徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    上品な行い。

    おはようございます。 今年最後の東京出張も無事に終わりましたが、素敵なお客様のおかげだと感謝の気持ちで一杯です。 おかげさまで予約の電話も好調ですが、残念ながらガリレオには負けます。 昨夜も8~9時の間は予約電話が14件なのに対して9~10時の間は2件なので、福山雅治さんの人気にはお手上げ状態です。 (苦笑)

    ヤッパリ生き方がカッコイイと言うのは礼儀正しくないとダメですが、さりげないマナーと言うのは後で自分を助けてくれます。 上品な行動や行いと言うのは意識と訓練により改善することは出来ますが、下品な行いや行動と言うのは地でやらないと無理です。

    実は上品な行いと言うのは、やっている方も気持ちが良いから次々と習得していけます。 そして自分はこうしようというのが自然と学べるから、品格やマナーと言うのは努力次第でいくらでも身に付くのです。

    その一方で下品な行いと言うのは、根底にある人間性が下品でないと出来ないのです。 下品な行いには恥ずかしいという気持ちが芽生えるので、普通の人は「あんなことできない」とブレーキが掛かります。 ところが地の部分で下品だと周りが引いてしまうようなことも平気で、「それが何か悪いの?」と逆に聞かれてしまうようになります。

    例えば、タバコを吸っている人にとって煙は平気ですが、吸わない人にとって煙は大迷惑です。 しかし、タバコを吸う人は吸わない人に「オマエも吸えばいいじゃん」とか「吸わない方が悪い」など、「吸わない方がおかしい」という考えでいるから禁煙派と喫煙派の争いが終わらないのです。

    相手のことを思いやれるのであれば、公共の場所では吸わない~妊婦さんの前では吸わない~子供の前では吸わないと、人としてのルールが自然とできるはずです。 そういうマナーがタバコを吸う人に出来ていれば、今のような厳しい条例や規則にまではならなかったと思います。

    人間社会と言うのは善なる世界でいると幸せですが、悪意のある世界でいると心がギスギスしてきます。 もしも、山で遭難した時や災害にあった時に目の前に食料があったとして、それをみんなで分け合えば足りなくなることはありません。 足りなくなる時と言うのは「奪い合う時」だけで、自分だけ得すると言う考えでいるといつまで経っても足りなくなるのです。

    海外では移住とかは当たり前のようなところがあり、どちらかと言えば狩猟系として土地を転々と移動することに違和感がありません。 それに対して日本の場合は、農耕系として土地を大事にする傾向があります。 それにより自慢で言う人が多いのですが、「駅から自分の家まで、他人の土地を踏まずに帰れる。」と言って、いかに土地をたくさん持っているかを揶揄する会話があります。

    こういう会話が人としてのステイタスと言うか自慢になるのは誠にいやらしいのですが、この会話をいやらしいどころか誇りや自慢にするのは恥ずかしいことです。 日本の歴史を紐解いてみれば分かるのですが、土地をたくさん持っているのは殺戮や摂取など、他人に酷いことをしているから土地を手に入れることができます。

    つまり、土地をたくさん持っていることを自慢するのは良いけれど、土地の面積だけ人を泣かした歴史があるのを忘れているのです。 先祖が酷いことをして手に入れた土地を子々孫々が後生大事に持っているので、自慢するのはいいけれど「どうやって手に入れたのか?」が抜け落ちています。

    下品な行いと言うのは理性が無い状態でDNAに組み込まれているから、意識して上品な振る舞いをしなければ表に出てくるのです。 地が出ると言われるのは良い意味で使われるのではなくほとんどが悪い意味で使われるので、下品が地となるのではなく上品が地となるようにしなければ意識の向上はありません。

    自分が下品なことをされたら気分が悪いと思いますが、上品は開運にもつながるのです。 下品なことばかりしていると運が悪くなりますが、上品な行いや気持ちの良い仕草をしていると自然とラッキーになります。

    今年は飛行機での出張に切り替えてJRよりも遥かに移動が快適ですが、さすがに40回も搭乗すると色々な男性を目にします。 東京⇔岡山便のクラスJにはビジネスマンや年配の男性がほとんどですが、機内で携帯電話を使う~靴を脱いで裸足になる(裸族?)~人を押しのけて自分だけ先に降りようとするなど、数々の行為を目にして呆れてしまいます。

    イイ歳したビジネスマンや男性のマナーが悪いのは、人間として恥ずかしいのに気が付かないのは、良い歳の取り方ができていない証拠です。 また、客室乗務員の方を○○銀行~○○屋~県庁や教師など各公務員の方々が、機内で「どういう口説き文句でナンパしているのか?」は新年会用のネタになりそうです。 (苦笑)

    飛行機をよく利用する男性のマナーが良いか悪いかの判断は簡単で、「客室乗務員の方から名刺を貰ったことがありますか?」と聞いて、「ない」と答えるようではマナーが悪い証拠です。 (すみません、業界では笑える話らしいです。)

    あなたは上品な行いについて、どのように考えますか?

    ヾ(*゚∇^*)ノ~☆
    関連記事

    PageTop