徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    ツキ。

    おはようございます。 無事に倉敷へ帰ってきて、いつものように鑑定を再開しています。 今日から通常のブログに戻りますが、よろしくお願い申し上げます。 次回の東京出張は3月20~23日(金土日月)なので、素敵なお客様の御予約をお待ちいたしております。

    私は素敵なお客様にお会いできることを、とてもツイていると運命に感謝しています。 目には見えないけれど、ツキと言うのはとても大事だと思います。 ただし、信じるかどうかは意見の分かれるところですが、私はツキがあると信じています。

    ツキと言うのは目には見えないけれど大切なもので、流れが自分に無い時には何をしても上手く行きません。 しかし、運が向いてくると何をしても上手く行き始めて、自分が思わぬ良い方向へ進むのです。

    そもそもツキとはなんぞやと言われたら、その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせとしか説明できません。 口で理解しやすく説明できるのであれば、それはツキではなく科学です。

    ツキがあるとは到底実現しそうもないことであっても、偶然でもなんでも実現させてしまうことなどを言います。 その逆に運が悪いとは楽しみにしていたコンサート当日に寝込むとか、自分の行動をさえぎる現象を言います。 (ちなみに占いや神社のおみくじは、この運を予言することを言います。)

    ツキの考え方には歴史上においてもいくつかの種類があって、因果的決定論に立てば実は幸運や不運の意味は元から無くて、過去や未来は最初から全て決定されていると言う考え方になります。

    外国で言う悪魔に代表される存在によって、結果は全部見通された上で行われていると言うことになります。 わかりやすく簡単に言うとスピリチュアルなどは、この決定論により作られた後天的な理論のひとつに過ぎません。

    もうひとつの考え方として、ツキと言うのは決定していなくて自分の意思で変えられると言うのもあり、私はこちらの考え方になるからスピリチュアルカウンセラーではなく、霊視カウンセラーの部類に入るのです。

    つまり、生まれることも自分が選んできて未来は変えられないと言うのがスピリチュアルで、未来は努力次第で変えられるからこそ希望があると言うのが霊視とも言えます。

    話は戻りますがツキと言うのは意志の力や祈りで、変更できるとの主張が過去の歴史上も多いです。 歴史上では数多くの実験が繰り返されていますし、カジノなどでは常に情報を集計して胴元が負けないようにしています。

    ただし、残念なことに意志の力や祈りなどでツキを変えられると言う科学的証拠が無い為に、多くの人がツキは良くできると思ってはいるのですが科学的には証明できません。 小説や漫画などの世界ではツキが証明されているのですが、それは事前に予知することも絡めて書いてあります。

    人は生まれた時からツキに支配されていると言われているのですが、生年月日~出生地~性別~血液型などが占いに使われることからも、本当に曖昧さがつきまとうのは仕方がありません。

    実際のところは人間の一生の運勢が決まってから生まれるのか、それとも生まれてから運勢が決まっていて細部で運勢が変動するのか、コレは誰にも解明できないのです。

    また、ツキには流れがあるのですが、運が良くなると良い傾向が続いていき、運が悪くなると悪い傾向が続くのは誰でも経験があると思います。

    ただし、科学者に言わせるとツキなんて錯覚の一種だと発言する人もいます。 それと言うのも人間は考えることができる為にランダムな現象からも一定の法則を見いだして、それに基づいた考え方をしてしまうからです。

    このツキの流れを事前に知ることができると言う説は人々を惹きつけるのですが、このようなツキを証明する術が無い以上は可能であるとする確証も存在しないのです。

    ここで良く誤解されるのは運の偏りで、完全にランダムな現象でも一定の傾向を見いだすことが科学的には出来るのです。 よくあるのですが、コインを投げて裏と表のどちらが出るかを見る場合でも裏と表が均等に現れることは少なくて、どちらか一方に偏りが起きることがほとんどです。

    このランダムな「ゆらぎ現象」に規則性を見いだしてしまうのですが、これはコンピューターで計算(乱数)しても偏りが発生するので、多くの人にとって偏っていると感じられることになるのです。 これは錯覚の一種「クラスター錯覚」と言う現象で、科学的に解明されているのです。

    それでも、私はツキの有る無しが人生において、多大な影響があると信じていたいのです。

    もしも生まれてきてから一生が決まっているのであれば、その人は努力することが無駄になってしまうし、「努力することもプログラムだ」なんて言われたらやるせなくなります。

    仮に私がお客様より「ツイているか?」と問われれば、「ツイています!としか言えません。 ツキと言うのは目には見えないけれど、ツキが無いのであれば占い師をしてはいけないのです。 なによりも「毎日素敵なお客様にお会いできる」 そんな私がツイてないなんてありえないのです。

    素敵なあなたにお会いできるのは、私がとてもラッキーな証拠です。

    私はとてもツイているし、お越しくださるお客様は私と縁がある以上は「強運の証拠」だと言い切ります。

    あなたは自分のツキを、どのように考えていますか?

    あ( ̄○ ̄)り( ̄◇ ̄)が( ̄△ ̄)と( ̄0 ̄)う( ̄ー ̄)
    関連記事

    PageTop