徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    DNA的。

    おはようございます。 人の未来は人が作る、アメリカ人の未来はアメリカ人、日本人の未来は日本人、自分の生まれ育った国は自分たちで守る、それができていない日本と言う国はマダマダ前途多難です。

    海外生活を送ってきた人(経験者)は海外へいたことで、逆に日本のことがよく見えてくるのですが、日本と海外で大きな違いはヒトコトで言うなら愛国心です。 マナーが良いか悪いか~好きか嫌いかは別として、韓国や中国やロシアの自国の利益追求と愛国心は、今の日本には無いモノで見習う必要があります。

    寄付の神様はヒューストン出身ですが日本人学校ではなく、現地の小学校へ通っていたのでクラスに日本人は一人だけでした。 その時にアメリカの小学校では毎朝「起立~敬礼~国歌斉唱」を、教師が生徒にバンバンやっていたそうです。

    簡単に言うと教師が、「おまえらがアメリカの未来を作るんだ、その為にも国を愛せ、国の未来を作れ!」と熱く語って、愛国心をバンバン叩き込む姿に「日本が戦争で負けるはずだ」と感じたそうです。 今の日本は教師が起立しないし国歌も歌わない、それが正当な権利だと主張するので、教師は子どもに命令する上司となり教える指導者ではありません。

    自分が生まれ育った国をバカにすることを教師が子どもたちの前で見せると、その記憶が親をバカにする~お年寄りをバカにする、弱者をいじめると言う行為を脳へ植えつけることになります。

    個人個人の思想は自由ですが、公務員が国旗や国歌に反対するのはお門違いの筋違いです。 教師の役目や使命は国の未来を作ることで、教師が未来を大きく変える原動力だと言うことに気付かないといけないのです。

    そこまで大袈裟に考えていない教師がほとんどですが、教師が教えることは子どもの能力開花や道筋を付けることで、その子どもたちが大きくなって日本を動かすのだから、教師の役割はとてつもなく大きいのです。

    教師の給料が高いことが問題になったりしますが、小学校教師の平均年収が約700~900万円で校長ともなれば1200~1500万円ですが、子どもたちの未来をキチンと導く指導者なら妥当かもしれません。

    県北で教師から知恵遅れや馬鹿などと言われ続けたので、先生と言う存在が怖くてよく分からないのですが、良い教師に出会えた人は本当に人生の糧となり良い人生が送れると思います。

    ただ、疑問に思うのは英語教師が街で外国人に話しかけられて会話ができるのか、数学教師はアポロニウスの定理やドレイクの方程式くらいは理解できているのか、実力は常に最新へと更新されていなければ子どもたちは大迷惑です。

    脳科学の観点からおいても子どもが親に質問した時に答えられない、そして放置すると言うのは控えた方が良いようです。 親でも分からないことがあると思いますが、そういう時は調べてから答えるように対応しないと、答えを誤魔化すのは子育てにおいてよくない結果を招きます。

    DNAと言うのは親から受け継ぐものであり、子どもが親に聞くことはDNAにおいて何かが作用したからで、それをうやむやにするのは子どもの成長によくないのです。 後からでもいいから子どもの疑問や質問にはきちんと答える、それができていれば子どもは親をバカにはしません。

    また、12歳以下の子どもの場合は勉強でも運動でも何かの物事をできないからと言って、「どんくさい!」とか「何やってんだ!」など、そういう言い方や言葉は避けて欲しいのです。

    そんな言葉を言う前に「どうして失敗したのか?」と言う失敗の説明をした後に、「こうやればできるようになるよ。」と優しく成功例を見せる、そうすることで子どもは「やり方を学び」次から失敗しなくなり、更に「ウチの親は何でもできるからすごい」と親を尊敬するようになります。

    12歳以下の子どもが上手くできないのは教え方が悪いと言う指導力不足が原因で、その証明は私自身を見れば理解して頂けるはずです。

    今の私を見て知恵遅れと言う人は一人もいませんが、県北では知恵遅れと言われていじめられ続けていたのですから、人の成長と言うのは環境が良ければいくらでも上昇するのです。

    DNAには無限の可能性が刻み込まれて産まれてくるのだから、あなたと言う素敵な人が親として子どもの可能性を摘み取らない、それさえできれば親の一番大切な役目は果たせるはずです。

    あなたはDNA的な子育て、考えたことがありますか?

    σ( ̄、 ̄=)ンート・・・
    関連記事

    PageTop