徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    涙。

    おはようございます。 昨日は無事に札幌より帰ってきて、つつがなく倉敷での鑑定を再開しております。 これもひとえに素敵なお客様のおかげであり、御支援と御愛顧頂きまして本当にありがとうございます。

    4月4日の午前中は事務所にて本のプチイベントを行いましたが、盛況に終わりまして本当にありがとうございました。 今回は複数冊お求めの方が多く、最高にお求め頂いたのは30冊で恐縮してしまいました。 この度はたくさんの方にお越し頂き、本当にありがとうございました。 m(__)m

    今回の本は前作とは明らかに反応が違う部分があるのですが、これについては後半で書いて見たいと思います。

    また、本を開いた方は「ニコッ!」としたトトロが出てきたと思いますが、書店で挟み込まれる普通のしおりでは面白くないので、私が鑑定の合間に製作した特製のトトロのしおりが付いています。 粗品以外のおまけとして準備していたのですが、本の中からトトロが出てきたら面白いかなぁと思って作ってみました。

    この本は「感動」がテーマなんですが、そこには「涙」と言う副題が隠れています。 少し学術的な解説をすると涙は目の涙腺から分泌される体液のことで、眼球の保護が主要な役割ですが、ヒト特有の現象として感情の発現となることもあります。

    涙の通常の分泌量は1日平均2~3ccで涙の原料は血液ですが、成分としては9割以上が水で、内訳として水以外にタンパク質やリン酸塩なども含有しており、涙腺内の毛細血管から得た血液から血球を除いて液体成分のみを取り出したものが涙です。

    涙は感情と密接な関係があるのですが、辛い時~悲しい時~悔しい時や嬉しい時~感動した時などに自然に流れてきて、感情の揺れ動きによって涙腺が緩み涙が流れると不思議と気持ちが落ち着いてくるように感じることがあると思います。

    実は涙は自律神経と大きな関係があり、涙には様々な種類があります。 喜怒哀楽で流れる涙を「感情の涙」と言い、感情によって涙の成分や味や量は大きく異なります。

    悔しいとか怒ったなどの感情が昂ぶった落ち着かない気分の時に流れる涙は、心身を緊張させる神経「交感神経」が刺激されることによって分泌される涙です。 これは怒りから振り絞って流れる涙なので量が少なく、ナトリウムを多く含んでいる為にショッパイ味がします。

    反対に嬉しいとか悲しいなどの気分を感じる涙は、実はリラックスした状態だと言われています。 こうした涙は心身をリラックスさせる神経「副交感神経」が刺激されることによって分泌されるので、拭いても拭いてもとめどなく流れる為に水分量が多く味は水っぽくて薄口です。

    このようにひとしきり涙を流した後は気持ちがすっきりしますが、これはどうしてかと言えば涙と一緒に流れ出る物質と関係があります。 この辺の説明は難しくなるのでサラッと書きますが、脳から分泌されるプロラクチンなどのストレス物質に対して、免疫系と言うかストレス緩和の脳内モルヒネの一種が含まれていることが確認されています。

    このことから涙はストレス物質を排出する重要な役目を果たしているようで、泣いた後にすっきりするのはこの為で、泣きたい時には思いっきり泣くことが心にとっても大切です。 とめどなく涙を流した後はなぜかしら、フッと気持ちが落ち着いて心身がリラックスするはずです。

    私は「あなたが幸せになれる12の話」を読んで、目がウルウルして涙がこぼれていくことにより、心にやる気スイッチが入ることを期待しています。 人はお金や物で心が動くわけではなく、心を振るわせるような感動こそが心の原動力となります。

    最初に書いた「前作とは明らかに反応が違う部分がある」の意味ですが、前作との一番の違いは「お手紙(感想)の数」です。 前作の「未来、明るいよね!」は素人が書いたにしては、そこそこ冊数が出ているのにお手紙(感想)は1通でした。 (苦笑)

    しかし、今回は既に6通のお手紙(感想)が届いています。 4月1日発売と言っても全国一斉ではなく、東京の大型書店に3月下旬から配本、地方の書店へ配本されるのは4月下旬からです。 (オンライン書店での販売も4月5日より、開始されているようです。)

    つまり、今はまだ事務所で購入した方と東京で購入した方だけなのに、早くも6通もお手紙(感想)が届いているのは、前作と今回では心に訴えかける「何か」が違うのだと思いました。

    私は自分の使命と言うほど大げさではありませんが、誰かの心に感動のスイッチが入る~誰かの生きる勇気や元気が出るお手伝いができる、それを忘れないように歩んでいきたいと思います。

    なお、頂いたお手紙(感想)は時間が掛かりますが、必ずお返事を書きますのでしばらくお待ちくださいね。 (長い文章は書けませんが、ヒトコトメッセージはキチンと書きます。)

    あなたは本気で、涙を流したことがありますか?

    "(/へ\*)"))ウゥ、ヒック
    関連記事

    PageTop