徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    捻くれた。

    おはようございます。 願いは全てが叶う訳ではないけれど、その先にある幸せの元を探すよりも、目の前にある現実が幸せであることに気付けば、そこから先は奇跡や贅沢と言う領域で、願いが叶うとは何かがあることが幸せではなく、何も起こらないことの方が幸せです。

    本当は事故や病気などが無いだけでも幸せ、それに気付けば動けることや目が見えることなど全てが幸せと思えるようになりますが、不幸に遭った人ほど普通を幸せに思えたりするのと同じです。

    私も以前は男性鑑定をほぼしていませんでしたが、今は男性鑑定をバンバンしていて良かったと思えます。

    それと言うのも女性に尊敬される男性がどんどんと増えて行かないと、まともな大人の紳士たる男性が増えて行かないと、一体誰が女性や子どもを守るのかと思うからです。 素敵な男性が増えて行かないと女性は誰と結婚すればいいのか、大人になりたくない男や少年のままの男は次世代への責任感が無いとも言えます。

    占いをしていると、高学歴の人ほど相手を馬鹿にして失敗したら人生終了と貶しますが、今の日本では学歴=出世ではなく人生は負ける方が多いので、100回負けたら101回目に勝てば逆転できる、負けから何を学ぶかが成功へ繋がるのに、負けを活かせないプライドの高さの方が問題です。

    自分を頭が良いとか天才とかできると言い切れる男は痛い、これが人の彼や旦那なら笑い話ですが、自分の彼や旦那なら恋は盲目だから痛い目に遭いがちです。 俺だってやればできるは口だけで、批判だって本人を目の前にして言えない情けない男が大半、対面できちんと話のできる男は少数派なのが今の時代の流れです。

    匿名なら強いけれど対面ではからっきし、その理由は自分を否定されるのが怖くて相手を認めない、頭も心も固くなって相手を批判しかできない、これは若くても年配でも関係なく自分のことしか認めない、相手を否定する前に少し配慮すれば分かりあえることを、否定するしかないから単なる分からず屋の人生になります。

    アメリカ大統領のジョン・F・ケネディ曰く、「敵を許せ、しかし、彼らの名前は、決して忘れるな!」とあり、あなたを虐めた人や誹謗中傷している人は許す、その代わりに二度と関わらない、何があろうと絶対に近付かない、如何なる場合でも同情すら禁物です。

    俺は頭が良くて高学歴でイケメンで仕事ができると言う男がいたら、ニコニコと温かく聞き流すのが得策、自信はないよりある方がましと思ってあげる、20~30代は自分以外は馬鹿と言う天狗が多いのも時代の流れと思って相手にしないことです。

    人生は自分がしたことが自分へ返るので、俺が№1と思い込んでいる人も歳を重ねたら自動的に自分の実力の無さに気付く、そして愚かな自分に気付いた時には手遅れで、そのまま人生を終えるしかありません。

    悩みには考えても答がないことが大半ですから、悩んでも解決しないことは時間が経つのが薬、なるようになると思えないなら悩みを増やすだけ、余りにも自分に都合の良い答えを求めすぎると心が辛くなるから、素敵な人と美味しい食事する方が笑顔になれます。

    無いモノは無いので無い答えを探すよりも次の夢や目標に切り替える、人生は何度でもやり直せるから悲観的に考えるより明るい未来を想像する、どうしようもないことに悲観するより、何とかなることに楽観的になることが幸運の始まりです。

    本気で嫌われる男の思考は決まりきっていて、周りはつまらない奴ばっかりと馬鹿にしまくる、自分が偉くて付き合ってやっていると思い込む、気付かないうちに自分こそ愚かな世界に生息しているのに、自分のことしか見えてないから自分から変わることもできません。

    恋愛も同じで、いくら好きでも1~2年もしたら次へ目が向く、もっと良い人がいたら今までの人は忘れる、それは自分が今までとは違う位置にいる証拠、過去は取り返せないけれど、その分だけ未来を楽しめるなら過去は帳消しになる、目先の欲に捉われる人は未来の大切さが分からないのです。

    人生で苦労している人は自分で自分を悪くしているだけ、人生の苦労は誰もが同じ条件の筈で、恋愛も結婚も与えられた条件は同じ、それを悪く言い続ければどんな人でも嫌気が差すので、本当に恋愛や結婚をしたいなら自分の卑下や相手の悪口をやめることです。

    真に優しい人とは特別に家族を大切にはしない、勘違いしがちですが自分に優しくしてくれる人=優しい訳ではない、お金さえ出せばホストもキャバ嬢も詐欺師も全てを優しい人ですが、本当に優しい人とはマザーテレサのように不特定多数の人に優しくできる人のことです。

    ただ、私は人間ができていないので、相手がどんな人間であろうとも優しくできる自信は無く、暴力や借金や犯罪など人を泣かせる、そういう人に気を遣うのは無理なので人間としてはダメダメです。

    今は昔と違い働かなくても親や奥様や兄弟が面倒を見てくれる時代、いつまでも大人になる必要が無い時代ですが、今の恵まれた時代では負けた時の責任は自己責任が明確、今現在負けているのは全て自分自身に原因があります。

    世の中の大半は真面目な人ですから、思い詰めて自殺を選ぶ前に誰かが気付いて止める、引き返せるのに進んでしまうのを周りが止めるしかない、自殺する人を救いたいなら大丈夫だろうと過信せず、普通に見える人ほど気を配る必要があります。

    霊視で視ていて気付くのは周りが心配しない人ほど危険、周りが真面目で責任感があると思っている人ほど危険、仕事もせず家でゴロゴロしながらネットで誹謗中傷、こういう人は心配しなくても自殺する可能性は限りなくゼロで、逆に自分だけ得すればとしか思っていません。

    あなたは捻くれた行動、知らず知らずに取っていませんか?

    (*゚ー゚)vオハヨ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    思い通り。

    おはようございます。 素敵なお客様の未来は明るい、今朝、起きて顔を洗い歯を磨き、仕事へ行き昼食を食べて家に帰り、その生活ができることは奇跡、その素晴らしさに気付いたら幸せの本質がわかる、何も起きない毎日は楽しい、元気で健康でご飯が食べていける、それだけで幸せです。

    人は幸せになりたいと言うけれど、運命と言うか、神様と言うか、目に見えないモノは人間を幸せにしてくれている、最初から幸せなのに幸せを求める、この矛盾があるのが人ですが誰も責めたりはしません。

    ただ、気付いた人は幸せを感じ始めるし、気付かない人は幸せを探し続ける、そして最後には不平不満を言い続けて死んでいくのか、それとも幸せだったと喜んで死んでいくのか、誰も死と言う終着駅は避けられません。

    素敵なお客様がこの世に生まれてきたのは誰かを幸せにする為で、スピリチュアルに凝る人は使命使命とうるさく拘りますが、人が生まれてくる使命なんて誰かを喜ばす為でしかありません。

    TVを見過ぎたり雑誌に影響され過ぎたり、使命とは自分だけに与えられた特別なモノと考えて、その特別な何かを与えられた自分は凄い、そのように思い始めた人を増やしたのがスピリチュアルの功罪の罪の方です。

    自分だけは特別、凄いことを成し遂げる為に生まれてきた、そういう思想に傾倒させてしまったことで簡単な仕事を馬鹿にする人が増えました。 例えば、お茶汲みやコピーは誰でもできる仕事で企画会議は大変で偉い仕事、仕事に区別は無い筈なのに枠組みを勝手に作り馬鹿にしてしまうのです。

    お茶汲みやコピーを馬鹿にしていないと言う前に、馬鹿にしているからこそつまらないとか面倒と感じるだけ、私がお茶汲みを命じられたら席を離れることができて嬉しいし、美味しいお茶を入れて喜ばせることができたら嬉しいし、そう考えるから面倒どころか率先してやりたいです。

    コピー取りだって馬鹿にしていないと言う人程、面倒くさそうにだらだらとこなすだけ、私がコピー取りを命じられたら、いかに早くきれいに済ませるかを考えて、コピー中に内容を読んで覚える、そして自分のスキルアップに活かします。

    企画会議のコピーを30部と言われたら、会議にでなくても会議の内容が自然と手に入る、それを面倒なんて思う方がコピー取りを馬鹿にしています。

    人は目の前の仕事を淡々とこなしていくだけでも運命は違って来るのに、目の前の仕事を自分がするべき仕事ではないと文句を言うから、余計に運命はやりたくない仕事を持ってくるようになるだけ、どんな仕事でも喜んでこなしているからチャンスが来ます。

    ただし、間違った努力をしているのに夢や希望が叶う訳が無い、そこのところだけは勘違いして欲しくないのですが、漫画家志望なのに工場へ勤めて一生懸命機械の勉強をしても無駄、漫画家志望なら漫画を描く、いくらモノ作りを頑張っても無関係なことは努力の方向性が違います。

    努力の方向性が合ったことで目の前に来た仕事は不平不満を言わずにこなしていく、事務職で働いているなら事務の仕事は全て受け入れる、頼まれたことは素直にやればいいだけなのに、「この仕事、私がする意味を教えて下さい。」と言うのは損をしています。

    「私がする意味を~」と質問する人は、「こんな仕事、どうして、私がしなけりゃ~。」と質問形式の文句を言っているだけ、会社とは上がやれと言ったらやるがうまく回る秘訣なのに、あれこれ質問形式の文句を言って仕事を止めている、そんな社員が多い会社は業績も悪いと思います。

    人を妬み、人を恨み、そんなことをしても自分の人生は変わらない、自分が思い通りにならない時は相手も思い通りにならないのが満足、そんな生き方も否定はしませんが、相手の不幸は自分の幸せではない、相手の幸せは自分の幸せになる、この意味を不幸な人は理解できません。

    不幸な人たちは人が楽しそうにしていると頭に来る、だから悪口や嫌がらせをするしかない、そういう深謀遠慮のできない浅はかで薄っぺらな人たちは、その楽しそうにしている人が苦労せずに今を築き上げたと思うのは間違いです。 自分が苦しいからお前も苦しめなんて極悪な考え方は、猟奇殺人犯と同じレベルです。

    また、私は自分が知恵遅れと言われていたので、引き籠りの子どもの気持ちがよくわかりますが、子どもが外へ出たくなる方法を伝えても、親に覚悟が無い~親にやる気が無い~親が人のせいにする、そういう親が多いから間違いなく引き籠りは続く、そういう親のせいで子どもは益々引き籠ります。

    親が子どもを怒る時に大抵は親の思い通りにならないからで、自分の希望通りなら褒める~希望通りじゃないなら怒ると言う自己都合、自分が子どもの時に親が自分の気持ちをわかってくれないと泣いた夜を忘れて、今は自分も同じように怒るなんて最悪、子どもが引き籠るのは親の責任が大半です。

    親子から夫婦へ目を向けても、夫が朝早くから夜遅くまで忙しくしているなら、「お仕事、お疲れ様、私はあなたの代わりに仕事はできないけれど、あなたがしていることの応援はできる、そういう妻でいられることを誇りに思います、ありがとう。」と、こういう声掛けの方が男は嬉しいモノです。

    「どうして遅いの?」とか、「何で家事を手伝わないの?」とか、「休日なのに、どこへも連れていってくれないの?」など、助けようではなく奪い取ろうと言う形を変えた文句では、夫も別れたくなるかもしれません。

    精神力とは不思議なもので、10人中9人が敵でも味方が1人でもいれば救われる、100人中99人が敵でも優しい人が1人いれば慰められる、たった1人でいいから自分の救いや慰めになる人がいれば、今から人生は楽しいと思える、だから救いや慰めができる人は、人の命を助けていると思います。

    人生は思い通りにならない方が多いのに、思い通りにならないと自分で悩みを増やす人が最近は多く視えます。

    あなたは思い通り、それを求めすぎていませんか?

    ('-'*)アリガト♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお願い申し上げます。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    自分のこと。

    おはようございます。 今日も無事に倉敷事務所で鑑定しておりますが、それも全ては素敵なお客様方のおかげです。 何があろうとも予約時間には事務所にいてお迎えできる、それをするのが私の務めでもあり使命でもあり、インフルエンザで公演中止なんて歌手もいますが、自分の都合で予約を反故なんて人としてできません。

    素敵なお客様が私へ予約を入れて下さるのは私との約束、商法上では契約になるので守らないなど不履行は厳禁、予約を受けた以上は何があろうとも事務所にいる、それができないなら占い師なんてする資格がありません。

    占いに限らず生きているのは誰もが同じ、食べて飲んで体を動かし生命を維持とやることは同じ、それをやめたら死んでしまうので人は生きて行かなければなりませんが、その生きて行く方法において差が出ます。

    人は生きていると自分の都合だけで生きようとするもので、車を運転していても自分が車を停めて用事をしているなら駐車も平気なのに、自分が急いでいるなら駐車している車を見て邪魔に思う、これは自分の立ち場により都合が変わる典型です。

    人はいつ如何なる場合でも自分の都合でしかものを考えない、それを頭に入れておくとイライラが少しは減ります。

    仮にバーゲンで自分が欲しい物を誰かが先に買うと、それは私が買おうと思ったのにと思うけれど、他の人もそれが欲しいから買ったのに、自分が手に入れられないならどうしてと思うだけ、自分が手に入れた時は他の人が自分に対して同じことを思います。

    山岳救助でも同じ、山で遭難して助けて欲しいとは登った人の勝手な理屈、誰も登れと命令していないし、良い歳した大人が自力で下山できないのは計画が無謀とか自分を過信しすぎなど、何らかの要因があったからで自己責任なのに、人のせいにする遭難者が多いです。

    ある遭難者の救助で息子を助けられなかったと山岳救助隊を訴えた親がいて、当然ですが裁判では無罪判決が出ましたが、これにより同じ条件の時には助けに行かないルールができたので、今までなら助かったかもしれない命も助からなくなる前例ができました。

    これは訴えた親が全面的に悪い、第一遭難する様な息子を育てたのは誰なのか、次に助けてくれる山岳救助隊へお金も払わず文句を言ったこと、税金は国民のモノで個人のモノではないのに、登山しない人の税金まで使っている現実を考えない自己中、本当に人は自分のことしか考えられないのが普通です。

    私は占い師になってから少しずつ考え方が広がってきてはいますが、それでも未熟者なのは直らないから毎日が勉強であり修行であり、それを続けていくことで自分の都合ばかり考えない人間になれるのかなと反省します。

    年末年始はお守りプレゼントや新年会で忙しくしておりましたが、それ以外でも今までとは違う経験ができたので良かったことがあります。

    それは自分の至らなさを反省できた経験で、人は自分の都合でしか考えないと改めて気付かされました。 それは何かと言えば、人は自分の正義に従って動くだけで人のことより自分の思い、それが通れば満足することを感じました。

    例えば、TVで子どもが行方不明になると大騒ぎしますが、老人がいなくなった場合は騒ぎません。 行方不明は日本中で起きているのに、TVで報道された事件だけが可哀想と大合唱、それに協力しない奴は許せないと叩きまくる、それも相手の都合は一切考えずにです。

    警察だって一生懸命に捜索していますが、それだけが事件ではないから他にも事件や捜索はあります。 私だって行方不明の捜索依頼は山のようにあり、倉敷でも東京でも今は予約をお待ち頂いている状態なのに、TVの事件だけ特別扱いしてどうして予約を受けないんだ→冷たい奴だ→酷い奴だと喧喧囂囂です。

    予約を待っている方々は全ての悩みが同じ重さ、誰々のは大変ではないと他人が決めていい訳がありません。 行方不明の捜索の依頼は年末年始もあり、今か今かと居場所を見つけて欲しいと予約の順番を待っている方が大勢います。

    それらを後回しにしてTVで報道した事件だけ優先しろと騒ぐ人たちは、他のお待ちになっているご家族の思いはどうなってもいい、そう断言していることになります。 こういう人たちの考えは皆同じで、どこかで遺○が発見されたら、Aちゃんじゃなければいいのにとか、Bちゃんじゃなくて良かったなどと酷いことを言って平気です。

    AちゃんでなかろうとBちゃんでなかろうと一人の遺○が見つかった事実は重い、もしかしてCちゃんと言う家族が心痛な状態で待っている子かもしれないのに、Aちゃんじゃなくて良かったとは何て言い草なのかと思います。

    私は行方不明などの時にブログやTwitterで居場所を発信していますが、それはあくまでも善意でやることで、義務でも何でもありません。

    それにツイートを信用するもしないも自由ですし、視えたことを警察に言う義務もありません。 そもそも言った所で相手にされる訳が無く、倉敷の誘拐事件にて素敵なお客様方が警察へ情報提供しても、全く相手にされなかったことを御存じの方も多いと思います。

    誰かの為に動いたことが無い人ほど警察に言えと言うだけで何もしない、私は過去に何度もしてきているからこそわかりますが、本当に困っていて~本当に居場所を知りたいなら相談に来る、私のことを知っていて来ないのは、当事者が信じてないか~もしくは本気じゃないからです。

    また、素敵なお客様方は気付いていたと思いますが、12月11日22:03のツイートにて、「見つかった時の親御さんの反応を視ると、確実なことにならない限り、答えたくないから沈黙しています」と、最初から答え(見つかった時の結果)を出しています。

    発見された時のニュースを見れば一目瞭然、どこが外れているのか聞きたいくらいですが、それにも拘わらず予約を受けないのは冷たいとかインチキなど酷い言葉を投げかけて、しつこくしつこく絡んでくる人たちの多さは、すなわちTVに洗脳される人が多い証拠です。

    自動車事故の現場で生きている人と亡くなっている人のどちらを先に救出するか、山岳救助の現場で生きている人と亡くなっている人のどちらを先に救出するか、その判断が冷静にできない人は誰も救えない、冷たいと思われても生きている人を先に救出(優先)が正解です。

    あなたは自分のことだけ、どう思いますか?

    <(_ _*)> アリガトォ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお願い申し上げます。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop