徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    数値と感覚。

    可能性は誰でも持っているから不安に思わなくても大丈夫、開花させるかどうかの差はあるけれど、きっとあなたは大輪の花を開かせることができます。 その花が開いた時に「自分の為」ではなく「誰かの為」に開花させていたなら喜びの種が次々と発芽を始めて、いつの間にか多くの花に囲まれる人生になっていると思います。

    想いが留まることなく光が一筋の道を射している中を前に進んでいくことができたなら、ためらわずに色々な出会いを受け入れる幸せな日々になるはずだと思うのです。 その為に一番重要なことは自分がしていることがキチンと説明できるかどうかなのですが、自分がしていることをキチンと説明できないようでは周りの人も応援できないと思います。

    分かりやすく言うと、「自分の名前は○○で~自分の職業は○○で~自分の将来の夢は○○です。」と言うくらいの説明は、目の前にいる人が誰であってもできないと、相手に自分の思いなどの意思が伝わらないのです。

    あなたが何かをしたいと思った時に「それは無理だ!」と言われたなら、それはその人の頭の中にある現実であり、あなたの頭の中にある現実とは違うのだから悲観することはありません。

    夢は夢のままではなく~夢は可能性の塊だからこそ可能性と言う扉を開けたなら、そこに広がる風景はあなたが待ち望んだものなのかもしれないのです。

    誰でもが感じるのですが、いつだってチャンスが巡ってきたなら力が入るものです。 それが良い意味での緊張となって実力を発揮できるのか、それとも萎縮してしまうような緊張で力を出し切れないまま、努力が陽の目を見ない道を行くのかは個人の思いの強さに比例すると思うのです。

    コレだけやってもできないんだから、叶わなくても仕方がない。
    コレだけやっても足りないのであれば、まだやることが残っているはずだ。
    コレだけやっても叶わないのであれば、考え方を変えれば違う道もあるはずだ。

    人の考え方はそれぞれなので色々な思いが頭の中を駆け巡るでしょうが、夢を叶えたいのか~叶わなくても努力したことに満足するのか、どちらが心にあるのかが夢に到達できるかどうかの差なのかもしれません。

    過去の思い出は時に足枷や手枷となって成長を妨げることがあるのですが、それは自分の変化を見失うからなんです。

    「初心忘れるべからず」とは良い言葉ですが、それはあくまで最初はどんな気持ちで始めたのかと言う部分が大切なんです。 初心に返ると言うのは自分の気持ちの為にはいいのですが、技術や知識など身につけたモノまで初心に帰っては成長の意味がないのです。

    初心を忘れずにと言うのは「熱い気持ち」を忘れないようにするだけで、初心に返ると言うのも「冷静に見直す」と言うブレーキの意味の方が重要なのです。 あくまで精神力の方で初心をキープしつつ、知識や技術や経験などは成長した自分を発揮できるようになるのがベストです。

    それでも、もしも進むべき夢がわからなくなったなら、数値目標と感覚目標の二つを準備すればクリアできます。

    このうち数値目標と言うのは簡単に設定できるのですが、日時で言うと何年何月にはお店を出したいとか~売り上げをいくらにしたいと言う、数値が結果に直接現れるものを言います。 コレは単純明快に結果が出るのでごまかしが効かない代わりに、達成できたかどうかが分かりやすく満足感も多いです。

    しかし、数値目標だけだと結果が出ない時にイライラしてくるかもしれないし、いつまで経っても達成できないと言うような焦燥感やあきらめが出てくるかもしれません。 ここで感覚目標と言うのが必要になってくるのですが、それは目には見えないけれど心にやる気を与えてくれるようなモノです。

    例えば、私は自分の著書を素敵なお客様が読むことで、「心に勇気や元気が出ているかもしれない」と想像するだけで努力する元気や勇気がものすごく湧いてきます。 誰かの笑顔の為に自分が役に立っているかも知れないと言うのは、極上の喜びとなって心に刺激を与えると思うのです。

    更に空想や想像を広げていけば、私の本を持っているかもしれない押切もえさんやSBIホールディングスの北尾吉考さんが、もしかして万が一にも手紙や電話で感想を伝えてくれるかもしれないなどと想像できたら、誰でも心に張りができて勇気や元気が自然と湧き出てくると思うのです。 (注:北尾吉孝さんは福祉に情熱のある方で、相当な金額を色々と寄付しています。)

    「数値目標と感覚目標」 この二つをキチンと構築できて走り続けることができたなら、夢が叶う確率はグンと上がると思うのです。

    あなたは数値と感覚、どちらの目標も立てていますか?

    (°θ°;) エッ、ホントダッタノ…!
    関連記事

    PageTop