朴な病魔への畏怖と結びついて疫病神の存在が病気を齎す民間信仰になったようです。

    疫鬼の概念が多く取り込まれた平安時代には朝廷の行事で、花が散ると共に疫病神が方々へ四散することを防ぐ鎮花祭、道の境で疫病神を持て成すことで都の外へ返してしまう道饗祭などの祭事が行われています。

    人間に良くないことを齎すから厄介ごとを起こす人物を疫病神と比喩しますが、怪談夜更鐘と言う物語の表記で姿が描いてあり、ある武士の元に現れた疫病神は50歳ほどの坊主の姿でした。

    元々、病気は目に見えない存在が齎すと考えられていたことに由来して、疫病神の姿が実際に目に見えると考えられることはありませんし、春日権現験記絵巻や融通念仏縁起絵巻などの絵巻物には、様々な鬼の姿をした疫神たちが集う姿が描かれています。

    しかし、夢の中で見るなど普通の人間の目に姿は見えないものと書かれていて、沙石集では僧侶の元へ行疫神の集団がやって来る説話が記されていますが、ここでは異類異形と表現されています。

    そして人間の目に見える姿としての疫病神は、老人や老婆など人間の姿を取り出没するとも考えられており、単体や複数人で彷徨いつつ家を訪れて疫病を齎すなどと言われます。

    関東地方や東海地方を中心に確認されている箕借り婆や一つ目小僧など、来訪者がある形ので伝承は代表的なものです。 秋田県の一部では毎年2月9日を疫病神が村に来る日としていて、疫病神が嫌うとされる網目の多いざるを戸外に下げる行事があります。

    江戸時代の宮川舎漫筆には毎月3日に小豆の粥を作る家には入らない、そう疫神に教えて貰う人の話が記されていて、この話では人の姿になり屋敷に向かっていた疫病神を、それと知らずに同道した結果として教わっている話です。

    また、江戸時代に書かれた竹抓子などには文政3年に愛宕下の武家屋敷に疫病神が侵入したのを、次男の金七郎が発見して捕まえたら家には入らないと書いた証文を置いて行った話が記録されていますが、この話は証文の文面と共に流布されて随筆にも全文が記載されています。

    以上が一般的な疫病神の話ですが、ここからは本当の疫病神の役目と言うか、疫病神は幸せの使者であることを説明してみます。

    ある村に長者が住んでいて、その村一番の長者の家に疫病神がやってきました。 そして疫病神は住み着いたのですが、長者はお金があるので若い衆などを雇って、あの手この手で疫病神を追い出そうとして追い出せたのですが、とうとうお金を使い果たして村一番の貧乏になってしまいました。

    そして疫病神が今度は次に村で一番頭の良い男の家に行きましたが、それを見た元長者の男は「あいつの家も大変なことになるだろう」と思っていました。

    しかし、半年たち、一年たち、それでも何も起こらないので不思議に思った元長者は頭の良い男に、「あんたは、どうして疫病神が住み着いているのに不幸にならないんだ。」と聞きました。

    すると、村一番の頭の良い男は答えました。

    「疫病神は忌み嫌うものではない、疫病神を見た日は気を付けろと教えてくれているだけだ。 この前も畑に居たら疫病神を見たから、もしやと思って家に帰ると窯の火を消してなかった。 危うく火事になるところだった、疫病神が教えてくれたんだ。 だから、うちに取っての疫病神は守り神だ。」と・・・。

    この元長者の考え方と頭の良い男の考え方、どちらを取るかは自分次第と言う暗示で、疫病神とは不幸を知らせてくれて厄除けの印、逆に悪いことを防いでくれているのです。

    最後に現代社会において本当の疫病神とは、しつこく絡んでくる人間のことで、人の言葉の揚げ足取り、納得できるまで相手に詰め寄る、相手を辟易させる、謝罪させる、屈服させる、人がやることは何でも気に入らない、こういう人に絡まれると運気が落ちてしまいますから、これこそ現代の疫病神です。

    あなたは疫病神、御存じでしたか?

    (゚ペ)?

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    仕舞う場所。

    おはようございます。 今日も素晴らしい一日の始まりですが、それも一重に素敵なお客様だからこそです。 皆様は周りに対して笑顔で良い雰囲気を振りまいて、それによる徳積みをしているからこそ、運命の後押しもあるのだと思います。

    私も素敵なお客様から学ぶことだらけで、私が生きていられるのは皆様がいて下さるからこそ、それは大袈裟でも何でもなく素晴らしい恩恵を与えて頂いていることに感謝です。

    さて、家の中でもどこでも整理整頓ができていると気持ちがいいものですが、足の踏み場が無いようでは運勢的にも良いとは言えません。 片付けがきちんとできている家の中は風通しも良くて気持ちがいい、普段から片付けておくのも大切です。

    片付けが苦手と言うなら、まずは使った物はどんな些細な小物でも仕舞う場所を決めること、物を仕舞う場所を決めることが片付けの基本です。

    使ったら元の場所へ戻す、仕舞う場所を決めたら散らからない筈で、子どもに片付けを注意する時に元の場所に仕舞わないとだめよとか言う筈で、家でもどこでも限られたスペースの中で仕舞う場所を決めるのが難しかったりします。

    その仕舞う場所を決めてしまい、そこへ必ず戻すを繰り返して癖付けると自然に体が動いて決められた場所に仕舞うようになります。 どこに仕舞うかを適当に決めないで、自分のしぐさや動きで自然な場所が最適で、そうすると心地良い部屋になるようにやれるのでははないかと思います。

    また、TVなどでよくやっている収納を考える企画で、すぐに100円ショップへ行って収納ボックスをサイズも考えずに大量に適当に買ってしまう、それをやると収納ボックスだらけになって逆に片付きません。

    それにサイズも色も合わなくて意外にダメダメなインテリアになったり、残念な結果になりがちなのが100円ショップですが、ケチケチ精神で節約できるのはいいんですがいらない物は買わないが基本です。

    よく吟味して買うようにしないと買う時は安いからと気軽に買いますが、結局は何に使おうかなと邪魔になったりします。 たかが100円ではなく大切な100円で行かないと、必要じゃない物まで買うようになります。

    そして女性なら服の収納、芸能人も衣裳部屋の為に部屋を借りるなどと言いますが、服の始末に困る人も多いと思います。

    そこで一番の収納術は捨てること、捨てると言っても寄付すればいいだけで、服を受け付けているところも探せばあるので、発展途上国へ寄付すればあなたの服が誰かの笑顔になります。

    その基準ですけれど、まずは3年間で一度も着なかった服は捨てる、デザインや思い入れなどは幻想と考えて捨てる、これが第一関門です。 次にサイズが合わないモノは捨てる、3年前と今ではサイズが合わないこともある筈で、それは捨てなさいとの暗示と受け止めて捨てる、これだけで相当数が減ったと思います。

    最後に、過去一年間で一度も着なかったモノは捨てる、一年間の四季を通じて着ない服は今後も着ませんから、思いきって捨てることで部屋も片付きます。 (なお、ここで言う捨てるとは寄付することです。)

    何事も仕舞うがきちんとできたら良いことですし、家がきちんと片付いて部屋が綺麗なのは気持ちがいい筈です。 それに仕舞うと言うのは物が出てこない、物があちこちへ出ているとろくなことになりません。

    あと、裏技と言うほどじゃないのですが、玄関の壁にワイヤーラックを取り付けて傘を壁掛けに変えたら、かなりすっきりすると思います。

    そして横棒を壁に取り付けて、そこへスリッパを挟んだり、何かとかけたり挟んだりができるようにしておくと、下へ物を置かないから空間が確保できると思います。

    最後に出窓がある人は、そこへ棚を作って収納場所にする、出窓は結局物を置いたりして使わないことが多いので、逆に収納場所と割り切ってしまえばスペースを確保できる筈です。

    そして仕舞うと言えば3月に入ってから気付いたのが占いじゃない領域で、今まではお祓いした禍や災難を空間へ放出していましたから、しばらく経ったら元へ戻る人も当然ながらいました。

    そこで考えたのが仮想空間を作って、そこへ閉じ込める=仕舞えばいいのでは気付き常連様にお願いして実験中ですが、禍や災難や病気や怪我などを封じ込める場所へ仕舞う、まだ実験中ですが好評なので希望者には仕舞う場所を作りたいと思います。

    一度、その人専用の場所を作ってしまえばいくらでも仕舞えるので、嫌なことがあればそこへ自分で仕舞って頂く、それで禍や災難が減るなら良いことだと思います。 仕舞い方は自分の箱を作った方向へ向かって祈るだけ、例えば「上司に嫌がらせをされたので辛い」や「今日も嫌なことは起きない」などと、箱の中へ仕舞うイメージで封じ込められます。

    東京だと港区南青山に箱を作って皆様の禍や災難を封じ込めていますし、岡山だと倉敷市水島に箱を作って封じ込めています。

    南青山は児相の差別など問題発言をしたりプライドが高くて迷惑をかける土地柄、禍や災難を物ともしないからいくらでも底無しで仕舞い込むことができます。

    水島は工業地帯でそばが海だから誰にも迷惑が掛からないので、そこへ禍や災難を封じ込めてしまえば、こちらも底無しでいくらでも封じ込めることができます。

    この災いや災難を封じ込める箱は無料でしているので、皆様のストレス軽減や未来における厄除けにお使い頂ければと思いますが、使い方さえ間違えなければ私と同じく怒りが持続しなくなり平穏になれます。

    あなたは仕舞う場所、作っていますか?

    OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

    お知らせ:ブログの更新はお休み、再開は来週になってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop