徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    メール。

    現代社会では携帯電話を持っている人が大半を占めるようになり、中でも手軽にメールをすることは日常でも珍しくありません。 仕事でもPCのメールを活用しなければ、もはや仕事にならない状態の人だっているかもしれません。

    それほど生活に密着しているメールですが、コレを活用すると恋が上手く行くことに気が付いている人は余りいません。 嫌われるメールと好かれるメール、この間には深くて暗い溝があるのですが、その溝に嵌まり込んでしまうとせっかくのメールが台無しになってしまいます。

    もうすぐクリスマスなので、好きな人と近づきたいとか~相手にもう一押ししたいなど、メールで心を近づけることについて、素敵な霊視カウンセラー的に少々解説してみたいと思います。

    近代社会では恋愛の行方を左右すると言っても過言ではないメール、このメールの作法が恋の始まりはもちろんのこと、ちょっとしたイザコザの元やピンチを切り抜けることができるようになります。 このメールを送るタイミングや内容によっては、2人の距離が縮まったり~大きな溝を作ってしまうこともあるのです。

    メールは便利ですし、いつでもどこでも自分の思ったことを伝えられるからこそ、使い方によっては自己中とか面倒などと嫌われるきっかけを作ってしまうことになります。

    男性で「メール自体が嫌いな人」の条件をいくつか挙げてみたいと思いますが、ストレスやプレッシャ-を感じやすい~仕事中心の毎日で疲れ気味~メールが届いたら即レスする~携帯電話を2つ以上持っている~愚痴が多いなど、これらに当てはまる男性はメールをすること自体が好きではない場合が多いです。

    このような男性にメールの使い方を誤ると亀裂が入りやすくなるのですが、メールを送信する時には「時間に余裕を持つ」とか「ストレスやプレッシャーが無い時」など、相手の気持ちを深く考えないで送信ボタンを押してしまうような状況を作らないことです。

    メールは気軽に思ったことを伝えられるからこそ、相手と自分の距離感や温度差を意識しないと自己中心的な印象を与えてしまうかもしれません。 メールで愛されるようになる為にも、悪気がないのに嫌われてしまうような NGメールを送信するのは絶対に避けましょう。 自分に悪気が無くても相手を不快な気分にさせてしまうメール、そんなメールがあります。

    例えば、タイミングが悪い~つまり空気が読めないような一人時間差で、「え、何のこと?」みたいなメールはアウトです。 その他にも送るタイミングや内容も相手のことを考えて、「ごめんね」とか「すみません」など謝ってばかりに見えるメールもアウトです。 悪いこともしていないのに卑屈になっている印象を与えてしまうのはマイナスなので、「ありがとう」や「嬉しい」など、前向きな感謝の言葉に変えると印象が変わります。

    また、相手に自分を過剰にアピールするメールもダメで、気持ちはわかるのですが相手が対応できるか堂かも見極めてから出ないと、動画などを喜ぶタイプ~冷めた反応をするタイプ~絵文字が好きなタイプなど、よく考えてからする必要があります。

    長文メールも内容によりけりで、気持ちが沈むような深刻な内容だと返事に困るし、メールでそんなことを伝えられても困る男性は多いです。 相談に乗ってもらいたいというメールを送り、詳しいことはその時に話すという内容にとどめておかないと引かれてしまいます。

    最後になりますが、意外と男性が嫌うのはメールの時間です。 電話じゃなくてメールだから、いつ送信しても大丈夫と思うかもしれませんが、深夜とか仕事中などに関係なくメールを送りつける女性は、知らず知らずのうちに嫌いになってきます。 基本的に恋愛と言うのは、「自分の気持ちを効果的に伝える」ことが最大のポイントになります。

    では、愛されるメールや好かれるメールとは、どんなものかと言えば…?

    男性に必要な情報~褒め言葉(嬉しい言葉)~読むと元気がでる(励まされる)~共感できる~優しさや思いやりが感じられるなど、男性が思わず微笑んでしまう楽しい内容が一番です。 仕事や恋愛に限らず1日にメールを何通もやりとりするのが当たり前になってきているので、どんな言葉が相手を喜ばせるのか~どんなメールが面白いのかなど、受け取る相手の気持ちを想像してから送信する気遣いが必要なのです。

    人は誰でも「愛されたい&必要とされたい」と言う気持ちがあります。 近年では「癒し系」と呼ばれるタイプの女性が男性に人気があるのも、仕事や日常のストレスで疲れた男性が安らぎを求めたいからです。

    しかし、「癒す」と言うだけではライバルに差をつけられないので、裏技としては「テンションを上げてくれる女性」に魅力を感じる男性が意外と多いのです。 つまり、メールを見る度にやる気が起こるとかメールを見る度に大切にしようと思わせる、そんな内容が求められるのです。

    例を出すと、元気にする言葉~嬉しい言葉などのテンションが上がる言葉を意識してメールに入れると、男性は女性のメールを心待ちにするようになるので、男性の心はあなたに夢中になり始めるきっかけとなるのです。

    もっと単純に言えば、メールの最後にハートマークがあるだけで「よしっ!」と思う男性は非常に多いです。 「ハートマークだけで?」と思うかもしれませんが、男性の場合はメールの最後にあるハートマークをみると、「コレは俺だけだぁ~!」と思ってしまうのです。

    あなたはメールに、気配りをしている自信がありますか?

    (^~^;)ゞ イヤァ~
    関連記事

    PageTop