徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    夢が叶う。

    おはようございます。 素敵なお客様方にお会いできると思えば嬉しくて嬉しくて、鑑定を休むなんてありえないことですし、もっともっと多くの方々とお会いしたい、そして色々なことを学ばせて頂きたい、本当に素晴らしい方々とお会いできる今の環境は幸せです。

    私は県北出身で虐められていましたから、それも生半可な虐めではなかったので、ニュースに出る虐めをみると「それくらいは我慢していれば、きっといつかは良いことがある。」と、助言したいくらいです。

    以前、同僚らに睡眠導入剤入りのお茶を飲ませ殺害しようとした事件がありましたが、私は県北時代にH班長を始めとして多くの人々が、女性のお酒に睡眠薬を入れるのを知っていますから、目を放したらやられると言う警戒感は県北で生活する以上は普通でした。

    だから新年会や食事会で席を外した時、飲み物や食べ物に何も入れられないなんて、県南の人や東京の人はなんて礼儀正しいんだと思いましたが、素敵なお客様方曰く、「そんなの当たり前で、何か入れようと言う発想がおかしい。」とのことでした。

    今でも覚えていますが2010年の新年会にて、飲み物へ何か入れると言う警戒感の話をした時、隣に座った男性のMさんが、「山崎さん、ここにいる人たちは、絶対にそんなことしませんから。」と、普通は飲食の時に異物混入はしないとの話でした。

    今では笑い話ですが占い師初期の頃、素敵なお客様方から頂いたお菓子などを受け取る時に、県北の流儀では何かを混入させて渡すから、その疑いがかなり強かった時代があり、今はありがたく頂きますが当時は食べるのが怖くて怖くて、県北時代のトラウマとも言えます。

    例え話で言うと、私は全て見抜くから被害に遭ったことはありませんが、給食に消しゴムのカスやトイレの水を入れるとか、ファンタオレンジにおしっこを混ぜるとか、タコ焼きに兎の糞を入れるなど、これらは当たり前の話で警戒感が強くないと何を食べさせられるか分かりません。

    工場時代でも、食堂で配膳されるタクアンが月曜日は鮮やかな黄色でしたが、火→水→木→金と段々と薄くなっていき、土日のタクアンは白色です。 何故かと言えば節約の為、食べずに捨てたのを洗って配膳に付けていたので、色が徐々に薄くなっていたのです。

    他にも使ったつまようじは先を整えて元へ戻す、割り箸は割らない状態の割り箸を二本使って食べて、それもキレイに舐めてから元へ戻す、こういういたずらが行われていたので、私はつまようじも箸も、よく見て使う癖がついています。

    そんな環境でしたから、私は中学2年の時に首つり自殺を考えました。 余りにも県北での虐めがきつかったから辛くて辛くて、2階の窓から投げ落とされたり、毎日毎日、教室へ入ると罵詈雑言、もしくは殴る蹴る、それを教師も見て見ぬふり、あれを耐えられたから今があります。

    虐められて良かったこともありますが、それは県南や東京で人の温かさを知る、見て見ぬふりをしない~卑怯なことはしないなどを学べたこと、女子職員人質事件の時に見て見ぬふりをしていた男たちとは違い、ちゃんと動けたのも虐められたおかげです。

    ただし、経済(富)なら一人だけ独占せずに広く分配すべきも正解ですが、運は勝手に増減できないから一人勝ちが多々あり、地球全体で運の総量は決まっていますが、個人の運の総量は決まっていないのが怖いところ、運は1人に集中することが多々あるのです。

    例えば、人に食事を奢った時に御礼を言われないと何となくムッとしたり、お礼くらい言えよと思うかもしれませんが、そんなことは気にしなくて大丈夫です。 その人が言わなくても神様が見ているから運の貯金は出来ている、そんな人を相手に怒る必要すらありません。

    そんなことより自分の人生を楽しく、そして自分の夢を叶える方が先ですが、夢の叶わない人の質問と言うのがあり、誠に残念な人たちがいます。 その質問とは「運動のプロになれますか?」~「夢が叶いますか?」~{仕事で成功しますか?」で、これらは主語も何も無い質問で、これでは人に応援して貰えないと思います。

    もう一つ、例え話をすると、2009年頃に五反田で鑑定していた時、ある女の子が鑑定に来て、「日本武道館を満員にして、皆を幸せにしたい!」と断言、この女の子の夢は叶いましたが、こういう明確な質問をする人の夢は、誰もが共感して応援しやすいです。

    それに夢を叶いやすくしたいなら、自分のことではなく相手が笑顔になっているのを見て喜べる、相手が元気になるのを自分のことのように喜べる、そういうことが開運へ繋がっていくヒントで、自分だけ得すれば~自分だけ食べられたら、そういうのは空しさだけが残る気もします。

    人間と言うのは自惚れは簡単にできますが感謝は難しい、どれだけ立派な開発や研究でも、どれだけ凄い発見や製造でも、先人の知恵や失敗が無ければ存在できなかった、それなのに自分一人の手柄かのように言う男は、結婚相手には不合格だと気付くのが失敗しないコツです。

    それに男だったら自分が一番不利な状況でも、それでも劣勢を跳ね返して意地を見せようとする、あれがダメだ、これがダメだ、そうやってやる前から負けることを考えるよりも、今の自分にできる最善の努力をする、それが結果を出す男の生き方です。

    占い師になって痛感するのは、素晴らしい方々にお会いしていると県北時代の私の行いが恥ずかしくなる、惨めで卑屈で人としてダメな生き方をしていたのに、素敵なお客様方にお会いできることにより、私をまともな道へ導いて頂いたことには本当に感謝しています。

    あなたが夢を叶えるとは簡単でもあり難しくもある、それをどちらに思うかは自分次第、あなたの夢はあなただけのモノではなく皆の夢、そうしてしまうと夢は叶いやすくなります。

    あなたは夢が叶う、それを夢見ていますか?

    (^人^)感謝♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    付き合い。

    おはようございます。 何も無い日常は幸せそのもの、身体に不調が起これば不幸だと嘆くけれど元気な時に健康だと感謝する人は少ない、人は幸せな状態なのに不幸だと嘆く、それは神様も運命も贅沢だと判断するから余計に悪くなったりもします。

    さて、地獄や不幸とは本人が選んだのではなく本人が自然に生きる(行くべき)道で、周りから見て地獄や不幸でも本人にはパラダイスに見えている時もあり、だから選ぶ云々の話ではなく呼吸と同じ行くのが自然と言うこと、選んだではなく決まっていたが地獄や不幸の正体かもしれません。

    私も今年の4月下旬から色々なことがありまして、運命の暗示に気付いたのは4月下旬の東京出張でした。 この時に倉敷→空港→東京→ホテルと丸一日、全てのエレベーターで一度も待たずジャストタイミングで乗れた、これは確率的にあり得ないから驚きで終いには怖くなりましたが、このことがあってから絶対に悪口は言わない、良い言葉だけ言う努力を始めました。

    次に気付いたのが時間は万人に公平とは嘘で、時間とは付き合う人により価値が変わる、素晴らしい人との食事は夢のようですし、嫌がらせをしてくる人との時間は苦痛のみですから、同じ時間の筈なのに価値が全く違うので、良い人と付き合うことは時間も大切にすることになります。

    世間で隠れ蓑にされる都合の良い言葉に口は悪いけれど本当は優しいとか、酒さえ飲まなければいい人なのにと、これらはどちらも同じ内容ですが、口が悪い人に口の良い日は無いし、酒さえ飲まなければの人が酒を飲まない日は無い、結局は永久に優しくもなければ良くもないと言う結論です。

    付き合いは慎重に考えないとおかしな人との付き合いが増えますが、ネット上にはいいねの友人が多いと自慢するけれど、リアルの世界では友達も顔見知りもゼロ、そういう小さな世界の人は自分の価値感が絶対で、それが違えば毒を吐く(他人を攻撃)ことでしか自分の存在を主張できない、人間関係がうまくできない人ほど他人を攻撃します。

    昔なら日記、今ならネット、悪口を言いたくなる気持ちはよく理解できますが、その悪口で誰かを攻撃して相手を傷付けるくらいなら最初から言わない、悪口を言う人は周りに素敵な人がいない、周りに素敵な人がいれば悪口を言いません。

    飲食店でも美容室でも占い師でも人は自分に応じたところへ行くので、行ったところを貶す=自分を貶している、そんな基本的なことにすら気付かず悪口を言う人に運が味方する筈もなく、失意のどん底と言う言葉が似合う人生が待つだけ、そうなる前に気付くのが大切です。

    例えば、今の時代はグルメブログなどお店の批判ばかり蔓延の時代、私は新年会でも食事会でも行ったお店は全て美味しくて良い店、そう言い切れる根拠は一緒に行った素敵なお客様方が素晴らしいからで、「どこで食べるか?ではなく、誰と食べるか?」が全てです。

    素敵な人と素晴らしい食事の時間を味わっていると、何枚も何枚も食事の写真を撮って批評する為のレポートは無理、そんなことができるのは一人で食事をしているからで、それを悪いとは言いませんが、写真を撮ってお店の悪口を言うのが楽しい食事とは思えません。

    私は食事の時に入ったお店がマズかったり接客が悪くて不快な思いをしたら、それは「選んだ私が間抜け」と反省する方が美味しいネタになると思いますし、次は良いお店を選ぶ為の参考にもなりますから、入ったお店を悪く言う=自分が間抜けと言うこと、自分で自分の間抜けを宣伝しているのと同じです。

    評論家やグルメブロガーの評価は自尊心やプライドを満たすかどうかで決まる、持ち上げてくれたりタダにしてくれたり特別扱いをしてくれたら良いことを書く、ボロカスから一転して「あの店は凄く美味しい」と自分にメリットがあれば手の平返し、週刊文春が食べログの口コミは接待を受けたやらせと記事を掲載したのが良い例です。

    ある分岐点を超えると変化する、これは物理や化学だけではなく運命や気付きにも当てはまり、最近は悪口を言う怖さと良い言葉を発して良い人と付き合う素晴らしさを知り、それを鑑定でお話して聞く側が面白がれるなら半年以内に恋人ができます。

    会社でもサークルでも女子会でも悪口を言う人と一緒だと辛くなる、悪口を言って発散も時にはいいと言うけれど、それでもできるなら言わない方がいい、ネットに悪口を書き込む人も同じ、悪口を書き込めば書き込むほど悪口が製造→蓄積のサイクルになる、幸せとは悪口を言う人と遠ざかることです。

    良い人と繋がることで人生は楽しくなる、この単純なことを知らない人や実践できない人が多いです。 難しく考えなくても笑顔で明るくハキハキ喋り人の悪口を言わない、これだけでも人付き合いは変わる、このブログを読んでいる方々には素晴らしい可能性がある証拠です。

    今の時代ですからネットで繋がるのも悪くは無いし、今なら当たり前の方法ですが、私はネットよりも実際に会う方が楽しい、鑑定でもイベントでも対面で実際に会う方が嬉しい、食事するのも新年会や食事会など大勢で食べる方が楽しい、これは考え方の相違で正解不正解の問題ではありません。

    県北時代に人と繋がることを拒否していた、そして今だから気付くのは人と繋がる方が楽しい人生であること、単純に人と関わるのは楽しいこと、ただし、素晴らしい人でないと反面教師にしかならないから、良い人と繋がることで人生は豊かになります。

    若い時はわからないけれど40代~50代と年齢を重ねると気付くこと、それは自分のしてきたことの正誤で、いくら講釈垂れようと~いくら言い訳しようと50歳の自分の姿が全ての答えで、しかも全て自分のせい、それが身に染みるのは人生を取り戻せない時です。

    人に嫌われていることを自慢する人が多い時代ですが、今は時代の変化もあり人に嫌われるのがトレンドなのかも知れませんが、少なくとも嫌われたことを自慢するのは私には理解しがたい、SNSでブロックされる人はリアルでもブロックされます。

    肉食動物同士が出会った場合、そこで獲物の取り合いになるか、もしくは相手を獲物と認識する、ところが草食動物同士が出会った場合、仲間として共に行動する方が多い、草食動物のようになれる人は、人生が豊かで楽しいまま、私は草食動物でありたいです。

    あなたは付き合いが、狭いままでいいですか?

    (^-^*)/コンチャ!

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    自分のこと。

    おはようございます。 今日も不思議なことに生きている、それを当たり前に思うなら想像して頂きたいのが、目が覚めた時に北朝鮮がミサイル発射→それを米軍が迎撃、そんなニュースがTVに流れた時点で今までが幸せだったと気付ける筈です。

    人は今までが幸せなことに意外と気付けないモノですが、自分のこととなれば冷静ではいられない、相談に乗るのは他人事だからできるだけ、自分のこととなれば途端に大慌てになったりします。

    占い師の見極めでも冷静に考えれば同じことで、人間性が悪くて寄付など一切せず私利私欲の塊で自分さえ良ければ人のことなど関係ない、そンな人間性でも当たる占い師はいますから、占いが当たるかどうかと人間性は無関係、ようは鑑定へ行く当事者の気持ちがいいかどうかです。

    恋の悩みだって色々とありますが、恋における本当の悩みとは次がいるかどうか、恋とは次の相手がすぐに見つかるなら悩まない、次がいないから別れられない、次がいないから別れに躊躇する、それが恋の難しさの本質です。

    また、我慢する恋愛が「何故、ダメなのか?」ですが、恋愛から我慢しなければならないなら結婚したらどうなることやら、恋愛の時は幸せに感じていても結婚したなら不平不満だらけ、そういう現実を見ると好きとか愛は無意味だと気付けます。

    幸せになりたいとの御相談は多いのですが、鑑定に来ている時点で幸せなことに気付いていないのが勿体ない、目が見えて、自分で歩けて、話ができて、耳が聞こえて、そういう奇跡の積み重ねが起きてこそ鑑定に来れる、素敵なお客様方は現時点で既に幸せです。

    私は未熟者なので戸惑いを感じてしまう言葉の一つが大事な仕事で、本来なら仕事は全て大事で大事じゃない仕事は無い筈、仕事を大事かどうかで分けてしまうことが問題、優先順位はあるけれど仕事は全て大事です。

    仕事でも何でもそうですが成功より失敗の方が学べる、称賛されるより突っ込まれる方が学べる、悪口を言う人、嫌味を言う人、揚げ足を取る人、それらは全てが大切な先生、自分が嫌われることと引き換えに色々と教えてくれ、あなたが周りから好かれる後押しをしてくれます。

    人は贅沢にならない為にも、起きて目が見えた、会社へ行くのに自らの足で歩ける、会社で誰かと話ができる、お昼にご飯を食べに行って自分で箸を使える、スマホやパソコンが自由自在に使え、トイレにも自分で行ける、これらを当たり前に思う心を戒めるのが贅沢をしないことになります。

    他にも人は何でもかんでも悲劇にしたがりますが、辛いことや悲しいことがあっても、それ自体は悲劇ではなく、それを耐えて~通過して~解決したり~忘れたりと、それに耐えられない方こそ悲劇、悪口を言う人の人生が悲劇なのは恨みや妬みに捕らわれて抜け出せないからです。

    そうならない為にも周りに素敵な人をたくさん作る、それでどのような効用があるかと言えば、辛い時に薬を飲むよりも素敵な人と会う方が元気になれるで、おまけに薬と違い副作用も無い、これはネットじゃわからないことでリアルに対面することでわかることです。

    たまに捻くれた人がいて、寄付やボランティアを批判するのは個人の自由ですが、神様が人の為にお金を使う人を邪険に扱うかどうか、目の前の人を助けた上に自分の心も晴れ晴れ、そんな生き方は楽しいことはあれど苦しいことは少ない気がします。

    人は心が迷いを作り出すのですが、子どもからラブホテルのことを聞かれても、「あれはね、大人になったら、好きな人と行くところよ。」と、堂々と答える気持ちが大切です。 人間関係とは物の言い方(内容や話し方)で、感じの良い話方をする人は少なくとも嫌われません。

    誰しも自分の好きなことにケチを付けられたら大抵の人は嫌な気持ちになる、ところが自分が嫌いなことを人がしていたらケチをつける、それって矛盾していることに意外と気付かない、人にケチをつける前に自分がされたら気持ちいいかどうか、それを考えるのが人間性です。

    孤独と孤立は違うなど自己啓発本やセミナーなどでかっこよく言いますが、理屈はどうあれ人に相手にされていないのが事実、私は孤独も孤立も辛いから御免被ります。 人と触れ合う生き方の方が理想、人に必要とされない人生は哀愁が似合います。

    生き方の差をどうこう言う権利は占い師も含め、誰にも相手の生き方を強制する権利は無い、こうすれば幸せですよとは言えても、そのポリシーまで口出しは失礼、個人の生き方を尊重していれば自ずと結果はできる、孤独や孤立は自分が作り上げるモノです。

    周りを見ればわかると思いますが、人間性が良い人で余りにも仕事ができない人はいない、しかし、人間性が無茶苦茶悪くて仕事ができる人はいる、ただ、長い目で見ると人間性が良い人の方が幸せな人生を送ることになる、最後には人に囲まれた人生かどうかです。

    正論ばかりを吐いていると苦しくなる、相手の言い間違いを問い詰めるのは良いけれど、それが世界経済に影響を与えたり、生死に関わることでなければ、場の雰囲気を壊してまで問い詰める必要があるのか、人間関係は自分次第で変わる好例です。

    もう一つ例を出すと、人はそれしか知らなければ選ばない、しかし、もう一つの何かが出て来ると比較してしまう、その比較により今まで良いと思っていた筈が本当は良くないと気付いてしまえば、元へは戻れなくなるのが人間心理の怖いところです。

    人間の心理とは、自分が正しい⇔相手も自分が正しい、こうなると喧嘩になる、そうなる前に相手にしない、嫌なのに相手にするから余計に嫌になる、話しても無駄なのに努力しないこと、そうすればあなたは好い人と出会える運命です。

    私は占い師として才能がある訳でもないし、人として優れたところも一つも無い、ただ、一生懸命にやっていれば運命が視ていてくれる、神様が助けてくれる、努力とは神様への熱意であり、何もしなければ何も起こらない、運命は見ていてくれると信じているだけです。

    神様が見ていてくれるからこそ、私は占い師としての実力はゼロでもやっていける、病気になった、飛行機が飛ばない、あれやこれやと言い訳せず、予約時間に必ず事務所にいることができるのも、神様が占い師を続けろと言ってくれているからです。

    あなたは自分のこと、冷静に見ていますか?

    <(_ _*)> アリガトォ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop