徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    周りを見る。

    私も人のことは言えないのですが、自分の立ち位置と言うか周りが見えなくなることが多いです。 コレは反省しなければならないのですが、つい傲慢になったり威張ったりと自分が偉くなったと勘違いして周りにそれを強要してしまうのです。

    何でもそうですが、周りが見えない時が人にはあります。 ところが見えない時ほど絶好調で、周りの忠告や意見が聞き入れられないことが多いのが不思議なところです。 そしていつしか不調が始まり、次に来るのは何をやっても上手く行かない時ですが、そうなると周りに人がいなくなっているのです。

    周りに人がいないと言うことは、助けを求めようとしても誰も相手にしてくれない状態になっているのです。 助けのいらない時には人が大勢いるのに、助けが必要な時には誰もいない。 コレは自業自得なのですが、それでも反省がないと意味が理解できません。

    私は例え話で裸の王様を引き合いに出すことがありますが、それは誰にも相手にされないのは辛いからです。 私が地元で誰にも相手にされずいじめられたのは、周りの空気を読まずブログに書いている内容(ボランティアや寄付など)を実践したからです。

    いくら良いことを言っても理解されなければウザイだけですが、理解と言っても正しいことを理解されないのと横暴や傲慢で理解されないのは意味が違います。 自分の思いだけと言うか欲望や野望などの私利私欲で動いていると、知らない間に自分の人生を被害者にしているのです。

    そして、更に言うなら加害者も自分自身だから、誰にも被害を訴えれないし~訴えたところで自業自得と言われてしまいます。

    運が一時的に良い人と運がずっと良い人には大きな差があるのですが、運が良いだけなら一時的なものだから意外と運が良い人は多いです。 しかし、自己犠牲が払える人は、ずっと運が良い状態を保てます。 夢を叶えるのにずるいこともせずに周りの人のことも考えて、正しいことを正直にしているのであれば、周りが見えないことがあっても思いやりでカバーできるのです。

    誰でも心に純真な部分は持っているのですが、最初はそれが100%なのに~次第に90~80~70と減っていって、最後には真っ黒な心で自分がよければと言う考えをおかしいと思わなくなるのです。

    そのうち「俺を誰だと思っているんだ!」などと言い始めて、自分が世界で一番偉いと言動や行動にも表れ始めるのです。

    しかし、面白いことにおかしいと思わない人ほど上に駆け上るのが早いのですが、駆け上るのが早いと言うのは転げ落ちるのも早いと言うことになり、転げ落ちる速度が速いということは、再起するのは難しいほど奈落の底へ落ちてしまうのです。

    衣食住足りて、礼節を知る。

    この言葉は深いなぁと思うのですが、やはり人間生きていく為には食べることが必要です。 食べる為に必死だと周りに気を使うことも出来ませんし、それを悪いとも思いません。 しかし、余裕が出来てくると自分以外のことも考える余地を運命は与えてくれるので、そこで他人が喜ぶことを楽しみと考えることができれば、更に運命の後押しが始まります。

    私も昔は人のことなど考える余裕がありませんでしたが、今は素敵なお客様にお会いできるので心の平穏が保てます。 素敵な人に毎日会っていると、人は優しいとか~人間って素晴らしいなどとしか思えなくなります。 つまり、最初は一生懸命にわき目も振らずに私利私欲に走っていても、余程のことがない限りは普通は周りを見る余裕が出来てくるのです。

    今回、定額給付金と言う名の選挙前の点数取りと言うか、与党からの国民への賄賂みたいなものがバラ撒かれます。

    しかし、残念ながらこれは一部の人以外には何の恩恵もありません。 定額給付金を発行する為の、IT業界や印刷業界などの一部が恩恵を受けるだけです。 何故なら大部分の真面目な人は貯金したり生活費に回したりと堅実な使い方をするし、自堕落的に生きている人はギャンブルなどの形に残らないものに使うだけです。

    なお、私は定額給付金は全額寄付です。 自分が何もせずに貰えるのだから最初から無かったお金なので、最初から無かったのなら全額寄付しても差し引きゼロです。 ただし、寄付と言っても今回はN市のIさんを見習って、定額給付金に自分のお金を加えて増額してから寄付したいと思います。

    自分の周りをよく見るということは、自分の未来を見ることにも繋がるのです。

    あなたは周りのことが、どれくらい見えていますか?

    (=´∇`=) ニャン♪
    関連記事

    PageTop