徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    伝染。

    おはようございます。 素敵なあなたには今日も素敵な一日の始まりであり、きっと良いこと満載で幸せになれる日々になります。 悪いことは考えずに良いことを考える、これは基本中の基本ですが、素敵なあなたには今日もきっと良いことがあります。

    さて、世の中には不思議なことがあるのですが、それは霊がどぅのこぅのと言うよりも人間がする行動の方が、遥かに色々なことに影響があると言う点です。

    占いが好きか嫌いかは別として「運は伝染する」と言うのは、言葉で説明できなくてもなんとなく想像がついていると思います。 日本でも「ゲンが悪い。」などの言葉で表されるように、決まった道順や決まった行動などでゲンを担ぐのも運の良し悪しを認めているからこそです。

    これは不思議なのですが、運の悪い人は運の悪い人と仲良くなったり、一緒に行動したりと引き寄せあいます。 同じように運の良い人は運の良い人と一緒にいたり仲良くなったりと、似たようなことが起きたり同じような人同士が引き寄せあったりと、説明はできないけれど「なんとなく理解できてしまう」 それが運命の不思議でもあり~怖いところでもあります。

    それ故に取ってしまう行動が「仲が良いからこそ、見捨てるわけにはいかない。」 これは道徳的にも人情的にも良いことなので、出来れば助けてあげて欲しいと思います。 しかし、残念ながら助けてはいけない人と言うのが、意外と多く存在します。

    まずは「恩を仇で返す人」なのですが、これはいくら親身になろうとも~いくら手助けしようとも、ありがとうとか助かったなどの気持ちが理解できないと言うより、人生~考え方~生き方~その他の全てにおいて、最初から考えようとも理解しようともしない人のことです。

    信じられないかもしれませんが、自分が助けてもらうのはいいけれど~相手を助けるのは嫌と言う人が結構いるのです。 一番わかりやすいのは会社組織の中で、上司や社長と言われる人の行動によく現れています。

    例えば、部下の手柄を横取りする上司や~会社の利益優先で給料を上げない社長、このような話しを聞くたびに切なくて悲しい気持ちになってしまうのです。 部下や社員の努力は認めずに~失敗したことはうるさく言う、これが典型的な行動パターンです。

    次に「助けることで、さらに傷口が広がる人」なのですが、困っている人をすぐに助けるのが当たり前と言うのは余り正しい行いではありません。 助けることによってさらに困った状態になるのなら、一度落ちるところまで落ちてから這い上がるのを助けると言うようにしなければ、取り返しがつかないことになってしまうのです。

    例えば、会社が上手く行かずに借金の申し込みがあったなら、一度倒産させてゼロからのスタートなら応援や手助けは好きなだけしてもOKです。 しかし、倒産させたくないとか家や会社は守りたいなど、もはや死に体なのに悪あがきをするのは借金を大きくしてしまい、迷惑をかける人や泣かせる人を増やすだけです。

    さっさと会社を整理して一から出直せば傷の治りも早いのに、蛇口を開けたままタンクに水を補給するようなことをしていたら、いつまで経ってもタンクに水が満タンにはならないのです。

    実は「恩を仇で返す人」を助けた場合は、いつのまにか運が良くなっていることが多いのですが、これは運命があなたに味方して恩返しをしてくれるからです。 しかし、「助けることで、さらに傷口が広がる人」を助けた場合、しっぺ返しやお釣りが助けた人に来るので止めといた方がいいのです。

    簡単に説明すると、12月に倒産させれば負債が100万円で済むはずだったのに、お金を貸して急場をしのぐ手助けをして倒産を翌年の12月まで延期させたとしたら、負債は1000万円にまで膨らんでいます。 そうなると単純計算でも迷惑をかける人の数が10倍に増えるので、結果として手助けした人の運も連帯責任のごとく悪くなるのです。

    助けなければ迷惑をこうむる人が1人だったのに、助けたばかりに被害者が10人になった。 こう言う時は助けた人が、運命上で9人分の責任を追うことだってあるのです。

    運の悪い人には悪いなりの理由があり、それに自分で気付くとか~理解するなどのことが出来ないのなら、近づいてはいけないのです。 逆を言うなら、勢いのある人や運の良い人にはドンドン近づいて、幸運のお裾分けをいただくのが理想です。

    私もN市のIさんや寄付の神様にお会いした後は、その時の状況にもよりますが3~7日くらいは何をしてもラッキーです。 (何より最近の私がどうなっているか、これこそが運の悪い人と離れて運の良い人といることの証明です。)

    素敵なあなたには素敵な未来があるのに、何も危険な方へ自分から近寄らなくてもイイと思うのです。 もともと運が良いのに、助けてはいけない人に運を分け与えるのは美徳でもなんでもなく、さらに不幸な人を出すだけかもしれないのを考えなければいけないのです。

    あなたの明日は明るいし、もっともっと良いことが起こるようになっています。 ならば、その運命を素直に受け入れるのも大切なことです。

    あなたは自分のするべきことを、間違っていませんか?

    アリガトッ ヾ(≧∇≦)〃
    関連記事

    PageTop