徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    初夢。

    おはようございます。 年が明けて新年となり、昨日はどのような時間を過ごされたのかは人それぞれですが、睡眠をとる以上は必ず夢は見たことと思います。 しかし、夢を見なかったと言う人もいますが、それは覚えていないだけで生命体である以上は必ず夢は見てしまいます。

    その夢が現実の夢と重なり、叶うと想像しただけでもウキウキワクワクしてきます。

    新年と言う意味で言うと昨夜の夢は初夢となり、初夢とは新年のある夜に見る夢のことを言います。 そして初夢に見た内容で内容で、1年の吉凶を占う風習が日本と言うかアジアにはあります。

    ただし、現代においての初夢の定義としては文字通りの新年になって最初に見る夢とされることは少なくて、元日から2日にかけての夜や2日から3日になる時に見る夢とされることも多くなりました。

    初夢の歴史についてですが、文献に初夢が初めて登場するのは鎌倉時代の山家集です。 そこに書かれてある初夢とは、暦上の新年とは無関係に節分から立春にかけての間の夜に見る夢を初夢としています。

    それは基本的にこの当たりの時代は初夢に限らず、立春を新年の始まりと考えることが多かった為です。

    それからしばらく経ってから後で暦上の元日を新年の始まりと考えるようになりましたが、それでも単純に大晦日から元日の夜に見る夢が必ずしも初夢とはならず、江戸時代には「大晦日~元日&元日~2日&2日~3日」の3つの説が言われています。

    まず、「元日~2日」の説については、大晦日から元日にかけての夜は眠らない風習ができたことが理由とされています。 次に「2日~3日」の説の由来ははっきりしませんが、書初めや初商いなど多くの新年の行事が2日に行われるようになったことから、その影響もあった為と言われます。

    それから時は流れて江戸時代後期には、「2日~3日」の夜に見る説が主流となりましたが、明治の改暦後は再び「元日~2日」に戻っています。

    初夢は悪い夢よりも良い夢の方が当然良いので、室町時代ごろから良い夢を見るには七福神の乗った宝船の絵に「長き夜の遠の眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな」と言うような回文の歌を書いたモノを、枕の下に入れて眠ると良いとされるようになりました。 そして、これをしたのに悪い夢を見た時には、翌朝に宝船の絵を川に流して縁起直しをすればいいとされています。

    初夢に見ると縁起が良いものを表すことわざに、「一富士(いちふじ)~二鷹(にたか)~三茄子(さんなすび)」と言われています。 この3つの組み合わせは江戸時代初期には存在していましたが、その起源については諸説さまざまがあります。

    江戸時代と言うからには「徳川家」が出てくるのですが、最初の説としては徳川家縁の地である駿河国での高いものの順と言われています。 高いと言っても高い意味がそれぞれ違うので、この説は少し怪しいものがあります。 富士山と愛鷹山は高低の高いですが、茄子に関しては初物としての値段だからです。

    次の説としては、「富士山~鷹狩り~初物の茄子」を徳川家康公が好んだので、時の将軍が好きなのだからと言うゲン担ぎです。 また、「富士は日本一の山~鷹は賢くて強い鳥~茄子は物事を成す」と言う、様々な意味付けによるものも出てきました。

    その他にも富士は「無事」で~鷹は「高い」で~茄子は夢を「成す」と言う、言葉遊びと言うか掛け合い漫才のような語源としての意味もあります。

    歴史背景から言う説では、「富士は曽我兄弟の仇討ち(富士山の裾野)」であり、「鷹は忠臣蔵(主君浅野家の紋所が鷹の羽)」を意味して、「茄子は鍵屋の辻の決闘(伊賀の名産品が茄子)」と言うものまであります。

    ちなみに「一富士~二鷹~三茄子」には続きがあり、「四扇(しおうぎ)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)」と続けていきます。

    これは何故かと言うと、「一富士~二鷹~三茄子」と、「四扇~五煙草~六座頭」はそれぞれが対応しており、富士と扇は末広がりで子孫や商売などの繁栄を願い、鷹と煙草の煙は上昇するので運気上昇を思い描き、茄子と座頭は毛がないので「怪我ない」と洒落て家内安全を願うと言う、洒落っ気のある江戸庶民の願いそのものでもあります。

    私の今年の夢は、色々な人の想いを受け止めることができる霊視カウンセラーとなって、更なる上昇気流に乗って大きく羽ばたいていけたら良いなぁと思います。

    あなたの初夢は、どのような初夢でしたか?

    ( -。-) スゥー ( °口°) オメデト~~!
    関連記事

    PageTop