徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    嘘。

    人は寂しい時には嘘と分かっていても、その嘘に優しさを感じてしまうことがあります。

    例えば、離婚をして孤独な時に優しくしてくれる男性と付き合ってしまった、でも彼と会っても自分は愛されていないことを知っているから寂しくなる。 それに自分は母親だから子供のことも考えないといけないのに、それでも彼のことが気になって離れようと思ってもできない。

    そんな状況では会っていても寂しいと感じてしまうし、とても辛くて悲しい結末の恋の始まりとなってしまうのです。 寂しいなと言うホンの些細な気持ちから出会ってしまったけれど、優しくしてくれる人がいて楽しかったなと思うようにしてみると多少は恋心にブレーキが掛かるはずです。

    そして少しブレーキが掛かったなら、自分の子供と向き合って関係を密にして見てください。 あなたには彼や友人などがいるかもしれないけれど、お子さんはあなただけが頼りだと言うことに気付いてください。

    しかし、彼と離れる必要があるのは本当は勿体無いからで、この彼がいたら他の人とお付き合いができないし、他の人があなたを好きになる隙間がないからです。 離れなければとか別れなければと言う切羽詰った気持ちではなく、愛してくれていない人の優しさにすがっているのは勿体無い人生の過ごし方だとお考えくださいね。

    メールや電話など何でもいいから孤独を癒したいのは本当の愛情ではありませんし、更に突き詰めるならばあなたの本心だって彼を好きではないはずです。 運命を変えるのはあなたご自身なのですから、寂しいとか話を聞いて欲しいと言うだけの関係を、恋や愛に摩り替えていると自堕落的な関係が続いてしまうのです。

    残念ながら男性はよく嘘を吐くと言う人がいますが、これは反論の余地も無く真実です。 よくあることですが、体調が悪いから仕事を休んでいるのに遊びには元気満々に行ってしまうとか、飲み会に行くのに「仕事だ」と言ってみたりします。

    こういう嘘を問い詰めてしまうと喧嘩になるのですが、男性を理解する上で嘘を吐くのは見栄を張るのと同じ同義語だと思ってください。 男性によってはとても正直に何でも話せる人もいるし、心配をかけてはならない相手ならば言い方を変えるように配慮をする男性もいます。

    過剰にナンデモカンデモ嘘と思うのではなく、その人の癖を分かっていくことです。 相手に心配をかけたくない時や問い詰められそうな時には、あえて言葉を変えることもあります。

    ここで判断基準があいまいだけど重要なのは、大きな嘘を吐かないのであればそれは癖として受け止める必要もあります。 しかし、大きなことでも嘘を言い続けるのならば、その人は本当に単なる嘘吐きかもしれません。

    大切なことですが、自分の方が何でも正直にと思いすぎていると、相手が少し曲げて言うことがあっても暖かく見守れず、許すことができなくなるのは怖いことです。 そうなると相手を信じられなくなるし、相手も信じていないそぶりから信頼を築きにくくなります。

    その結果として、ますます隠し立てをするようになります。 男性が飲み会に出かけるのに仕事と言ったとしても、浮気をせずに呑むだけならと言う寛容さが無ければ、その時は破綻が待っているだけかもしれ無いのです。 極端に言えば、グレーな部分があるようだけど、任せてあげ退場は追及しないと言うところは必要だと許すことです。

    ただし、許すと言っても限界があり、相手が風俗や浮気を繰り返して嘘を吐くとか~お金の面でだらしなく借金だらけと言うのは見栄ではなく嘘の範疇です。

    何でも正直に話してくれる相手は自分を信頼してくれるから頼もしいものですが、そういった関係を築きたければ問い詰めずに褒めるのも必要になります。 問い詰めれば問い詰めるほど相手は嘘を吐く理由を強化させていき、最後には正直に言っても問い詰められそうだと不安になることで更に嘘を吐くようになるのです。

    それを防ぐには「そうだったの、言ってくれてありがとう~。」という感じで、本当のことを言っても大丈夫なんだとホッとさせる経験を積ませなければなりません。 相手が嘘を吐くのは問い詰められた経験が蓄積されて、「あぁ~、問い詰められる」と怖くなって言えなくなるの繰り返しになります。

    「また嘘を吐いたじゃないの!」と言うよりも、「そう、言ってくれて大丈夫だよ」の方が、ずっと気持ちよく正直になれるのです。

    実は女性よりも男性の方が自己防衛本能が高く、無意識の中で意識が争いそうな時には話を避けるようにしがちなことを見守ってあげると、相手のことが許せる範囲が広がります。

    あなたは男性の嘘を、ドコまで許せますか?

    ( ^ー゜)b グッ!
    関連記事

    PageTop