徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    JAL問題。

    おはようございます。 今日は政府が2000億円もの融資を決めたJAL問題について書いてみたいと思いますが、これは私たちの税金を何の承諾も無しで勝手に使うのがJAL問題の最悪なところで、「どうして助けるのか?」が国民的に分かりづらいと思います。

    昨年4月から飛行機での出張が増えたのですが、私は運行ダイヤの関係でJALを使う方が便利なのですが本音はANAを利用したいです。 税金を使ってまでJALを助ける必要があるのかと言えば助ける必要はありませんが、政府は「意地でも助ける」ので税金の無駄使いは決定かも…。

    では、どうして国は助けるのかと言えば「自分達にとって美味しい」からで、献金や搭乗に際して特別扱いなど、JALは政治家やお金持ちに便利な企業です。

    第二次世界大戦後、GHQにより全ての日本国籍の航空機運航が停止されました。 そして1950年6月にGHQは日本の航空会社の運航禁止解除の決定をして、1951年1月に「日本航空創立準備事務所」が開設されました。 1951年3月に国内航空運送事業の免許を申請、1951年8月に「日本航空株式会社」として設立されたのが始まりです。

    しかし、これは日本政府主導による半官半民の体制だから許可が下りたのであり、完全なる民営ではGHQが許可しなかったので仕方がないとは思いますが、JALは半国営企業が始まりだったのです。

    さて、年金減額に反対する厚かましいOBたちには困りものですが、今の年金を貰っているOBたちが過去の赤字を作った張本人なのに、「経営責任がある」と現在の経営陣に文句を言うのは筋違いもはなはだしいです。 おまけにJALには地上職~整備職~パイロット~客室乗務員など、職種別に8個も労働組合があるので抵抗が激しいのです。

    その労働組合の中でも特に抵抗が激しいのが「日航5労組」で、乗員組合(パイロット)や客室乗務員組合(CA)や機長組合などが手を組んで抵抗しているので手に負えないのです。

    これらの組合は過去にも過度な給与UPや待遇改善を求めて大々的なストを行ったり、特定の政党や左翼活動家と関係を持つなど過激な行動が多く、この5労組の切り崩しこそが再建にかかせないと分かっているけど、大変なことなのでJALの西松社長は頭が痛いのです。

    JALがいくら経営再建と言ったところで、日航5労組は「安全の為に十分な休息を取る必要性がある」として、移動の時はグリーン車&ファーストクラス~通勤はハイヤー&タクシ-~更にホテルはスウィートルームだから、今こうしている間にも湯水のようにお金が出ています。

    例えばJALのパイロットは家の前までハイヤーが迎えに来て通勤が当たり前、同じく客室乗務員も一人ずつタクシーで通勤するのが当たり前、一般の会社なら「ハイヤーやタクシーで毎日通勤」するなんてあり得ないです。 ANAは小型バスをANA社員が交代で運転してパイロットやCAの自宅を順番に回り、みんなで乗り合わせるという経費節減をしています。

    こういうことをマスコミはもっと報道するべきで、JALは年金減額ではなく年金ゼロが当たり前で、世間の大部分の方は電車など自力で通勤しているのだから贅沢を控えるべきです。

    また、JALは正社員と契約社員の差別が激しいのも特徴で、最近は契約社員経由で正社員になるケースが多いのですが、裏では「新正社員」と呼ばれ差別されています。 どちらかと言えば最初から正社員の方が偉くて、契約社員経由だと奴隷みたいな扱いを受けることもあります。

    JALでは有名な話ですが契約制客室乗務員とパイロットが関係を持った時、組合員でない契約制客室乗務員はすぐに契約を切られて退社を余儀なくされました。 独身の客室乗務員に対して妻帯者のパイロットは同義的責任が大きいにもかかわらず、訓戒で終わったのは正社員優遇&男尊女卑だからです。 (注:国の税金を使って、スウィートルームで何しとるねん!)

    JALは政治家やお金持ちを優遇しますが、ここ最近の羽田⇒岡山便は1~5列目までガラガラです。 しかし、6列目以降は凄く混雑していますが、それは一般会員や一般乗客には6列目以降しか開放されない為です。 つまり、「6×5=30人分は空席のまま」で平気だから、こういう部分も改善しない限り税金投入はダメです。

    ANAの方は前日~3日前よりブロックしてある席も開放され満席にして飛びますが、JALの方は政治家やお金持ちなど上客(太客)以外には席を開放せず空席だらけで飛ぶことになります。 ANAでは一般会員でもある程度前方の席が指定できますが、JALは上級会員やお金持ちや政治家以外は後ろの方の席しか取れないのでJALの姿勢は最低です。

    おまけに最近のJALは少々怖いのですが、先日乗った飛行機はイヤホンが壊れたままで~更に窓枠も内側が外れたままでした。 イヤホンが壊れたままなのはまだしも、内側の窓枠が外れたままなのは機密性の面からさすがに怖いです。

    昨日も新千歳空港発⇒新神戸行のJAL機が左エンジン停止で緊急着陸をしましたが、私は整備不良による部品の欠落だと視ています。 表向きの発表はバードストライクになっていますが、エンジン全体を交換するほど内部が壊れているので鳥じゃない証拠です。

    予約と整備不良の件で4月からANAに変える決心が付きましたが、それまでに何便か墜落しないかとヒヤヒヤしています。 (苦笑)

    あなたはJAL問題を、どのように捉えていますか?

    ヾ(*゚∇^*)ノ~ ドウ?
    関連記事

    PageTop