徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    長い春。

    恋の形には色々ありますが、その中でも長い春と言うのは決断できないままにずるずると続いてしまい、長く付き合ってはいるけれど結婚にいたらないとか~いざ結婚となれば引いてしまうなど結婚にいたるには山あり谷ありなのです。

    長く付き合っていても結婚となると踏み切れない、その結婚にナカナカ踏み切れないのには、彼と彼女の両方が結婚への準備と言うか心構えが出来ていないからかもしれません。 本当に結婚したいのであれば、まず最初に自分の中で今後は結婚をちゃんとしていく力をつけると言う意識改革を最初にしてください。

    彼と結婚の話になった時に問題をごまかして話をすると、相手もごまかした答えだけが返ってきます。

    ごまかさずにきちんと話をする為にも日頃から訓練しておかないといけないことがあるのですが、それは自分が甘えたい時や嫌なことがあった時に何が起きているのか、心の中をきちんと知っておくことです。

    例えば、彼ともう少し一緒にいたかったのに、「今日は彼とちょっとしか会えなかった…。」と言うように、嫌だった気持ちを感じていることに気が付くのが重要です。 自分が感じている気持ちや不安を知って、対応をする能力を身に着けることが結婚へ踏み切る為の第一歩です。

    これをいい加減にしておくと「元気がないのに気が付いてくれなかったのは、自分が愛されていないから」と言うように、ネガティブな方向へ気持ちを進めてしまうのです。 愚痴を話した時に彼が軽く流してしまっても、それを聞き流されて嫌だと自覚することは大切です。

    その嫌だと感じることが、人によっては声の調子が嫌だとか、横を向いているのが嫌だとか、それぞれの感じ方で違いがあるのです。 横を向かれていたのが嫌ならば、ちゃんと「私の方を向いて聞いてくれる、そうじゃないと聞いてくれている感じがしない」と言うように説明して、相手がしてくれないことで嫌な気持ちになるのは防がないといけないのです。

    なぜなら、その嫌と言うのが小さく積み重なることで、お互いが結婚へ踏み切れない深層心理が出来上がるからです。

    そう言ったことが積み重なると「自分を愛してくれていない」につながりやすく、相手に何かを言わせることで~やらせることで、何とかこの不安を取り除こうとする行動になってしまい、元々は「嫌になっちゃうなあ」と言う些細なことが彼に何かしてもらえないと不安だと感じる要因に早代わりしてしまうのです。

    自分が甘えたい時に上手に言えないとか~定期的に何か不安になること、その不安が沸き起こったら結婚をしてくれないことがいけないこと、そうならないように自分の心に整理をつけるのが大切です。

    それが少しづつでも出来たら次に考えることですが、自分の気持ちの中で「彼は結婚をする気があるのだろうか?」と言うようなことを聞いてみたいのに、ひょっとしたら嫌われるとか~本音を話されるのが怖いなどと、疑問はあるけれどぶつけて壊れるよりもいいとお考えの場合もあると思います。

    時々でも彼の方から結婚のニュアンスを聞いているのに、その詳しい内容を今は聞かなくてもいいやと思っていることは停滞ではなく後退になってしまうのです。

    ここで勇気を持つことが結婚への道でもあるのですが、これを聞いて壊れるような関係であるならば、結婚したところで長続きするのは難しいと言う現実も見据えなければなりません。 思い切って「あなたが結婚を考えていないように、私は感じています」と聞いて、彼の中にある気持ちに正面からぶつかるのは大切なことです。

    女性の側に「聞きたいけれども嫌われたくない」と言う思いがあるからこそ、男性はその気持ちに付け込んでごまかしが効くことを感じて曖昧なままでいるのです。 (これ、男のズルイ本音です。)

    つまり、聞いてみたいけれど聞きたくないとか、結婚を今すぐしたいのではなければ聞かなくてもいいかなど男性の本心に聞くことがないままに、いつかできればいいよね程度に答える猶予を与えているのです。

    本当は自分の中に疑問に思っていることがあって、それを飲み込みすぎていて聞かなくちゃいけないことを後回しにするのは人生のあゆみを止めてしまうことになるのです。 覚悟を決めることで関係がちゃんと展開をしたり、あるいはどういう関係かがはっきりすることがあるので、そこから逃げないことだって答えを見つけるのには必要です。

    もし彼が結婚を真剣に考えていれば、あなたの本心に対して嘘を吐かずに結婚をする気があると結論を出すはずです。

    あなたは長い春になることを、防ぎたいと思いますか?

    ( ̄-  ̄ ) ウ~ン?
    関連記事

    PageTop