徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    後悔する。

    おはようございます。 今日と言う一日を過ごすのは、今日と言う日を生きているからです。 これを当たり前に思う人は幸せの本質が分かっていませんが、何も起こらず生きていけるのは本当は幸せなことです。

    御相談に来られる素敵なお客様を視ていると、その人生の素晴らしさに感動を頂いております。

    何かをすれば何かが変わるし、何もしなければ何も換わらない。 物事はプラスとマイナス、押せば引く~引けば押すと言うごく当たり前の道理があり、それは誰しも分かっているけれどすぐには踏み出せない勇気の一歩です。

    多くの人を拝見させて頂いていると思うことのひとつ、やれる時にはやっておく、する時にはする、思ったことには取り掛かる、これは同じことを言い方を変えただけですが、やりたいことはやるべきです。

    年配の方を拝見した時にはほとんど感じるのですが、「後悔していること」が多すぎます。

    その後悔の中身も90%が同じことですが、「やらなければ良かった…。」と言うことよりも「やっておけば良かった…。」と言う方が、圧倒的に多いのが人生です。 色々な人生をお伺いする度に思うのは、後悔することが人生において一番駄目と言うか、時間を元には戻せないことを実感する時なのです。

    20代の時には20代の、30代の時には30代の、「やっておけば良かった…。」が出てくるものなのです。

    お店を出したい夢があるならば、お店を出す為の努力と言うよりも行動をしないといけないのです。 努力は大事ですが、ゴールを決めずに走るマラソンは倒れてしまいます。 それと同じでゴールを決めずに行う夢は、叶う前に疲れて倒れてしまうのです。

    大学受験とか資格試験を受けたことがある人は、合格と不合格の差が頭の良さや努力だと思っているのであれば、それは不合格への道を辿っていくことになります。

    岡大の法学部へ入りたいのであれば、まずは「岡山大学法学部へ入る」と言う思いを持つことが重要なのです。 頭の中で岡大のキャンパスを歩いているとか、教室で講義を受けているなど、ワクワクしてくることを想像できるかどうかが一番の決め手です。

    本番に強いと言う言葉がありますが、これはまさにイメージがはっきりしている人が強い証拠です。

    自分がどこで仕事をして、どのような業務内容をして、誰とどんな風に話しているなど、細かいことが次々と浮かんでくるようであれば、それは夢が叶ったも同然のこととなります。 思い描けないことと言うのは、叶わないから思い描けないだけなのです。

    オリンピックの100Mスプリントを見て、「9秒台で走るなんて凄いなぁ~!」とは思います。 しかし、「悔しい! 私なら絶対に8秒台で走るのに!」なんて思いません。

    目の前の出来事や仕事内容を見て悔しいとか、もっと改善できるからこうすればいいなどと思うのは、それは才能が隠れているからに他なりません。 興味のないことに一生懸命にはなれませんが、内に秘めたる才能が隠れているからこそ興味を持てるのです。

    90歳になった時に「あの時、もっと冒険しておけばなぁ」と思うのであれば、その時に30代の自分を思い返して後悔しないだけの、チャレンジや行動が人生を作り上げるのです。

    20代や30代と言うのはいくらでも挑戦できる時間があるし、40代や50代でも早くはないし時間に余裕があるわけでもないけどまだ間に合います。 動かずに時間が流れていくままに身を任せて、「どうしてこうなんだろう?」と思うのが一番後悔します。

    周りの人を見た時に自分と比較して、「どうして上手く行かないんだろう?」と思う気持ちは分からないこともありませんが、それは相手の見えない部分の努力や苦悩を知らないだけなのです。

    私は資格を27個持ってはいるけれど、今後の人生において使うことはありません。 それでも努力したと言う結果と自信が今の自分を励ましてくれるし、「使わないから取らない」ではなく「使わないけれど取っておこう」と考え方が、いざという時の引き出しを増やせるはずです。

    やらずに後悔するよりも、やって後悔する。

    時間の配分は誰しも一日24時間ですが、ボォーとして過ごす24時間と一生懸命に生きる24時間では、その差が如実に現れても仕方がないのです。

    あなたは過去を振り返った時に、後悔する生き方をしたいですか?

    (゚∇^d) グッ!!
    関連記事

    PageTop