徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    選挙。

    おはようございます。 明日と言う漢字は明るい日と書きますが、未来は明るいからこそ希望が持てます。 希望と言うのは誰の心にもあり、夢も希望も無いからと絶望しなくても、人は裸で生まれて裸で死んでいくから「無いモノ以外、全て有る」です。

    人は裸で死んだ後に本当の評価が決まり、「惜しい人を失くした」となるか、「あぁ、やっと死にやがったぜ、ざまあみろ」となるのか、人の評価は死んでからの方が本当の評価です。

    人は生まれてきた時にはオシメの世話になり、死んでいく時にもオシメの世話になる、これがホントのオシメ~だ…、ここまで読んだ方々のシラケタ雰囲気が目に浮かぶようで、日曜の朝から申し訳ありません。 m(__)m

    さて、マザーテレサでもエジソンでも偉人の多くは「民間人」で、政治家に人間として素晴らしい人がいない、どちらかと言えば金の亡者で私利私欲のろくでなしばかり、これは誰しも分かっていることで、もはや「諦めている・期待してはいけない」のが今の日本です。

    12月16日に第46回衆議院議員総選挙がありますが、円高や領土侵略など数々の問題が日本を襲い、「おらが地元に橋を掛けてくれる先生が偉い」の時代では無く、国益と国民の幸せを考える政治家に投票しないと、子ども手当を貰い~生活保護を貰い~貰う話ばかりでオイシイと感じた後は、大増税⇒中韓の属国となり奴隷の生活が待ち構えています。

    損得勘定で離合集散する政治家が多いのが今回の選挙の特徴で、どこへ投票すればいいのか分からないと思いますが、政党乱立は当選したいが為に損得勘定で動いた証拠です。

    取り敢えず順番に書くと、民主党・自由民主党・日本未来の党・公明党・日本維新の会・日本共産党・みんなの党・社会民主党・国民新党・新党大地・減税日本・新党改革・新党日本と、書いているときりがありません。 (ミニ政党も入れると、まだまだあります。)

    最近は「どこへ投票したらいいですか?」と聞かれますが、これだけあっても頭数だけでロクな政党が無いしロクな政治家もいないので、「どこへ投票?」と言われても難しいです。

    基本的には日本の国益と国民を守ることができる、ようは外国よりも日本のことを考える政党と政治家、そうするしかないと言う消去法しかありませんが、投票したい(期待する)政党も政治家もいないのが一番の問題かもしれません。

    それでも強いて質問されたなら、韓国と中国が応援(期待)する政党と政治家には投票しない、それだけでも経済復活や領土問題が進展するので少しはマシになるのではないかと思います。

    例えば、「韓国(中国)を愛する日本人よ、民主党(日本維新の会)へ投票しろ」と言うなら、それ以外の政党と政治家へ投票するのもいいかもしれません。 (海外のブログを原語で読むと、その国が本当はどう思っているのかよく分かります。)

    だからと言って自民党の単独政権になると危険で、自分が一番偉いと思って「おまえらゴミは死ね」と言うから、本当に日本は民間が国を支えているだけです。

    ブログを読んでいる人は御存じの通り私が建設現場で働いていた時代、公共施設(学校)の建設現場へ自民党代議士と秘書が視察に来て、代議士の視察前に作業員は目障りだからと現場監督&秘書が先回りして、「おい、ゴミは消えろ、天皇が来るからゴミは邪魔だ!」と私を怒鳴りつけました。

    その時は教室内で配線工事をしていたのですが、廊下より監督と秘書が再度怒鳴り「はよう、消えろ、目障りじゃ、ヨゴレが!」と、そこまで言われないといけないのかと涙が出ました。 (体重が52キロくらい、日当3000円⇒月収8万円の時です。)

    この出来事に思い当たる議員と秘書は多いはずで、もしも反省しているなら謝罪して欲しいと思いますが、その謝罪する相手とは私ではなく「日本の国民」に対してです。 国会議員は「国民の税金で年収3千万の優雅な生活」だから、国民の為に死ぬほど働いて貢献するのが義務、ロクな仕事もしていないのに国民を馬鹿にするとは言語道断です。

    なお、前述の私を罵倒した○○議員の秘書は今どうしているのか、秘書を辞めた後に岡山県S市の市長選に立候補して当選、今もS市の市長ですが人のことを「ゴミ・ヨゴレ」と罵倒する人でも市長になれます。

    現場監督と秘書が天皇と呼ぶくらい天狗になっていた議員は落選でOK、国民の願いとは豊かで平和に暮らせることであり、不勉強なアホタレに優雅な生活をさせる為じゃないので、国民の思いが届くような時代になることを願います。

    今の日本の困った点は「投票する政党も政治家もいない」で、「仕方が無いので投票する」と言う消去法しかなく、「良い人だから投票」より「この方がマシ」と言う投票、できるだけ赤字を減らそうとして最初から黒字を諦める、そんな状態が今の日本と言うのは悲しいです。

    ただ、「外国人地方参政権と円高」に賛成するところは、少なくとも日本のことを考えてはいません。 民主・公明・日本未来の党・日本維新の会・日本共産・社会民主・国民新党・減税日本などは、賛成どころか推進です。 (注:建設現場時代の経験から、自民党が良い訳でもなく大いに問題です。)

    実は各党とも選挙前に国民をA~D層に分けて戦略を練りますが、日本人の大部分は「B層」としてマスコミの虚偽報道を信じる傾向があると言われます。 iPS細胞の臨床成功と言う詐欺師の話を報道して山中教授のノーベル賞受賞を邪魔する、そんなマスコミの言うことを信じていると今度も更に痛い目に遭うのは必然です。

    あなたは衆議院選挙へ、行きますか?

    ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

    関連記事

    PageTop