徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    盲導犬。

    私が一番最初に寄付したのは盲導犬への寄付で、盲導犬とは視覚障害者を安全に快適に誘導するワンちゃんのことです。

    補助犬の中で最も広く知られた存在で歴史も古く、犬に引かれて歩く姿は色々な壁画や絵に描かれていて最も古い絵はポンペイの発掘品の中に見られます。 確実な資料として現存するのは、1819年にヨハン・ウイルヘルム・クラインと言うウィーンの神父が、犬の首輪に細長い棒をつけて盲導犬として正式に訓練したのが最初です。

    その後1916年にドイツ赤十字のシュターリンとドイツシェパード犬協会のシュテファニッツが、第一次世界大戦中に戦盲者の為に盲導犬を育成しようとオルテブルグに学校を設立して、翌年から盲導犬が戦盲者の誘導に役立ち始めました。 1923年にはポツダムに国立盲導犬学校が設立されて、多数の盲導犬が誕生し戦盲者の社会復帰を促した。

    その時に警察犬の実用化を研究する為にヨーロッパ滞在中のドロシー・ユーステス夫人は盲導犬の活躍に関心を抱き、スイスのベベイにある盲導犬学校で勉強した後で1929年にニュージャージー州のモーリスタウン近くのホイッパニーに盲導犬育成の学校を設立しました。 コレがアメリカの盲導犬訓練学校としては、最も権威があると言われています。

    英国では1930年より育成を始めて、1931年に4頭の盲導犬が誕生したのが始まりです。 その他の国で言うと、豪州~オランダ~フランス~イタリア~フィンランド~スイス~ノルウェー~南アフリカ共和国等でも育成されています。 なお、アメリカでは盲導馬がいるのですが、扱いが難しく一般的ではありません。

    日本で日本人が目にした最初の盲導犬は1938年にアメリカのゴルドンが、オルティーと言う名の盲導犬と共に観光旅行の途中で日本に立ち寄ったのが最初です。 そして1939年に浅田~磯部~荻田~相馬など4人の実業家が1頭ずつ、盲導犬としての科目を訓練した犬をドイツから輸入して陸軍に献納しました。

    この盲導犬は日本シェパード犬協会の蟻川定俊が、ドイツ語の命令語を日本語に教え直した後で戦盲軍人が使用しました。 4頭の死亡後は盲導犬が絶えたままで敗戦を迎えて、国中が生活に追われていたこともあって全く忘れられていました。

    国産の盲導犬が誕生したのは1957年にアイメイト協会創設者の塩屋賢一さんが18歳で失明した盲学校教諭のKさんより、「この犬(チャンピイ)を訓練して街を歩けないか?」と依頼されたのが始まりです。 既に1948年から独自に盲導犬の訓練研究を始めていた塩屋さんは、チャンピイの訓練終了後にチャンピイを利用した歩行指導をKさんに指導して、ここに国産第一号の盲導犬が誕生しました。

    なお、現在の日本ではシェパードよりもラブラドールやゴールデンなど、レトリバー系が多く活躍しています。 これはシェパードのような精悍な顔つきよりも、ラブのようにおっとりして温和な顔つきの方が街を歩く犬嫌いの人や子供にも受け入れられ易いことが大きな理由となっています。

    2003年10月以降に身体障害者補助犬法が完全に施行されて、公共機関だけでなくてデパートやスーパーマーケットやホテルなどの民間施設でも、受け入れを拒んではいけないことになりました。 しかし、罰則のない努力規定なので「罰則がないから受け入れない」と言う意見がいまだに大半を占めているのが実情です。

    これは仕方がないのですが犬が苦手で近寄れないと言う人もいますし、従業員とか顧客の中にも犬を見ると嫌な気分になる人も多くいるので、受け入れ拒否が完全に無くなるのは困難です。 ただし、拒否するのはいいけれど、嫌がらせまでする必要はないと思うのです。

    ある日の冬の午後に実際あった話ですが、某県K市のB地区へ観光に来ていたAさんは、急に降り出した雨を避ける為に盲導犬を連れて某喫茶店へ入りました。

    すると、某喫茶店の男性オーナーが「ウチは動物禁止だよ!」と言って、ずぶ濡れのAさんと盲導犬を冷たい雨が降る寒い外へ追い出したのです。 その時に店内にいた常連も同じく「犬なんか連れてくるな!」と言って、誰もAさんを助けようとしなかったのです。

    また、ある日の交差点での実話ですが、盲導犬を連れた人が横断歩道で信号待ちをしていました。 その時に盲導犬の横へ立っていた45~55歳くらいの男性が、手に持っていた火の付いたタバコを盲導犬のお尻で揉み消したのです。

    盲導犬は何があっても声を起てたり、人間に牙を向けたり~急な行動をしてはいけないのです。 お尻にタバコの火を押し付けられた盲導犬は赤信号で飛び出すわけにも行かず、そのままじっと耐えているしかなかったのです。

    人間には好き嫌いがあるので、盲導犬のことを嫌いなのは仕方がないと思います。

    しかし、以上の二例は「人としてやっていいかどうか?」 これを考えなければいけない行動だと思います。

    私は現場に居合わせたわけではありませんが、同じ男性として恥ずかしいです。 年配の男性と言うのはこんなことしかできないのかと情けないし、人として許される行動ではありません。 (こう言う話を聞くと、ますます男性の鑑定をしたくないのです…。)

    盲導犬について簡単に書きましたが本当はパピーウォーカーや盲導犬訓練士や歩行訓練ボランティアや引退犬の引き取りなど、さまざまな方の協力があってこその盲導犬なんです。

    あなたは盲導犬について、どこまで知っていますか?

    (*/∇\*) キャ
    関連記事

    PageTop