徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    ぬるま湯。

    人は安らぎが続いて刺激が少ないとぬるま湯と感じてしまうものですが、ぬるま湯に浸かりすぎていると気持ちが萎えて来ます。 自然の道理として必然なのが、空気は入れ替えないと呼吸困難に陥りますし~水も入れ替えないと澱んできます。

    人も同じで今までと変らない状態が続いてくると、何もする気が起きないとか~何をやってもつまらないなど、未来で良いことが無いようにさえ思えてきます。

    私はお客様の御相談を伺った時に、どちらかと言えば独立開業を勧める方ですし、チャレンジするかどうかの時にはチャレンジする方を勧めます。 誰であろうとも運命は公平で、人には色々な未来があるから絶対に失敗するとも成功するとも言えません。

    しかし、成功する未来があるのにやらないのは勿体ないし、やらないでいると時間が経ったアトで後悔してきます。

    後悔するのはいいけれど、いくら後悔しても失った時間は取り戻せません。 夢は叶うけれど、叶う為には行動しないと無理です。 何もしなければ何も起きないから平穏無事と言えば平穏無事ですが、何も起こらないというのは変化がないことを意味します。

    人は何かを体験したならば、それは失敗でも成功でも何か得るものがありますが、何もせずに頭の中だけで想像するのは途中で疲れて想像を止めてしまうのです。 人の思いは思い続けること~考え続けること、それが意識改革や成長の速度を速めるのですが続けることが難しいのです。

    自分にはできないと思ってするよりも、出来るかどうかはやってみないとわからないけど~取り敢えずやってみようと言うのでは、その先にある結果はおのずと違ってきます。

    出来なくてもできると言ってから勉強や研究するのは無茶苦茶に思えますが、時間がいくらあっても出来ない時には出来ないし~出来る時は出来るのです。 何度も何度も繰り返して挑戦する気持ちになるには、脳細胞の活性化が必要です。

    脳細胞の活性化と言えば難しく感じるかもしれませんが、それは無我夢中ですることを意味します。 赤ちゃんがハイハイしている時や立ち上がろうと何度も転んでいる姿、これは誰が教えたわけでもないけれど無心で自分がしていることなんです。 無心で一生懸命にしている姿は、上手く行くかどうかを計算しているわけではないのです。

    そうは言っても運命が好転していないと感じている人はナカナカ切り替えが難しいと思いますが、難しく考えなくても人生が上手く行くかどうかは単純明快に明るいか暗いかと言ってもいいのです。 暗い人は暗い雰囲気や暗い人を周りに集めてしまい、明るい人は明るい雰囲気や明るい人を寄せ付けるのです。

    例えるなら、景気が悪いと言っている人は、本当に景気が悪いことを引き寄せようとしているだけです。 景気が悪くても流行っているお店や忙しい会社はあるから、自分もそうなるように努力しようとか、もしくは景気が悪くても自分には関係ないから上手く行くはずなど、根拠は無くてもいいからポジティブになることが簡単な開運法です。

    会社経営者とかが「銀行が助けてくれない」とか「行政が助けてくれない」など愚痴を言うのは聞き苦しいのですが、助けてくれないと言う前に「どうせゼロから始めたんだから、ゼロに戻るだけで損ではない。」と言うのが明るい考え方だと思います。

    何をやってもダメな時にはダメなんですから、下手な抵抗をするよりもやり直す方が早いのです。

    人には無限の可能性や能力があるのだから、何か行動していれば何かが変わります。 誰もが闇に見えていたとしても、自分だけは金色に輝いているかもしれないのです。 ぬるま湯に浸かり続けるのは、思い込みを捨て去ることが出来ないからと言うのも原因のひとつです。

    人は安住の地に辿り着くと、そこが無限に続くように感じて変化を拒みます。 昔やった方法が、今でも通用すると思い込んでダメにする。 コレがお店や会社をダメにする一番の要因ですが、老舗ですら毎日変化していて伝統と進歩の繰り返しです。

    変わらない毎日を変わらないと言うのは変らない自分に気付いていないだけで、毎日変化し続けている現実に気が付いて、その力をホンの少し違う方向へ向けてやると全然違う日常が待っているのです。

    守り続ける難しさと変わろうとする勇気、コレは相反することかもしれませんが、しなければ出来ないのです。 やらなければ変わらない毎日が待っているだけで、やれば変わる日々が待っているのです。

    あなたはぬるま湯に浸かりすぎず、立ち上がろうとしていますか?

    ヘ(^-^ヘ) ヤレヤレ?
    関連記事

    PageTop