徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男性心理~④。

    おはようございます。 素敵な人と出会いたい、恋をしたい、彼が欲しい、結婚したい、これらは誰しも願うことですが、誰しも叶うことでもあります。 叶わないと言うのならな叶わない何か、叶うと言うなら叶う何か、それが自分自身へ作用しているからだと思います。

    人は知らない間に行動してしまう、お腹が空いたら自動的にご飯を食べようとするし、喉が乾いたら自動的に水分を取るとします。 これは誰でも叶うことですが叶うだけの行動をしているからであり、何もせずにご飯や水分を取れる訳ではありません。

    働いてお金を得て、買い物へ行って材料を買い、そして調理して器に盛り、それから食べてお腹を満たすことになりますが、これだけの順序を踏んで行くからこそ食べられるのです。

    結婚したいなら恋愛をする、恋愛をするには誰かと出会う、誰かと出会うには「出会う場へ行く」で、部屋の中へ居たり女子会をしていると出会う場へ行くことはできません。

    そういう時間も大切なのは分かりますが、恋愛したい結婚したいと思うなら自分の世界から外へ飛び出す、そのホンの少しの勇気があなたを素敵な彼と結び付けます。 男性は女性と違う生命体で、それを母親のように、姉のように、妹のようにと、あの手この手でなだめすかして成長させて行く「実写版たまごっち」です。

    男性心理とは難しく考えると難しい、簡単に考えると簡単と言う風に、同じ事柄でも違う面から見ると全く違って見えます。

    男性心理としては難しい話は苦手だし、女性の立場を理解するのは面倒だし、自分が連絡した時に電話に出ないと機嫌が悪くなるし、自分が電話に出られない時に電話があると機嫌が悪くなる、そういう部分を総称して男性心理になります。

    全員に当てはまる訳ではありませんが男性より女性の方が圧倒的に許容範囲が広い、これは間違いなく男性の方が心の狭さは上であり、相手のしていることが許せない気持ちはなかなか収まりが付かず、いつまでも「あの時は~etc。」と持ち出してくるので、「ごめんなさい」と言う言葉が一番の特効薬です。

    世間では「悪くないのに謝れない」と言う言葉がよく出ますが、男性の場合は「悪くても謝れない」がほとんどで、悪くても謝れない人に「話せば分かる」なんてことはあり得ないのです。

    「ごめんなさい」と言うヒトコト、女性が放つ「ごめんなさい」は男の悪くても謝れない気持ちを少しだけ沈下させ、時間が経てば更にごめんなさいと言われたことを考え始め、「ひょっとして、俺が悪いんだろうか?」と、ようやく反省し始めるのが男性心理なのです。

    男性心理から考えると付き合いたい女性と結婚したい女性は変化しますし、20代と30代でも理想の相手は変わります。 そこのところを理解しないと「前はこうだったのに?」と彼の変化に戸惑い、どうしてなのかと悩むようになります。

    男性心理として「付き合いたい女性」とは、ほんわかと温かさを感じる女性、少しドジなところがありゆるい感じがする女性、これらに共通する点として「守ってやりたい+一緒に居て楽だし癒される」と言うことです。

    そして付き合い始めたのはいいけれどすぐに別れたり、逆に長く付き合っているけれど結婚へ繋がらない、どうしてこうなるかと言えば「結婚したい女性」では無いことに気付いて、別れる気はないけれど結婚する気も無いと言うグレーゾーンに入るからです。

    男性心理として「結婚したい女性」とは、しっかりと身の回りの世話をしてくれて、イザと言う時に自分で何とかしてくれる、そして時には甘えさせてくれる女性と言うのが理想に変わります。

    この時点で「?」となるはずですが、付き合いたいと結婚したいでは理想の女性像が真逆になっている、それが男性心理の矛盾したところです。 (なお、20代と30代での違いは外見と内面の差で、年齢が上がれば上がるほど内面重視へと変貌します。)

    外国の諺と言うか哲学と言うか微妙に男性心理を言い当てている言葉があり、男性に取って理想の結婚生活とは、妻となるべき女性が自分の理想となることです。

    日本風に翻訳して見ると、「妻は、夫が若い時には愛人のように、夫が中年の時は友人のように、夫が年を取ったら看護師のようになれ」と言う言葉、これは物凄く男性心理を言い当てていると思います。

    これは男性に取って100%自分に都合の良い言葉ですが、実は女性からすると「夫の賢い操縦方法に他ならない」のです。 この言葉を逆に使うことで男性心理をうまく操縦できれば、末永く幸せな結婚生活が送れると思います。

    素敵なお客様より「理想の夫婦像とは何か?」と問われたら、「お茶が欲しいなと言った時、今入れようとしたところと答える。 寒い夜だなと言った時、寒い夜ですねと答える。 そういう阿吽の呼吸が伝わる夫婦」が、理想に近い夫婦像ではないかと思います。

    男性心理は少年のような我儘とお年寄りのような頑固さが、予測できない速度で入れ替わっていると考えれば、そんなに難しくないと思います。

    あなたは男性心理、どれだけ理解できますか?

    ( ̄▽ ̄)。o0○ ポアン



    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は17日(火)より再開いたします。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m
    関連記事

    PageTop