徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    再婚。

    お付き合いの段階でも結婚の段階でも、一度別れを経験すると次の恋へ進めない時があると思います。 しかし、恋愛での別れでもダメージがあるのですが、結婚している人が別れる時には更なる苦難があるのです。 離婚は結婚の3倍のエネルギーがいると言われていますが、再婚に向かう為のステップをいくつか書いてみたいと思います。

    離婚経験により結婚はもう懲り懲りという人もいますが、やはり離婚から時間が経てば再婚願望が強くなってきます。 ただし、自分の願望を募り~相手のペースや気持ちを考えずに再婚したいとなれば、それは同じことの繰り返しになってしまいます。 同じことを繰り返さない為に、どこまでが夢で~どこまでが現実かを考えていかないと駄目になるのです。 (その為のヒントを、いくつか取り上げてみたいと思います。)

    まず一番目に、離婚を人生の失敗と捉えないようにすることです。 離婚はひとつの経験であり、失敗では無いと考えてほしいのです。 過去の結婚で嫌なことがあっても、それはその時の結婚生活であり、これからの結婚とは違うと前向きに考えて欲しいのです。

    二番目に、未来の自分に期待することです。 自分が幸せな姿を想像できないのに、幸せが迎えに来てくれるなんてありません。 次々と夢を思い浮かべて、快適な生活を思い描くのが大事です。 三番目は具体的な人が現れたら、自分はどうすればいいのかを考えることです。 目の前に相手が現れて人生を語るようになれば、急速に現実と向き合わなければなりません。

    そして四番目にあなたの夢の伝え方が重要なのですが、以前の結婚で色々な負担があなたにあった場合は見極めも重要です。 これは過去の結婚の経験を活かして、「こんな夫婦でいたい」とか「こういう生活がしたい」と相手にキチンと話せるかどうかです。 あなたの希望を受け入れてくれようとする相手であれば、それはいい関係を築ける可能性大です。

    最後に五番目として、自分と同じように相手の夢も受け入れることです。 自分の夢は自分のことですが、相手の夢は相手のことなのです。 相手も再婚である場合は夢よりも現実と言うことも多く、「今度こそ!」の気持ちが大きくなってきます。 細かいこともないがしろにせず、しっかりと話し合う必要があります。

    誰であろうとも夢と現実のバランスがキチンと保たれていれば、幸せな再婚をすることが可能になるのです。 同じ再婚するのならば夢を持たないと、経済的な現実ばかりでは余裕もないし面白くもない、そんな再婚生活になってしまいます。 シングルマザーは、その点をやりすぎてしまい再婚を失敗することがあるようです。

    以上の5点を自分に当てはめて考えることができたら、次は自分と相手の状況整理をしないといけません。 初婚でも再婚でも結婚によって負担を背負う可能性は男性の方が高いのですが、男性は細かく考えないところがあります。 個人差はあっても細かいことを考えずに結婚して、子供や親との関係に疲れ果ててしまうケースがあります

    男女ともにバツイチでお互いに子供のがいる場合は、注意深く考えないとアトで慌てることにもなります。 慰謝料や養育費があるのに、新しい家庭でも生活費や養育費があることを、しっかりと計算した上で再婚しないとやっていけない場合があります。

    再婚生活がスタートしてから「やっぱり無理だ!」なんてわけにもいかないので、自分と相手の状況を良く考えて冷静な判断をしないといけないのです。 再婚前から相手を疑うのはよくありませんが、話だけでなく自分の目でしっかりと確認と言うのも大事なことです。

    また、相手の仕事の状態や収入に加えて結婚後にそれらをどうするのかなどは、話しにくくてもちゃんとしておかないと後でお互いが気まずい思いをしかねないのです。

    再婚と言うのは交際が順調でも一筋縄ではいかないもので、相手の心積もりの確認はいくらしてもしすぎはありません。 相手の都合を自分の都合に~自分の都合を相手の都合にと言う、お互いがお互いを考えない状況がアトで出てくることもあります。 再婚を決めたアトで出てくる問題には、妥協~歩み寄りと言う言葉にも限界があります。

    霊視で視た時に再婚をお勧めできないと、やんわりお答えする場合には隠れた事情を視ている時がほとんどです。 再婚前に考えることはとても重要なのですが、いま目の前にいる相手のことだけ考えていたら良い再婚は出来ません。 相手の借金や養育や生活レベルなどは考えすぎではなく、これは再婚前に知る必要がある最低事項なのです。

    再婚を考えているのならば相手の男性が「どこまでしっかり考えているのか?」を、よく検討して確かめないと理想に溺れてしまいます。 キチンとお互いのことを知り、それを確かめ合うことは恥ずかしいことでも何でもありません。 それらの事情を聞くと逃げられて再婚できないと言うかもしれませんが、それで逃げる男性では愛情が無かったと言うことにもなります。

    今だけを適当にお茶を濁して乗り越えても、先々の生活において不安を抱いたまま過ごすことになります。 今は昔と違い再婚でも幸せになる人は大勢いますし、これからの人生の新たな幕開けになります。 素敵な人生を過ごして~共に歩んでいく為にも、「あんな人だとは思わなかった」などと言わないように準備しておく必要があります。

    あなたは新たな人生の幕開けを、どのように考えていますか?

    (хх。)アレレ…?
    関連記事

    PageTop