徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    預金封鎖。

    おはようございます。 この連休は大雨の影響で各地の新幹線が止まりまくっていたから、旅行など移動していた方々は大変だったと思います。 私が乗った次の新幹線から止まったので鑑定にも間に合い、私個人は全く影響がなかったので本当に感謝です。

    さて、選挙も近くなってきたので政治の話を少し書こうと思うのですが、今日の話を覚えておけば政治家や官僚が未来で国民に何をしてくれるのかが理解しやすいと思います。 ドコが政権をとっても一緒ですが、著書の中で「2018年までに消費税を17%にする」と明記している政治家が政権を担いそうなので、この選挙を境に景気が悪くなるかもしれません。

    前フリの説明からですが、金運は誰でも欲しいと思いますが金運とはなんぞやと考えることがあります。 お金があっても健康じゃなければ意味はないし、死んであの世に持っていけるわけでもありません。 ただし、お金があれば御飯が食べられて、水を手に入れることも出来ます。 生活の為には、お金を稼ぐ為に労働すると言うのは不思議でもなんでもなく当たり前の行為です。

    私は貯金ゼロで家も車も持っていませんし、親は借金で夜逃げしています。 そして学歴があるわけじゃなく、世間的には認められない立場にいます。 本来ならば八方塞がりでどうにもならないはずなのに、そうならず何とかやっていけるのが運命の面白い所です。

    お客様より時々聞かれるのが、「全部寄付して貯金無しで生活するのは、怖くないですか?」と言う質問があります。 コレに対する答えは、「はい」とか「全然」とか、こういうしかありません。

    私は人生上でも運命上でも貯金なんかしようと思わないし、私のところに来たお金は全部誰かの役に立てばいいと思っています。 基本的に貯金通帳なんかいらないのですが、盲導犬などその他の場所へ寄付するのに、口座引き落としにする必要がある為に作っているだけです。 私も霊視カウンセラーになりたての頃は、貯金しようとしたこともあるのですが2つの理由により無駄なので止めました。 コレはどういうことかと言えば…?

    仮に私が10万円貯めたとしたら、間を置かずして父親の借金の借用書が10万円分回ってきます。 その結果として、「10万円-10万円=0」となります。 では、毎月家賃など経費を除外して余ったお金を全額寄付したら、どうなるかと言えば…?

    仮に私が10万円寄付したとしたら、寄付した先から10万円の領収書が届きます。 その結果として「10万円-10万円=0」となります。 つまり、私の手元にお金が残らないのは同じことであり、同じお金が残らないのなら誰かの役に立つ方がいいんです。

    不思議なのですが、寄付をしていると父親の「借金が回ってこない&回ってきても金額が少ない」ことが多いので、余分なお金は全部寄付する方が気が楽なのです。 もしも寄付せずに父親の借金が回ってきたり、病気になったりと災難が降りかかる方が嫌になります。

    コレは本当に不思議なのですが、自分に乗り越えられない災難は降りかからないのです。

    確かに貯金ゼロでやっていると事務所移転など、急に困るような出来事もあります。 しかし、支援してくれる人や応援してくれる人が出てくるので、同じことだと思っています。 それに結果として気持ちよく過ごせる事務所ができて「災い転じて福となす」状態なので、困ると言うのは一時的なことで永久に困ることなどありえないのです。

    余談ですが、この事務所では長居するお客様が多くなり、タイマーが鳴っても話が止まりません。 おまけに遅刻する人が激減して15~20分前に来て、待つ時間を楽しむ人も増えました。 誰も来ない&電話も鳴らない方がイイと言う経営者もいますが、私はどんな形でも人が来るのは嬉しいので本当にありがとうございます。

    私も最初に寄付した時は「あぁ、これだけのお金を持っていれば…。」と思ったことも正直ありました。 しかし、父親の借金を払うくらいならば世の為&人の為に使わないと、せっかく助けてくれた運命に申し訳ないのです。 寄付を継続して始めた頃は、「どうせ父の借金が回ってくるんだから、もうどうにでもなれ!」と言う自棄気味な気持ちもありました。

    家賃や生活費などの必要経費を除いて全部寄付するのは、本当のところ正直に言えば勇気が必要です。 「もしものことがあれば…。」と思わないわけじゃないのですが今は生活できているので、今後もナントカやれるんじゃないのかなとは思います。

    下手に貯金すると「父親がどれだけの借金を作って、押し付けてくるのか?」と、そちらの方が嫌です。 同じ使うのなら、父親の贅沢で無軌道な生活のツケを払うよりも、目の見えない人の為に盲導犬を育成したり、エチオピアの子供たちにキレイな水を飲ませてあげたいと思います。

    なお、貯金なんかしても無駄と言うもうひとつの理由は、国と言うのはいざとなれば「預金封鎖」と言う必殺技があるからです。

    もしも日本と言う国にお金が足りなくなれば、国民の貯金を勝手に国のものに出来る「預金封鎖」と言う法律&権限があります。 この預金封鎖には色々な手口がありますが、いくら真面目に貯金していようとも国に無条件で没収される、コレをやられると誰がどう言っても施行した瞬間から貯金ゼロになります。

    この話を工場時代にしてウソツキと言われましたが、日本の歴史を振り返れば「昭和21年に適用」されて、貯金の大部分を没収された日本国民は一気に生活苦に陥ったのですから、平成だっていつ預金封鎖を発動されるかわかりません。

    あなたは目の前にあるお金と喜んでいる人の笑顔、どちらがいいですか?

    (* ̄∇ ̄*)エヘヘ
    関連記事

    PageTop