徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    許す。

    おはようございます。 今日も素晴らしい青空が広がりましたが、それも素敵なお客様がいるからこそ素敵な青空に見えます。 私は素敵なお客様がいなければ存在価値など何一つない、それを思う度に感謝しかありません。

    私は県北でいじめられてきたからこそ人情のありがたみが分かりますが、人が親切にしてくれると言う以前に普通に扱ってくれることに感謝です。

    おはようございますと言ったらおはようございますと返してくれる、こんなことがある度に県南へ出てきて良かったと思いますし、人が普通に話してくれるなんて奇跡だと感じております。

    その御恩に報いる為にも、余計なことに惑わされずに今後も精進して参ります。

    さて、昔の私は許すことができずに人を批判したり貶したり、更には絶縁を繰り返してきたのが大きな間違いです。 相手には相手の言い分がある、それを考えたら相手の言い分を聞けない心の狭さが私の不徳の致すところ、もっと相手の言い分も聞いた上で判断ができたらなぁと恥ずかしくなります。

    今から思うと許すは本当に大切で、理由はどうあれ許すことは美徳だと思います。

    しかし、許すことができる人でも必ず一人や二人は許せない人がいたりして、故意に傷つけようとする人を許すのは非常に難しいと思います。 この許すと許せないの間に入ることは難しく、許すと言う行為は理解するにも繋がります。

    他人があなたにしたことを忘れるのは無理で、筋の通らないことを普通に受け入れるのではなく、まずは怒りの感情を横に置くことを始めると心の健康を保つと同時に、バランスの取れた許しができる為の第一歩です。

    ローレンス・スターン曰く、「勇敢な人だけが許すと言う行動を取ることが出来る。 臆病者には出来ない。 本来持ち合わせていないのだ。」とあります。

    許すと言う行いは人の行いを気にしないようにするのではなく、苛立ちや不快感をそのまま右から左へ受け流してしまうことです。 苛立ちや不快感の感情はすぐに怒りへと繋がりますし、自分を傷付けた人との関係性に必ず支障をきたします。

    許すと言う行いは起こったことを水に流すことで、未来の自分を守る為でもあります。 人を許そうと努力したり考えたりはしますが、その前に自分を許すことを忘れてしまいがちです。

    完璧な人などいないし誰もが間違いをおかす、自分で達成不可能な基準を定めで、そこへ到達しようとしたら苦しむだけ、このあがきこそが挫折や不安、そして到達できない自分への怒りとなります。

    自分は普通の人間だと認めることが自分を許す第一歩となりますから、それで初めて次へ進むことができますから、何かミスをやらかしたらどうしようと繰り返し考え続けるよりも、どうやったら回避できるかとか埋め合わせできるなど解決法を見つけるです。

    見つける方法として道は二つしかなく、間違いを訂正するか、訂正できないなら二度と同じ間違いをやらかさない方法を考えることです。

    自分は完璧ではないと認められたら他人も同じと気付くこと、そして他人の失敗よりも自分の間違いを受け入れる方がずっと簡単ですし、自分に対する期待と同じく他人に大きな期待を寄せないことです。

    ロバート・スペーマン曰く、「「許すことは他人の限界や欠点を重要視したり、深刻に考えない事である。 代わりにユーモアを持って、君がそういう人間じゃないことは知っているよと明るく受け入れる事である。」とあります。

    他人に対して実際はできないことをできる筈だと期待してしまうことがありますが、人は常に期待に応えられる訳ではないと理解して下さいね。 そうすると人の失敗や間違いを許すことができはじめますが、自分に対しても同じく怒りを水に流せるように努力してみて下さい。

    他人の間違いについていくら文句を言っても何の意味もなく、その人がそうしなければならなかったのかと相手の立場からみて下さい。 それにより相手との関わりを見直して、誤解が起きた解決法を探すことにも繋がります。

    なお、以上の内容は相手の行いの全てを許せと言う訳ではありません。 他人から受けたダメージを無制限に受け入れ続けていたら心が持たないし、自分の幸福感や自己肯定感を傷付けます。

    バルダッサーレ・スティリオン曰く、「人の過ちを許し続ける事は、過ちを犯していない人への不公平である。」とあります。

    自分の心に耳を傾ければ本当はどうしたいかの答えがそこにあり、どのように行動すれば自分は満足するかの答えを得ることができますから、そうなると他人との境界線をうまく捌けるようになり自分を守ることができます。

    相手を許すは人として素晴らしいけれど、全てを許さなければならない訳でもないと学ぶ為にも、自分の怒りの元は何なのかを考えてみて下さい。

    最後に許すと言う行為は格上が格下にすることで、許すができればあなたは相手よりも格上が確定します。 会社でトラブルがあった時に、社員が社長に対して許すと言う訳がなく、大抵は社長が社員に対して許すを使います。

    今日から今年後半のスタートですが、新たな一歩が始まる日に許すをして自分の心の整理から昔の人間関係で許すをして見たら、それが新しい出会いへと繋がることになります。

    あなたは許す、できますか?

    <(_ _*)> アリガトォ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    貧乏神。

    おはようございます。 今日も素晴らしい一日ですが、それは笑顔で明るく生きている皆様方だからこそ、素敵なお客様には幸せが降り注ぐようになっているから、自分の未来を楽しく想像して現実に引き寄せて下さいませ。

    さて、今日は金運についての話ですが、金運とは会社へ勤めていると支給される金額は規定により決まっているので、変動する訳ではなく固定制と言ってもいいかもしれません。 商売をしていると今月は50万円でも翌月は1万円と言うケースもあるので、自営業は毎月が綱渡りとも言えます。

    そのせっかくの金運を台無しにしてしまうのが貧乏神ですが、この貧乏神のスタイルと言えばみすぼらしい感じで描かれていることがほとんどです。 しかし、私が見る貧乏神とは豪華絢爛に金ぴか、それが真の貧乏神です。

    お金はあっても邪魔にならないから金運は誰もが欲しいと願うもので、福の神が自分の家にいるなら喜ぶし、逆に出ていって欲しいと願うのが貧乏神だともいます。

    この福の神と貧乏神について涅槃経に逸話があるので御紹介しますが、ある家に美しい女の人が訪ねてきました。 豪華な服を着て見るからに気品のある女性で、「私は吉祥天です。 福徳を授けに来ました。」と言いました。

    幸運の女神到来ですから家の主人は大喜びで招き入れましたが、その後ろから別な女性が一緒に入ってくるので訝しげに見ると、こちらは見るからにみすぼらしい醜い女性でした。

    お前は誰だと主人が問うと「私は黒闇天。 私の行くところは必ず災厄がおきる貧乏神です。」と言いました。 家の主人は貧乏神に入ってこられては敵わないから、「お前なんか、とっとと消え失せろ。」と怒鳴り付けました。

    すると黒闇天は大声をあげて笑い始め、「あなたは馬鹿です。 さっき入って行った吉祥天は私の姉です。 私たち姉妹はいつも一緒に行動しています。 私を追い出せば姉の吉祥天だって、この家から出て行きます。」と言いました。

    そして言った通り吉祥天と黒闇天は一緒に去って 行きましたが、この涅槃経は運の良し悪しを表わしています。 福の神=吉祥天と貧乏神=黒闇天は姉妹、ようは一心同体なのです。

    つまり、お金など物欲を求めすぎると不幸のもとになるの例えで、よく報道される脱税にしても10億円の脱税が発覚したとしたら、重加算税や罰金で10億円を追徴されると思いますが、懲役もあるし社会的信用も落とすしお金だけを追い求めても良いことはありません。

    逆に一病息災と言うように病人の方が長生きする例が多いと言われ、病気は身体の注意信号ですから用心白の合図です。 今まで医者にかかったことがないと人ほど、ぽっくり逝くと言うこともあります。

    こうして考えてみると福の神の吉祥天と貧乏神の黒闇天が一心同体である、その教えも確かにそうだと理解できます。 人間が勝手に福の神とか貧乏神とえり好みをして一喜一憂する、それは人間の勝手な考え方だとも言えます。

    よく観光地などで神社巡りやお寺巡りをする時、あちこちに賽銭箱があるから一円玉をたくさん用意して行った方が良いと言う声、これは間違いではありません。

    ただし、一円玉を賽銭箱にいれて数限りなく、「家内安全、大願成就、商売繁盛、身体健全、etc…。」では神仏も大変ですから、神仏をお賽銭を入れたら御利益があると強制はよくないと思います。

    江戸時代の曹洞宗の禅僧である大愚良寛禅師、世間的には良寛さんで通っていますが「災難にあう時節には災難にあふがよく候。死ぬ時節には死ぬがよく候。是はこれ災難をのがるる妙法にて候。」と言いました。

    説明すると災難に遭ってじたばたしてはいけないし、逆にどっぷりと災難につかることだと言っています。 災難だの幸運だのと差別しないで、こだわらない心を良寛さんは教えてくれています。

    災難だとか幸運だとか自分勝手な人間たちに神仏界ではいい加減にしろと苦笑、このいい加減とは本来なら何事もほどほどにゆったりとした道が大切です。

    最後に貧乏神に取り付かれやすい人の特徴をご紹介、まずは物が捨てられない人で溜め込み癖が危険です。 服を着ないのに捨てるのはもったいない、使わないけれど貰えるものは貰っておく、この不要なものを溜め込んでしまう行為はただの執着です。

    次に支出が気になる人で損したことに文句ばかりの人、1円でも安く買いたいとかただで手に入れたいなど、細かいお金が気になってしまう人は貧乏神に好かれてしまう人です。

    お金が無い気持ちが状況を悪化させてどんどんと連鎖、こういった悪循環に陥ってしまうのですが、本人は気が付いていないから改善できないのが大きな特徴です。

    最後に身だしなみができていない人で、貧乏神は髪はボサボサで服はボロボロとみすぼらしい格好で描かれますが、同じようにみすぼらしい格好の人は貧乏神に仲間だと思われるかもしれません。

    美容院や床屋に行くのが勿体ない、いつも同じような服ばかり着ている、シミやほころびがある服を着ている、靴も穴が開いたモノを吐いているなど、汚い格好は貧乏神に好かれ安いです。

    最後に貧乏神を追い払う方法があるので、気になる方は鑑定にてお尋ね下さいませ。

    あなたは貧乏神に、好かれていませんか?

    ☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

    お知らせ:ブログの更新はお休み、再開は来週の予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    覚悟。

    おはようございます。 素敵なお客様には幸せな毎日が確実、それは過去の行いが積み重なって、今を構築するから幸せで当たり前です。 皆様がいるから日本は素晴らしい、あなたと言う人がいるこの世に生まれてきて、本当に嬉しくて楽しくて感謝です。

    さて、今回の東京では某所へ行ってきましたが、その某所は多分ですが多くの人が行ってみたいと願う場所で、ここは神様が納得したなら願いごとが叶う確率が100%に近いと言う場所です。

    「えっ? そんな場所、あるの?」と思うでしょうし、私自身も半信半疑でしたから確認するまでは言えないと思って内緒にしておりました。 その場所へ今回の東京鑑定で時間の合間をみて行ってきましたが、ここは感じる人は感じる場所と言えます。

    駅からも遠いし自然の中にあるので女性はパンツルックにスニーカーなど、必ず歩けるスタイルで行って下さいませ。 そうでないと途中で足が痛くなるとか、虫に噛まれるなどがある場所です。

    願いが叶うならどこでも行く、その覚悟があれば大丈夫だと思いますが、私は宝物を取り返したい一心で行きましたが、彼が欲しい~結婚したいと言うお願いも多いと思いますから、行ってみたい人は遠慮なく鑑定にてお尋ね下さいませ。

    私が行った感じで言うと本物かな?と言う気もしますが、効果があるかどうかは何人も行って平均値が出たら確実と言えるので、それまでは確実とまでは言いづらいです。

    そして駅から遠いのが分かっていたので行きはタクシーで麓まで行って、そこから徒歩で目的の場所まで歩きましたが、坂道と階段で暑い中を歩くのは結構きついかも?です。 帰りは徒歩でも可能ですがバスを使えば楽かと思いますから、取りあえずは辿り着くを念頭に動いて下さいませ。

    また、ここは簡単に言うと山なので山の神様と言うか自然の精霊さんと言うか、何かがいると言う感じではありますから、そこで感じる人は感じるし感じない人は感じないけれど、感じないから効果がないと言うわけでもありません。

    ここに行ったら必ず手順通りにする、ルールを守る、神様との約束を守る、これが出来たらほぼ100%に近いくらいお願いが叶うと言う感じですが、人間は油断する生き物なのでそうそううまくはコトが運びません。

    ネットで検索しても願いが叶ったと言うブログなどが出てくるのなんの、そして天罰を受けたと言うのも山のように出てくるので、中途半端なことをするならお勧めできないかなと言う気もします。

    総合的に視ると、願いが叶って天罰無し→願いが叶って天罰あり→願いが叶わず天罰ありの3つに分かれているので、どれになるかは自分の行いと神様が納得するかどうかです。

    願いが叶って天罰無し→これは文字通り願いが叶って何も無しで、願いが叶って天罰あり→これは願いは叶うけれど神様との約束を守らず、それに対しての神様からの痛い何かが起こります。 願いが叶わず天罰あり→これは一番悲惨でして、何も叶わないのに天罰だけ当たると言うことです。

    例えば、鳥居前で挨拶→参道の中央を歩かない→手水舎で清める→参拝と、これが普通の神社でもよくある参拝方法ですが、例えるならこの手順通りにしないなどで、手を洗わずにお参りするとかお賽銭を入れないなどが怒りを買う元です。

    ここは山の神なのか何なのか分かりませんが、地面から湧き上がる力みたいなものもありまして、これをどう感じるかの受け取り方は行った人だけが分かる感覚です。

    そして願うなら中途半端に望んではアウト、イケメンでお金持ちの人と会いたいなど理想を願うこと、ここは願った通りのことしか叶いませんが、相手がいる人なら名前など誰と結婚したいのかを願うことです。

    当たり前ですがお賽銭は自分の金を使うで、友達や親に借りるなんてもってのほかです。

    ここは怖い所なので軽い気持ちで願わないこと、本気の人しか願ってはいけないパワースポットで、もしも軽い気持ちで願ってぶれるなら天罰により上手くいかないか、事故や病気など必ず何かがが起こります。

    こちらの祟りは無数にありまして、怒らせたら100%に近い確率で何らかの不幸が訪れると言う話なので、怒らせたらどうなるかの予測は全くつきません。

    ただし、心配し過ぎはよくありません。 ちゃんと手順を踏んでルールを守り、願った神様との約束は守る、それを願い続ければかなりの確率で願いが叶うと言われています。

    しかし、油断して中途半端なことをする人が多く、理想の願いよりも誘惑に負ける人の方が圧倒的に多いから、願いは叶うけれど天罰に遭う人ばかりになるのかもしれません。

    鑑定にて山崎的な参拝方法もお伝えしておりますから、ここへ行ってみたい人は最初からここの話を聞いて欲しいのと、まじめにメモを取って必ず手順通りにして頂きたいです。

    ここのパワースポットは絶対厳守なのが他言無用で、ここの場所や内容や鑑定内容などあらゆることを他者へ漏らすなどした場合、如何なる不幸にあっても一切の責任は負えませんので、その覚悟がある人だけが参拝して祈願して下さいませ。 m(__)m

    最後に念の為申し上げますが、ここへ行くなら覚悟を決める、そしてルール違反や手順間違いをしたなら、どんな目に遭っても自業自得で受け入れる、その覚悟が出来たら鑑定にて遠慮なくお尋ねください。

    他言しても、手順やルールを間違えても、約束を破っても、この場所の何かは猛威を振るうと言う口コミが多いので鎮めるのは不可能です。

    あなたは覚悟、決まりましたか?

    (⌒▽⌒)アハ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop