徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    崖の上のポニョ。

    「崖の上のポニョ」は2008年7月19日に東宝配給により公開された、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画です。 宮崎駿監督による作品としては、2004年「ハウルの動く城」に続く4年ぶりの作品で、原作~脚本~監督の3つ全てを担当するのは2001年の「千と千尋の神隠し」以来7年ぶりとなります。

    この崖の上のポニョは、海沿いの街を舞台に人間になりたいと願う魚の子「ポニョ」と5歳になる男の子「宗介」による物語です。

    実は原作と言うか元のベースとなるお話はハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話「人魚姫」を、参考と言うかモチーフとした作品と言われています。 しかし、宮崎監督は「人魚姫」をそっくりそのまま使うような真似をしているわけではなく、宮崎監督としてはキリスト教な祖宗教色を払拭したうえで、舞台を現代の日本に移したり大幅な変更をしているので内容は別物です。

    ただし、ヴェネツィア国際映画祭での記者会見で宮崎監督本人のコメントとして、「製作中に人魚姫の話に似ていると気付いたけれど、元来意図的にベースとしたわけではない。」と言う発言が出ています。

    なお、同記者会見において宮崎監督は「ポニョ発想のルーツ」を記者より質問された時に「9歳の頃に初めて読んだ文字の本がアンデルセン人魚姫であり、そこに出ていた『人間には魂があるが、人魚は物であり魂を持たない』と言う記述を読んで、その価値観に納得が行かなかったことが遡ればポニョの起点なのかもしれない。」と答えています。

    ポニョのストーリーは起承転結が明確になっていない為、わかりにくいとか意図不明などの意見が出ています。 

    そのことに対して宮崎監督は「ルールが何にも分からなくても分かる映画を作ろうと思った」~「順番通り描いてくと、とても収まらないから思い切ってすっ飛ばした」~「出会って事件が起きて小山があって、最後に大山があってハッピーエンドというパターンをずっとやっていると腐ってくる、こういうものは捨てなきゃいけない」とコメントしています。

    ちなみに「崖の上のポニョ」のキャッチコピーは、「生まれてきてよかった。」「子どもの頃の約束は、永遠に忘れない。」「半径3m以内に 大切なものはぜんぶある。」などですが、これも見ている人からすると分かりにくいかもしれません。

    さて、宮崎監督がどうしてポニョを製作するようになったのかと言う経緯についてですが、これは「ハウルの動く城」が完成した後に、宮崎監督が構想を練っていたシナリオのひとつを2006年10月より制作を始めました。

    元々は今まで通りの表現手法で作る予定でしたが、制作前にイギリスのテート・ブリテンで鑑賞したジョン・エヴァレット・ミレーの絵画「オフィーリア」に感銘を受けて、居尼までの制作方法や表現方法を見直すことにしました。 それによりポニョは「もののけ姫やハウル」よりも、「トトロやパンダコパンダ」に近い仕上がりとなっています。

    宮崎監督は「紙に描いて動かすのがアニメーションの根源なので、そこに戻ろうと思う。もう一遍、自分たちでオールを漕いで風に帆を上げて海を渡る。とにかく鉛筆で描く!」と言う強い決意を固めて、コンピューター(CG)を一切使わず手書きによって作画されることになりました。 (注:ただし作画以降の彩色や撮影はデジタルです。)

    作画にコンテを使うなどして絵のタッチは子供が書いたような素朴な感じになり、これまでのジブリとは違う新しい試みになっています。 中でも特に、海や波のシーンの描写に力を入れて描いてあります。

    海を舞台にした作品は宮崎監督が以前から描きたいと思っていたのですが、「波を描くのが大変」という理由でスタジオジブリは手を出さなかったのです。 ところが、2004年11月にスタジオジブリの社員旅行で訪れた瀬戸内海の港町である、広島県福山市鞆の浦を宮崎監督は非常に気に入りました。

    それによりポニョの原案を持っていた宮崎監督は準備の為に2005年の春から、鞆の浦の海に隣した崖の上の一軒家に2ヶ月間滞在しました。 更に2006年夏からも単身でこもり構想などを練り上げました。 この当時、宮崎監督は一切の連絡を絶ち自分を追い込んで鬼気迫る状態だったので、奥様より「生きてる証拠として、毎日絵手紙を出すこと。」と言う条件が付くほどでした。

    その時のエピソードですが、宮崎監督が鞆の浦の町の中を歩いていると、ある店先にランチュウがいて、そのランチュウを見た時に「これだ!」と閃いたのです。 最初のストーリーとしては人魚姫のような感じで余り代わり映えしない感じだったのですが、ランチュウを見た瞬間に「ポニョ」を思いついたのです。 大人の恋ではなく子供の恋、それを如何に仕上げていくかが繋がった瞬間です。

    ポニョの舞台となる鞆の浦ですが、宮崎監督が社員旅行の時に泊まった8階のお部屋からは右手に仙酔島が見えて~真正面には海が広がり、その先には福山の工業地帯の灯りが見えます。 自然もあり、ポニョが波の上を走るシーンなんかはそのまんまなので、一度見に行かれても良いかもしれません。 (ポニョ効果か、たまに芸能人も訪れるようです。)

    ただし、早く見に行かないとポニョの海はもうすぐ消えていきます。 何故?鞆の浦がポニョのいる場所として売り出さないかと言う最大の理由は、肝心の舞台となった海を埋め立てて道路を作るので観光地となって知名度が上がるのは困るのです。

    反対運動もあるようですが今の流れではポニョの海は消えさるので、映画のシーンを見たいのなら今のうちにGOです。 ただし、道路を作る必要があるかどうかは、現地に行った人がすぐに判断できると思います。

    あなたはポニョが走る姿を、波の間に見たことがありますか?

    (○゜ε^○)ウフッ
    関連記事

    PageTop