徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男のプライド。

    おはようございます。 今日は月曜日なので仕事始めの方も多いと思いますが、素敵なあなたの笑顔が輝き始める素晴らしい週の始まりだと信じています。 あなたの未来は信じるに値する素晴らしい時間ですから、その時間の流れを無駄にしないように全力を尽くせたら素晴らしいですね。

    さて、私は男性心理と言うか男性の手口のアレコレはいくらでも分かるのですが、残念ながら女性にそれを面と向かって言うのは憚られるのです。 いくら「教えてください!」と言われた所で真実を聞いてしまい、全ての男性がそうなのかと思われても困るのです。

    男性との会話の中から自然と好意を持っているのかどうかを感じ取っていただければいいのですが、男性心理がわからないとなかなか難しいかも知れません。 ただし、真摯な男性と言うべきか~見抜き方と言うべきか、一番簡単なのはボランティアや寄付などを一生懸命に自分からしている男性ならば、好みは別として外れはありません。

    それはさておき、やはり会話で二人の気持ちの距離を縮めるのが、恋人同士にとっては一番大切なことだと思います。 しかし、会話の仕方によっては男性の気持ちが冷めてしまうこともあり、男性の気持ちが冷めてしまう会話とは一体どういうものかを理解していないと、いいところまで行ったのに付き合えなかったとなります。

    合コンなんかでは最初に目が行くのは一番好みじゃない女性で、最後に自分がターゲットとする女性に視線を送るのが男性のやり方です。 つまり、男性は会話しながら自分の理想に当てはめていく為に、あなたの表情を観察しているのです。

    その時に余り笑顔にならなかったり~表情が乏しかったり、それ以外でも無表情な感じだと自分の条件から除外していくのです。 これは基本中の基本ですが、あなたの前に何を言っても無表情な男性が座っていたら同じように除外していくと思うので、男性が話をしている時にはできるだけ笑顔で表情豊かに聞くのが秘訣です。

    また、二人で会話している時に自分のプライベートなことを全く話さない、男性から質問をされると堅く口を閉ざしてしまう女性もかなり損をしています。 これでは男性から見ると心を開いてくれていないと思われるので、個人情報まで言わなくていいのである程度のことは話すようでないとキッカケが無くなります。

    例えば、「どこに住んでいるの?」と聞かれた場合に住所は言わなくていいので、「岡山市だけど玉野より。」とか「新橋だけど有楽町に近い方。」などが理想です。 それを「…。」と無視したり、「岡山県」~「アジア」~「地球」なんて答え方は減点です。

    もしも恋愛を目指しているのであれば、ちょっとはプライベートな話もしていかないと男性は興味を失います。 心を開いてくれないと感じた女性には男性も心を開きませんから、結果として男性の気持ちが冷めてしまうことになります。

    男性に誘われたデート時に、全くの受身では男性の気持ちは冷めてしまいます。 付き合ってもいいかなと思うのであれば、多少の努力はしないといけないのです。

    これは難しいことではなく、男性の話を聞いてあげる~男性の喜ぶリアクションをするなどです。 じっと聞いているだけで何もしないでいると、男性も反応が無いので口説く気持ちがなくなって、次のデートには誘われなくなります。

    あなたが好印象を残したいのであれば会話中の笑顔や態度を積極的にして、男性を喜ばせるデートにしてください。 最初のデートと言うのはどの男性も意外と細かいところまで観察して、あなたの細かい態度やしぐさから自分と会うかどうかを全力で見ています。

    ここで注意点ですが、男性心理を傷つける言葉だけはNGです。 これは悪口ではないので女性側としては傷つけていなくても、男性側は傷ついている場合があります。 男女の心理には物事のとらえ方に違いがあって、「男のプライド」を傷つけると付き合うどころか別れ話にもなりかねないので、男性を傷つける言葉を理解していく必要があります。

    これは難しいものではなく「男のプライド」が絡んでいるものが全てで、男のプライドを理解していないと考えずに傷つける言葉を言ってしまいます。 ただし、男のプライドは女性にはない部分なので傷つけていることに気が付きませんから、ここがカップルのケンカにもなる肝心なところです。

    男のプライドをヒトコトで説明すると、「自分のことを偉い」とか「俺はすごいだろう!」など「俺の意見は正しい!」と思っている部分のことを言います。 自分が一番正しい判断をしているとか~他人より俺の方が偉いと思っているなど、これを「否定する=男のプライドを傷つける」と考えていれば正解です。

    簡単に言えば、「男の意見を肯定する=男を立てる」と言い、逆に「男の意見を否定する=男を傷つける」と言う意識の違いが理解できればOKです。

    「大げさ」に例えるならば、男性とドライブしていて道を間違えた時に「道、間違えてるよ。」と教えてあげたら男心は傷ついて次のドライブは無くなります。 また、彼とデートをしている時に「ここって、前に来たことある。」なんて言うと、男心は大変傷ついて機嫌が悪くなります。

    「うわぁ~、めんどくさぁ~!」と言う無かれ、男心と言うのは女性が思っている以上に繊細なので傷つきやすく、自分が上位に立てないとなれば途端に本性剥き出しにして「オンナのくせに!」と頭に血が上るのです。

    分かりやすくする為に大げさに書きましたが、男のプライドを傷つける言葉がどういう言葉か理解していただけたら幸いです。 女性にとってはなんでもないことが、男性にとっては凄く傷ついたというのはよくあることです。 面倒くさいと思わずに、これらができたら意中の彼を落とすのは目前です。 (笑)

    最後に参考意見として、男のプライドに拘らず相手のことを素直に認めることができる男性は素晴らしいです。 相手を認めることができる人は、実力と自信に加えて人望もあって信念を貫ける人です。 「そんなの、いない!」と言われるかもしれませんが、時々ブログに登場するN市のIさんや寄付の神様やE県のMさんなどが一例です。

    あなたは男のプライドを理解して、恋に発展させることができますか?

    (○゜ε^○)フフッ!
    関連記事

    PageTop