徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    特別扱い。

    おはようございます。 今日は素晴らしい青空な土曜日ですが、今週は出張もなく事務所で普通に鑑定しています。 おかげさまでたくさんのお客様にお越しいただいておりますので、今日も朝から夕方までてんてこ舞いで嬉しい悲鳴です。 

    私はいつも思うことのひとつが、今は不況ではあるけれど不景気ではありません。

    商売上の戦略として間違ってはいないけれど、人として正しいかどうかは分からないような思いを抱かせるのは、そのお店や会社のしていることが間違っている可能性が大です。 本当に必要とされているのであれば、その会社やお店には存続する意義があるから潰れるわけがありません。

    流行るお店に理由はないけれど、流行らないお店には理由があります。 流行る理由が無いと言うのは適当やマグレと言う意味ではなく、自然と流行る状態に出来るだけのことを日常的にしている、その自然体こそが流行る理由だと思うのです。

    自分以外の人を見た時にうらやましいという気持ちになるのは仕方が無いのですが、それは事実にだけ目を向けて真実に目が向いていないからです。

    派手に宣伝や広告をしているお店を見たら「あぁ、流行っているんだなぁ~?」と思うかもしれませんが、それは目先の派手さに真実を見失っているだけです。 本当に流行っているお店であれば広告や宣伝をする必要が無いと言う真実に気付かず、派手に宣伝をしていると言う事実にだけ目を向けているのです。

    世の中は一筋縄ではいかないのですが、他人の懐具合は見ただけでは分からないのに「あそこは儲かっている」とか「あの人はお金があるから」など、自分の考えていることを真実だと思うのは早計です。

    儲かっているように見える会社やお店は派手に見えるけれど、銀行の融資などでお金が回転しているだけの自転車操業かもしれません。 お金があるように見えるのはローンを組みまくっているだけで、その裏では返済に必死かもしれません。

    それにもうひとつの見方として、頑張っている部分を見落としているのですが、裏では必死の努力をしたり~寝る時間も削って働いたことによりお金を得ているのかもしれません。

    人には不思議な感覚と言うか能力が備わっているので、普通にしていると嘘か本当かの認識は間違いなくできます。 ただし、認識は出来るのですが、判断を間違ってしまうのです。

    よくある戦略ですが、広告するにあたり有名人や芸能人が訪れるお店と言うのを売りにして、「うちのお店には有名人が来るからすごいだろ!」とやるのですが、不思議なことに一時的には流行るのですがすぐに閑古鳥が鳴いてしまいます。

    お客様を馬鹿にしてはいけないのですが、広告宣伝で有名人に来てもらっているのは「本物じゃない」という、浅はかな部分を払拭できていないのに背伸びをするから続かないのです。 逆に考えると芸能人だからと言って特別扱いするお店が本当に良いお店とは限らず、一般のお客様に対しては態度もでかい嫌なお店が多いです。

    あるイタリアンのお店は東京で芸能人御用達のお店として紹介されて、超一流とTVでは紹介されていますが中身は全然違います。

    その芸能人の方を仮にSさんとしますが、Sさんはオリーブオイルやチーズが苦手なので必然的にイタリアンは苦手となります。 シェフはSさんに出す料理を決めるのに、Sさんの経営するお店に行ってSさんの好きな物を調べて、Sさん専用スペシャル料理をTVで披露して、イタリアンが苦手なSさんに「さすがや!」と言わせていました。

    これはこれでヤラセ(ショー)として見れば面白いのですが、これはあくまで芸能人のSさんに出す料理だからオーナーシェフは一生懸命にしただけで、一般の人にここまでするわけがありません。

    それにオリーブオイルをサラダオイル~チーズをパン粉に置き換えて、それでイタリアンと言えるのかと聞かれた時にシェフが「そんな固定観念は必要ない」と答えていました。 残念ながらこれこそが実力の無い証拠で、東京にはオリーブオイルを感じさせず~チーズを感じさせず、使っていること自体を感じさせない凄腕のシェフがゴロゴロいます。

    「使わないのではなく、使うけれど感じさせない。」 これこそが超一流の証であり、TVのヤラセ(ショー)では出来ない部分なのです。

    特別扱いするのは個人の勝手だからいいけれど、お金も払わずタダ飯食っている芸能人と~きちんとお金を支払ってくださる一般の方々と、どちらを大切にしなければならないのか、その辺の見極めが信念となってお店の雰囲気を作り上げると思うのです。

    私は「天海祐希さんやタカラジェンヌがお客様」とか、「大塚愛さんや歌手がよくきている」など、そんなことをHP上に書いたり言ったりするつもりはありません。

    これから先もそんなことを自慢して売りにするつもりはありませんし、誰が来ているかなんて言うのは守秘義務に違反する行為なので、私のところへ誰がお客様として来ているなんて要請がない限り公言することはありません。

    そういうことを売りにしている占い師さんに、「芸能人を鑑定している占い師さんは偉いけれど、一般の人を鑑定している占い師さんはダメだ!」とでも言いたいのかと、私は問いたいです。

    「誰が来ても普通に極上のサービスをする」のが本物であり、相手によって態度を変えるのは人間として心が貧しい証拠です。

    あなたは芸能人だけ特別扱いするお店、それをどのように感じますか?

    (*⌒∇⌒*)テヘ♪
    関連記事

    PageTop