徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    素直。

    おはようございます。 今日もこれから鑑定ですが、素敵なお客様の前にはバラ色の道が開けていて素晴らしい一日の始まりを予感させると思います。 あなたの未来は必要とされる道が待っているのだから、一休みしたらゴールで待つ人の元へ歩まなければならないのです。

    今回の東京で時間が余った時に島根の女子大生バラバラ殺人事件について聞かれたのですが、犯人は捕まる可能性が大でも親がメンツを優先して弁護士に「心神喪失で責任能力がない」とやりそうです。 犯人像について書きたいのですが、実は類似点が多いリアルな○○がいるので書いていいかどうか迷っています。

    本当に世の中は一筋縄ではいかないのですが、商売が繁盛しない人、仕事が上手くいかない人、人間関係で悩んでいる人、恋がうまくいかない人、色々な人が色々な悩みを抱えて私のところへお越しになります。

    年間で言うとかなりの人数のお客様とお会いしているので、おのずと人と会うことがひとつの勉強になります。 そうなると運の良い人と悪い人の共通点みたいなものが浮かび上がってくるのですが、まず目に付くことは運の良い人は素直だと感じることが多いです。

    素直とは辞書で引くと、ありのままで飾り気のないさまとか~性質や態度などが穏やかでひねくれていないさまと書いてあります。 これは開運のひとつでもあるのですが、占い師や祈祷師に御祓いをしてもらうヒマがあれば、目の前にいる人に対して素直になることの方が大切だと思うのです。

    分かりやすく言うとあなたが誰かに仕事を頼んだ時に、「はい」と気持ちよく引き受けてもらうのと「えぇ~」と言いながら渋々受けてもらうのと、どちらを感じの良い人と思うのかが答えです。

    人に好かれると言うのは大切ですが、嫌われていると何をしても嫌われてしまいます。 良いこと言っても~地位や収入が上でも~はてはボランティアをしていても、嫌われていると人はあなたのことを認めようとはしないのです。

    アレヤコレヤと屁理屈を言う人と素直にウンウンと聞いてくれる人、あなたが友だちにするならどちらが良いかと言えば、素直にウンウンと聞いてくれる人を選ぶはずです。 よほどの変わり者の人なら屁理屈を言う人を友達にしたいと思うのかもしれませんが、私は屁理屈を言う人とは友だちになることは難しいです。

    素直な人は誰にとっても喜ばれると思うのですが、素直と言うのはひとつの美徳でもあるし~とても大きな武器にもなると思います。 ただし、いくら素直でも笑顔でなければ意味がないのですが、素直に「はい」と気持ち良く言える人が無愛想で不機嫌と言うことは余りありません。

    何の職業でもそうですが、人に物事を頼まれた時に「はいっ!」と素直に返事をして取り掛かる人と、「えぇ~、これをするんですかぁ?」と言いながら渋々する人では、同じ内容の仕事をした時でも相手が受け取る印象が全然違ってきます。

    素直に「はいっ!」とした人は「ありがとう!」と喜ばれることが多いでしょうが、「えぇ~?」と言いながら渋々した人には「ようやく済んだのか?」と更に言葉を投げかけられるかもしれません。

    私は霊視カウンセリングに入る以前に結果が分かることがたまにありますが、それは予約電話の最中に分かる時もあるし、事務所や出張会場へお越しいただいたお客様を視た瞬間に分かる時もあるのですが、素直な人は素敵なオーラや雰囲気を身に纏うことが多いです。

    上手く行く時にはトントン拍子と言う感じであれよあれよと転がりますが、上手く行かない時には何をやってもうまく行きません。 その違いは何でかと言えば、素直かどうかが関係していると思うのです。

    例えば、私の常連様の中で商売をしている方に限定した場合、「お店が流行らない」と言う御相談でお越しになるお客様は余りいません。 この不況が叫ばれる中でも「社員を増やしたいんですが?」など、忙しいお店や会社が多いのは嬉しい限りです。

    しかし、私は神様ではないから100%の絶対と言うわけでもなく、「お店が流行らない」とか「売り上げが無くて未来が暗い」などの御相談も当然あります。 同じ常連様のはずなのにどうして差が出るのかと言えば、それは素直に聞き入れるかどうかと言うことに尽きるのです。

    私は経営の御相談において、「言葉使いを改めましょう」~「お見送りを丁寧にしましょう」~「面白い引き付けるプレゼンが急務です」~「健康サンダルで接客するのは止めましょう」~「自分が楽してお客様に負担を掛けるのを止めましょう」など、出来ていない点を改善するようにお話します。

    それを「○○だからできない」とか「□□だから無理」など、できない理由やしたくない理由を挙げて反論するのは、難しいからではなく面倒くさいからだと思うのです。

    周りの意見が全て正しいわけではありませんが、現状で行き詰っているのであれば他の人の意見を素直に取り入れること、それが未来へ向かってバラ色の道が開けてくることだと思うのです。

    あなたは素直さについて、自分を振り返ることが出来ますか?

    ☆ヾ(-Θ-:) アレアレ?
    関連記事

    PageTop