徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    効果の差。

    おはようございます。 今日も素敵な空を見つめていると、お客様の素晴らしい未来を暗示しているようです。 信念があるなら夢は叶うし~真心があれば恋は叶う、このように基本ができていれば叶わないことは余りないのです。

    占いもそうですが何かをした時に「効果がない」と言うのは、悔しい気持ち~悲しい気持ちなど色々な思いが駆け巡ると思います。 一生懸命に努力をしているのに成果が出ない、コツコツと努力をしても成就しない、自分の思い通りに描けない時には「どうして?」と言う気持ちはよく分かります。

    お願い事と言うのは誰しも胸の中にあるものですが、成就するかどうか効果の違いと言うのはどうして起こるのか、効果がないのは何が理由なのかを書いて見たいと思います。

    私は今年の1月1日に東京大神宮のお守り無料プレゼントを開催しましたが、これは占い師としてするべき当たり前の行為だと思っています。 素敵なお客様より大切なお金を頂くのだから、占い師は私利私欲の為にお金を使ってはいけないのです。 (好評だったので、2011年も御守りプレゼントと新年会は開催します。)

    私はお金が欲しい人には「先にお金を寄付してください。」とお話するのですが、運は先払いが基本だと思います。 先に自分が痛みを感じておいて、それから運命が判断したことが「幸運&ついてる」などと呼ばれるのです。

    私が色々な企画をしているのを他の先生方から見ると、「おバカなこと」に見えるかもしれません。 お守りプレゼントにしても普通の占い師さんなら先着3名様くらいで、しかも無料ではなく「何かを購入したらプレゼント」と言うのが関の山です。

    私は損得勘定で占い師をしているわけではなく「喜んでもらえるかどうか?」が心に満足感を与えてくれるのだから、そういう気持ちの良さを理解できない占い師では情けない話です。

    今年は先着33名様でしたが来年は最低でも先着44名様にするつもりですし、好評であればドンドンと増やして100名でも200名でもやります。

    占い師の先生方だけではなく経営者にもよく考えて頂きたいのですが、「お客様が来てくださる」と言うのが「どれだけありがたいことか」が分かっていれば、感謝の気持ちが絶えることはありません。

    何かをした時に「効果があるかどうか」の差がでるのは、本人の心掛けや行いの積み重ねによるものが大きいです。 同じようにしたところで、ドンと大きく返ってくる人と全然返ってこない人など、その差が出るのは日頃のコツコツが差になるとしか言えないのです。

    寄付を例に取ると本来の寄付とは見返りを求めてはいけないのですが、人情的には見返りを求めるのは仕方がありません。 私が色々な方を視ていると寄付やボランティアをしている人に戻りがあるのは、3年ほど継続してからのことが多いようです。

    しかし、3年待たなくても2年になり~1年になりと期間短縮する人がいるのですが、それは自分ができる限界までやって楽しいと思える人です。 私も寄付を始めてから1年半位して急激に運勢が変わり始めて、「こういうことなのか!」と目から鱗が落ちたようになりました。

    今は素敵なお客様の未来のお手伝いができた上に寄付もできる、これは極上の喜びとして私の心を癒してくれます。

    話は戻りますが、東京大神宮のお守りプレゼントをしてから今日で69日経過しましたが、あの中から既に4名の方が「彼が出来ました!」と御報告に来て頂いております。 (その中でも1名の方は以前からの知人と付き合い始めて、既に結婚の話になると言う急展開です。)

    これから徐々に「彼が出来た!」と言う御報告が増えると思いますが、お守りの効果の差も積み重ねが大事だと思うのです。 無料と銘打っているのに寄付を渡してくれた人、行列で待っている方がいるからと手際よく選んだ人、こういう行いがホンの少しの分かれ目だと思います。

    この事務所内は岡山県内で唯一のパワースポットだとネタで言っていますが、あながち冗談と言うわけでもありません。 (すみません、自画自賛でごめんなさい。)

    この事務所にお越し頂いている素敵なお客様だからこそ、彼が出来た~結婚が決まった~お店を出せた~東京で成功したなど、素敵なお客様に起こる奇跡は全てココから始まっているのです。

    いつも言うことですが、「私と縁がある人は強運の証拠」です。

    運が良い人は運が良い占い師さんと縁があるし、運が悪い人は運が悪い占い師さんと縁があります。

    あなたは効果の現れ方、その違いをどう思いますか?

    <(_ _*)> アリガトォ~!
    関連記事

    PageTop