徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    命の重さ。

    おはようございます。 素敵なあなたがブログを読んでいると言うことは命があるからですが、命があるのは度重なるラッキーが続いている奇跡の積み重ねが命だと気付いて頂きたいと思うのです。

    発展途上国では食べ物や水が無くて死んで行くこともありますし、生まれてくることすら叶わないことも多々あります。 日本に生まれてくるということは、それだけで強運の証拠だから感謝が必要だと思うのです。

    人の命は地球より重いと言う言葉がありますが、命の重さとは周りにいる人が決めるものです。 何故なら今の人類の状況は本人ではどうしようもないことを、周りが決定権を握っているのが実情だからです。

    命を軽く思う人ばかりなら生きていられない状態が続きますし、命を大切に扱うのであれば責任を持って育てていくことが可能になります。 これは人ばかりではなくワンちゃんやネコちゃんの命も含めて言っているのですが、人はどうして自分のこと以外になると軽んじてしまうのかが不思議です。

    先程のワンちゃんやネコちゃんなどは、飽きたら簡単に捨ててしまうと言う発想が信じられません。 子供が出来ないように避妊手術をするとか、ペットショップで無責任に買わないなど、「命を大切にする」ことは身近な部分でいくらでも学べるのです。

    私のところへ生まれてくる子どもの未来について御相談に来られた時、私は立場上だけではなく人として中絶をお勧めすることはできません。 自分達が勝手に作っておきながら自分達の都合で堕胎させるなんて、「大切な命をなんだと思っているのか!」と憤懣やるかたないのです。

    マザーテレサさんであればダウン症や未熟児として産まれた場合でも、差別せずに大切に天使としての扱いをしてくれると思うのです。

    昔の話ですが「元気な孫は可愛いけど、ダウン症の孫は可愛くない。」と言ったお客様に、「あなたはそれでも人間ですか?」と言って激怒させたことがあります。 私も言いすぎなのかもしれませんが、こんなことを人として言っていいのかどうかを年配の方は少し考えて頂きたいと感じたのです。

    マザーテレサさんであれば子供に限らず人として差別はしないと断言出来るし、愛と言うことの本質について気付かせてくれるとも信じています。 ただし、マザーテレサさんの考えに前面的に賛成と言うわけではなく、この妊娠~中絶に関してはマザーの意見と私の考えが少しずれる部分も~ホンの少しですがあるにはあります。

    ひとくちに中絶と言っても岡山県北で年間に数え切れないくらい発生する○○事件のような、望まれない妊娠に関しては大切な命ではあるけれど止むを得ないのかもしれません。 人道的な問題もあるけれど「誰が責任を取るのか?」について、関係ない部外者が理屈を振りかざすことはできない難しい部分だと思うのです。

    お越しになる素敵なお客様より「産んでもいいですか?」とか「無事に産まれてきますか?」と聞かれることがよくありますが、その時には「大丈夫です。」としか言いません。

    大切な命がこれから生まれてこようとしている前から不安にさせることは出来ないし、その辺の怪しい占い師が「これさえすれば大丈夫じゃあ~!」と高額な祈祷やパワーストーンなどの販売をするのは問題外です。

    私のところへ来るということは、未来へ希望を抱いてお越し頂いています。 どうにもならない時であろうとも、羊水検査で染色体や細胞に異常が認められた時でも、私のところへお越しになるのは希望の光を見いだす為にお越しになるのです。

    その希望の光となるべき霊視が、「絶望」と言う未来を簡単に告げることはできません。 私は産まれてきた子供の未来についてお話することはありますが、産まれてくること自体にアレコレ言うことは絶対にありません。

    もしも、「○○しなければ、この子は五体満足では産まれない~!」なんて脅かす占い師やスピリチュアルカウンセラーがいたなら、遠慮なく私のところへきてください。 素敵なあなたの希望を打ち砕く、そんなヒドイ占い師やスピリチュアルカウンセラーのデタラメな発言は、全て打ち砕いてお客様の心に希望を灯す霊視をしたいと思います。

    私は岡山県内だけで通用する霊視カウンセラーや占い師ではなく、日本全国で最後の砦となれる霊視カウンセラーでありたいと思うのです。

    あなたが生まれてきているのは、大勢の人の助けがあってこその尊い命です。 あなたが生まれてくることを望んで、あなたが元気で育つことを望んで、あなたがいることを幸せに思う人がいるからこそ生きているのです。

    生まれてきた我が子のことを精一杯抱きしめてあげるのがあなたの役目だし、何があろうとも守ってあげるのも親の役目です。 そして人として間違った道へ進まないように厳しくするのも親の役目だし、親の役目と言うのは生きている限りは数え切れないくらいあるのです。

    命の大切さと言うのは個人個人の裁量により大きく違ってきますが、その根底にあるのは相手に対する思いやりだと思うのです。 自分のことだけではなく相手のことも考える気持ちが、心の清らかさと気持ち良さを生み出していくと思うのです。

    あなたは命の重さを、どのように考えていますか?

    (・・、)ヾ( ̄ ̄ ) 大丈夫!



    お知らせ:素敵なお客様のおかげで業務多忙の為、ブログの更新は7日(月)から再開します。 予約の受付はしておりますので、遠慮なくお気軽にお申し付けくださいね。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m
    関連記事

    PageTop