徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    紙一重。

    おはようございます。 今週は札幌出張なので、どんな素敵なお客様にお会いできるかとワクワクしています。 私は物事においてピンチだと捉えることは少なくて、人生において起きることは解決できるからピンチと捉えなければ逆にチャンスだと思うのです。

    物事が起きた時に「ピンチ!」と考えるのか、「チャンス!」と考えるのか、それが未来を決める要因だと気付いたのは霊視カウンセラーになってからのことです。

    自分に起きることは全て自分が選択したからであり、誰かのせいじゃないのに人のせいにしてきたのが私の悪いところだったのです。 自分ではどうしていいかわからない時と言うのは、本当にわからないのか~それともやるのが面倒だからやらないのか、そこのところを考えてみると可能か不可能かがよくわかります。

    例えば、100Mを9秒台で走れと言われても筋肉や骨格などの条件が揃わなければ無利です。 しかし、資格試験に合格したいとか~お店を出したいなど、自分が条件を取り揃えれば可能なことは、可能なのに不可能だと思い込んで後ろ向きになっているだけです。

    人は誰しも自分の人生においては自分が主人公なのに、そのストーリーを自分で後ろ向きに書いているから後ろ向きなストーリーを演じるようになるのです。

    本当は行動すれば人生はいくらでも変わるし、行動しなければ何ひとつ変わらない。 この大原則をわかっちゃいるけど一歩踏み出す勇気が出ないと言う気持ちは、コレは私自身がそうだったからよくわかるのです。

    私はお越しくださったお客様に対して「良いことしか言わない」ようと決めているのですが、それにはいくつかの理由があります。

    最初の理由として人は良いことしか言わないようにと決めていても、ツイツイ悪いことを話してしまうからです。 誰かと話をすると言うのは良いことも悪いことも平等に話すと思いがちですが、人は自分以外の誰かを褒めることが苦手な生き物なのです。

    コレは試してみると分かるのですが、相手の良いところを見つけて褒めようとしてもすぐに話が尽きてしまいます。 いくら一生懸命褒めようとしてもすぐに話が尽きるのは、人は自分に関すること&興味があること以外は褒めることが出来ないからです。

    自分の髪型に興味がある時には相手の髪型に目が行くし、自分がバッグに興味がある時には相手の持っているバッグに目が行くのです。

    今の自分が興味があることには目が行くから自然と勉強するようになりますが、そうでない時には関心も無いから知識も何も知らない状態です。 知らないと言うことはどこをどう褒めていいのか分からないから、褒めることができないと言うことに繋がります。

    また、私は未来を道に例えて選択肢をお話しすることがほとんどですが、それは未来とは決まっていないから白いキャンバスみたいなものだからです。 白いキャンバスを黒く塗れば当然ながら暗いイメージになりますし、赤や黄色で明るく描けば明るいイメージになります。

    つまり、過去に起きた出来事は消すことは出来ないのですが、未来に関しては自分が思い描いたように進むから、出来るだけ良いイメージでいて欲しいからです。

    お客様の未来を視た時に「良い未来と悪い未来」があったなら、私は良い未来の方だけ言います。 そうしないと、これから起きることを前向きに考えて明るい未来のイメージを頭に創造して、その通りになると信じて進まないと悪い方へ進む確率が大きくなるからです。
    私はお客様に明るい未来を話すと決めているから、良い未来の話だけすると決めているからこそ、お客様がお越しくださって帰る時には笑顔になっていただけると信じているのです。

    嬉しいことや楽しいことの前には、辛いことや悲しいことがあります。 それは何故かと聞かれたら、良いと悪いのバランスは常に公平だからと答えます。 悪いことが10あるならば、良いことも10あると思うのです。

    ピンチとチャンスは紙一重で、それは考え方が引き寄せるものです。

    喫茶店でコーヒーを飲んでいると手が滑って床に落としてしまった、それによりカップは割れるし~服は汚れるし~周りに見られて恥ずかしいし、悪いことばかりに感じます。 コレだけだと運が悪いとか~どうしてこんな不幸なことがと思いがちですが、それによりお店の人が心配してくれて話すキッカケになりお店の人と親密になれたなら、コレは災い転じて吉となることになります。

    何かが起きた時に問題となるのは起きた事象ではなく、起きたことに対してどう考えて~どう対処していくか、コレこそが本当の問題だと思うのです。

    ピンチをピンチだと考える人は、ドンドン悪いことに目が行きます。
    ピンチをチャンスだと考える人は、ドンドンと良いことに目が行きます。

    あなたはピンチとチャンス、どちらが好きですか?

    (≧∇≦)ъ ナイス!



    お知らせ:出張の為、ブログの更新は9月8日(火)より再開します。 なお、出張中でも予約の受付はしておりますので、遠慮なくお気軽にお申し付けくださいね。 いつもブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。 m(__)m
    関連記事

    PageTop