徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    縁ある人。

    おはようございます。 あなたが生きているのは何かの使命があるからですが、それは紋切り型に答えのあるものではありません。 あなたが誰かの為に幸せを運ぶ代わりに、知らない誰かが同じようにあなたへ幸せを運んでくる、それが最上の関係なのかもしれません。

    人は人と関わることで生きていられるのですが、その関わり方が運の良し悪しを作り上げると思うのです。 昔の私は嫌われてギスギスしていたから情けなかったのですが、今は素敵なお客様にお会いできるから嬉しい限りです。

    「生きては人に喜ばれ、死んでは人に惜しまれる。」

    私はこのように生きていかなければと自分に問いかけているのですが、こういう人生を送ることが出来たなら、その人の人生は本当に成功だったと心から言えるかどうか、それに対する答えの違いが「欲と心」の違いだと思うのです。

    私は家柄や学歴や収入と言う面では、公務員や一部上場企業や地元で一番と言う会社へ勤めている男性には勝てません。 当然ですが2代目や3代目のように人の気持ちも理解できないのに、親のおかげで地位と収入だけはあると言う男性にも勝てません。

    しかし、私は悟りを開くところまではマダマダできていませんが、世の中は「人の為に生きる」と言うことが自分の存在を支えてくれると言う事実に気付いた感じは何となくあります。

    世界の偉人は何で偉人と呼ばれるのか、それはお金があるから言われたわけではありません。 確かにグラハム・ベルのようにお金持ちだった偉人もいるけれど、それはお金の使い方が素晴らしいと思われるからこそ偉人でありえたのです。

    それ以外の人も行いと言う部分で誰かを喜ばせる~誰かの役に立つ、これを実践していたからこそ偉人たりえたのです。

    仕事を例にとっても差が出るのですが、仕事ができる人が偉いわけではありません。 仕事ができるヤツと思われる為に、こういう時はほとんどが上司や社長に気に入られる為と言う場合が多いのですが、「自分の成果の為には何をしてもイイ!」と考えるのは、いくら仕事ができても目先の欲の為に人を泣かせすぎています。

    成果とかノルマとか色々な言い方はあるけれど、「仕事の為には何をやっても良い」と言うのは恥ずかしいと思わなければ人ではありません。

    私も30年ほど生きていると小さい時は色々な大人を見てきたし、社会人になってからは色々な同僚や上司などを見てきました。 霊視カウンセラーとなってからも最初の鬼門だった商店街、この時の色々な商店主と言う自我の塊も見てきました。

    このように心を失っても平気でいる人達を見ていると、自分が悪いと言う間隔さえ無くなるのは怖いことです。

    私は今だから分かるのですが運が良いとか成功など色々な言い方はあるけれど、人生にとって幸せと感じるのは人との関係が良好な時です。 誰かと話をしていても相手がニコニコしていて、私も同じように笑顔で話が弾んでいる。 こういう関係があちらこちらにできていると、人生における苦労は今すぐ半分になると思います。

    それなのに支えられた人間関係を自分の実力だと勘違いしている方々がいるのですが、それを人は社長とか上司と呼びます。 (笑)

    社長や上司と呼ばれる人~年長者とか役員と呼ばれる人でもいいのですが、地位などの力関係が作用して良好に見える関係を、いつまでも通用すると思い込んで命令するから最後には寂しい人生になるのです。

    人生には色々な出会いがあるのですが、俗に言う「気が合う」と言うのは最高の出会いだと思います。 年齢や地位やお金などではなく、気が合うと言うのは素晴らしいことです。 実は人の脳と言うか感覚は自動的に「好きと嫌い」を振り分けて、それを「縁がある人」と「会いたくない人」に分けてしまうのです。

    つまり、脳が快感を得る状態では「縁がある」と思い、不快な状態では「縁が無かった」と結び付けてしまうのです。

    人が一生に出会うチャンスと言うのは限られているのですが、限られたチャンスであれば良い人に会わなければ時間が勿体無いし、出会う人全てが良い人なら人生が楽しくてしょうがないと思えます。

    人は意外と相手との縁や繋がりを大事にしないのですが、その縁や繋がりを大切にできているかどうかで縁には大きな差が出ます。 今の時代はメールや電話など相手と簡単に繋がるツールはたくさんあるのですから、相手の投げ掛けに対して返事をするのは難しいことではありません。

    メールが来たら返信をする、電話が掛かってきたら折り返し電話をする、そういう相手の投げ掛けに対して投げ返すと言うキャッチボールが、いつのまにか自然と縁を広げていくことになるのです。

    相手と縁や繋がりがあることに対して感謝の気持ちがあれば、その投げ掛けに対して無視することはありません。 無視すると言うことは相手との繋がりや縁を、どうでもイイと言うか~眼中に無い状態にあるから、そういう方との縁や繋がりを後追いしてはいけないのです。

    あなたは脳が快感を得て、縁ある人を増やせますが?

    (゚∇^d) グッ!!



    お知らせ:出張と業務多忙の為、ブログの更新は8日(木)から再開します。 出張中でも予約の受付はしておりますので、遠慮なくお気軽にお申し付けくださいね。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m
    関連記事

    PageTop