徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    分かる。

    おはようございます。 東京より無事に帰ってきましたが、昨日の飛行機も機材変更となって機体が差し替えられました。 JALが機体変更する主な理由は乗客数の減少か、整備不良がほとんどです。 社外には本当の理由は分かりませんが、分かると言うのは基本的にとても大切なことです。

    私はいつも思うのですが、人生は思い通りには行きません。 辛いことや悲しいこともあるし、自分の未来が見えなくなって行き詰ることもあります。

    私自身も未来が見えない時期が長かったので、お越しになる素敵なお客様の未来を視るお手伝いが出来るのはとても嬉しいです。 お話を伺うことで心が軽くなり、お悩みを減らせる~もしくはゼロにする、そのようなお手伝いができたなら私はものすごく嬉しいです。

    お客様のお気持ちを少しでも分かると言うのは大切なことで、素敵なお客様の悲しみを半分に~そして喜びを倍にできたら、未来が少しでも明るくなるのではないかと思うのです。

    適切と言う言葉があるけれど、何が適切かは人により違います。 世間的な考えで行けば25歳くらいから結婚して子供を生んでと言うのが、日本的な女性の幸せ像として確立されています。

    それにより結婚イコール幸せのような風潮ができているので、夢を追いかけていると日本的な考えからすると、規定路線から外れているように思われることも多いです。

    しかし、自分の人生は自分が主人公です。

    人生が2度あるのであれば、一つ目の人生は親や誰かの言うことを聞いて生きる、そして二つ目の人生は自分のしたいように生きると言うことが可能です。 ところが人生は1度しかないので、どのように生きるかは自分が決めておかないと後悔する人生になってしまうのです。

    私は「当たる霊視カウンセラー」よりも、素敵なお客様の「お気持ちが分かる霊視カウンセラー」でありたいと考えています。

    人生と言うのは何をどうやっても変わらないことがあるのですが、そんな時には的中率よりも心に元気や勇気が出る方が良いと思うのです。 簡単に言うと「当たるけど凹む占い師」と「当たらないけれど元気になれる占い師」の差で、どちらが良いかはお客様の好みによると思います。

    私は個人的にどちらかを選べと言われたら、「当たらないけど元気になれる占い師」を選ぶと思います。

    占いと言うのは的中する方がイイと思われがちですが、当てることを重要視すると悪いことも言わなければなりません。 悪いことと言うのは当てても仕方がないことで、起こる前に聞いて気持ちが落ち込み~そして実際に起こって「あぁ、やっぱり…。」と2度落ち込むことになります。

    これは考え方にもよるので、正解とか不正解と言うわけではありません。 どちらが好みかと言うだけであり、常連様の中には悪い未来を聞いて対策を講じるタイプの方もいます。

    また、男性鑑定をする場合は必ずしも良い未来ではなく、逆に厳しい意見の方が多いかも知れません。 それには理由があるのですが、男性がしっかりしないと愛する彼女や奥様を幸せにできないからです。

    彼女や奥様を守れないようでは男性として情けないし、結婚してからも奥様に「尊敬」されるようでなければ、「何の為に生きているのか」と言う部分で人生のダメ出しを貰うことになります。

    男性に限定した場合、ブログによく登場するN市のIさんや寄付の神様、最近で言うとMさんなどもそうですが、厳しい意見の中から自分の反省点を見つけ出して更なる向上と言うサイクルだから素晴らしいです。

    私は常連の方の場合は、「そろそろ予約がありそう。」とか「今はこんな問題が起きているのでは?」など、何回もお越し頂いていると分かるようになってきます。

    例えばN市のIさんの場合は、今頃ピンチかもしれないけれどしばらくすると乗り越えられるから大丈夫だろうとなります。 Mさんの場合だと、最近は新しい生活にも慣れて落ち着きつつあるし、春が来ているようだから東京タワーなど観光を楽しんでいるだろうとなります。

    話は戻りますが、人は生きているうちに分かり合えると言うことは少なくて、意見の相違があったり~考え方の違いで衝突したり、なかなか分かり合えることは少ないので分かり合える機会は大切だと思うのです。

    私は今後の人生においても素敵なお客様の気持ちが分かる、そういう霊視カウンセラーとして歩んで行きたいと思います。

    あなたは分かると言うことを、大切にしていますか?

    ミ☆(*^▽゚)v ありがとう!!☆彡
    関連記事

    PageTop