徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    60万カウンター記念。

    おはようございます。 素敵なお客様のおかげで、このHPもどうにか60万カウンターを超えました。 今後も惑うこと無き精進と努力を胸に、更に突き進んで行きたいと思います。 いつも御愛顧と御支援を頂き、本当にありがとうございます。

    さて、60万カウンターの感謝イベントは何をしようかと思いましたが、何かをプレゼントするよりも素敵なお客様の「お願い事が叶うこと」が、良いのではないかと思いました。

    その前に少し昔話ですが、県北で私を2階の窓から投げ落としたK君は、某神主の跡取り息子で今は県北で神主をしています。 (注:K君は先生の車を天地逆にしたり、万引きや放火などイタズラ好きです。)

    また、同級生のTさんはお寺の娘で、障害者をいじめて殴る蹴るは日常茶飯事、父親は経歴と見かけ重視の僧侶で、「大卒が一番偉い、それ以外は死ね」と説法したほどで、その説法をした後にTさんは受験失敗で家を追い出されました。

    こんな神主や僧侶ばかりじゃないとは思いますが、私自身も先祖が僧侶なので人のことは言えませんが、山崎家は元々兵庫県の○○市にある□□寺の直系で、祖父が僧侶になるのを嫌がり神戸に出て祖母と出会い結婚、そして戦争が始まり祖母の実家がある県北へ疎開、その流れにより県北で父が生まれ育ち~私も県北と言うのが流れです。

    つまり、祖父が僧侶として後を継いでいたら父も当然僧侶になっていたし、私も今頃は僧侶だったかもしれません。 それ以前に岡山県へ来ることも無く、兵庫県○○市の□□寺で人生を終えています。

    今はお寺とは無関係だから無宗教で「○○だから△△」などの拘りも無く、宗教間の対立などお構い無しで神社&寺院はどこへでも自由に行きます。 ここまでの話がどうしてイベントへ繋がるかと言えば、60万カウンター記念は「護摩(祈願)」をプレゼントです。

    この「護摩」とは不動明王を御本尊として、護摩木と言う特別な薪を焚いて不動明王に祈る秘法で、護摩の火は不動明王の智慧を象徴して薪は煩悩を表わしています。 TVなどで見たことがあるかもしれませんが、四角い護摩木を井の形に組み上げて大勢の僧侶が燃え盛る火の前で御経を唱えて祈願します。

    護摩をするに当たって僧侶は数多くの苦行を経験する必要があったのですが、今の時代は縁故などで修業せずとも簡単に僧侶や神主に成れるから、能力はゼロと言う神主と僧侶が半分以上です。

    ところが東京では何ヶ所か護摩をしているので話のネタに参加すると、本当に修行している僧侶が多く驚きました。 僧侶や神主と言っても県北レベルではなく、「これは本当に凄いなぁ」と感心するお寺や神社が多いです。

    その護摩へ東京出張の度に参加したから今年は既に28回参加しましたが、持ち物の浄化も無料でしてくれるので、女性はバッグ~男性は財布を浄化してもらうことが多く、私も財布を護摩の火で浄化してもらいました。

    元々のきっかけは食事に行く途中に発見して冷やかしで参加したところ、護摩に出てきた僧侶8人が本物で驚きました。 護摩焚きには6~11人まで色々なバージョンがあり、やはり11人のフルバージョンの時が一番の迫力です。 (1・15・28日の縁日がフルバージョンで、やはりこれが迫力では一番です。)

    この護摩は「心臓の弱い人や血圧の高い人は参加不可」と医師が言うほどで、和太鼓などの迫力は物凄く床や壁に振動がビンビン伝わるし、座っているだけなのに身体へも相当な圧力が来て、最前列は和太鼓+お経+護摩の火で発汗や目眩が起きる人もいます。

    では、応募方法ですが「氏名+生まれ年(昭和57年など)+祈願内容(恋愛成就など)」を記入の上で、倉敷事務所までお送りくださいね。 60万カウンターだから60名様と言うセコイことではなく、〆切と応募内容を守ってくださる方は人数制限無しで受付します。

    〆切は「7月14日(土)消印有効」で、過去に一度でも霊視カウンセリングを受けたことがある方は、遠慮せずに応募して頂ければ少しでも恩返しになればと思います。

    この祈願内容と言うのは護摩木へ直接書く為、書き損じが許されないので内容に不備があれば無効となります。 護摩は実年齢とは違う年齢で祈願するので、生まれ年を早見表に当てはめて算出した年齢を書くので、護摩木の書き方は少しばかりややこしいです。

    今まで支えて頂いた全ての方へ恩返しをしたいので、家系における宗派などが気になる人は仕方がありませんが、そうでないなら遠慮せずに御応募して頂ければと思います。 そして過去に来たことがある素敵なお客様が対象なので、最後に来た時期を大まかで良いのでお書き添えくださいね。

    最後にお手伝いの募集で、余りにもたくさんの応募があると護摩木を提出するのが間に合わないので、応募総数によってお手伝い(1~2名)を募集する場合がありますので、手伝ってもいいと思われる方は応募される時に、「お手伝いOK」とお書き添えくださいね。 (注:お手伝いが必要なく、私だけでやれそうな時は連絡無しとなります。)

    護摩は写真撮影不可なのでどこまで撮れるか分かりませんが、護摩祈願に関することを撮れるだけ撮ろうと思います。

    あなたは60万カウンター記念で、何をお願いしますか?

    ヾ(´▽`*)ゝあーい♪
    関連記事

    PageTop