徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    不妊について。

    おはようございます。 いつも素敵なあなたには幸せなことが山のように起こり、それをお裾分けすることで更なる幸運が降り注ぐと思います。 私と縁がある人には運命も味方するはずだと、そう信じられるだけの行動をこれからもしていきたいと思います。

    また、40万カウンター記念プレゼントの途中経過ですが、昨日の時点で中央辨財天に81通~水天宮に6通の応募がありました。 これからも読み取れるように霊視カウンセリングの御相談で、不妊については年間10件前後で意外と少ないです。 (どうして不妊の御相談が少ないのか、それは最後に書きます。)

    この不妊とは自然な状態で妊娠に至れないか、妊娠を一定期間以上維持することができない状態を言います。 WHOによる定義は避妊をしていないのに、2年以上にわたって妊娠に至れない状態となっています。 ちなみに日本における妊娠確率(妊娠を希望した場合)は、「6か月以内=65%、1年=80%、2年=90%、3年=93%」が妊娠するとされています。

    日本で妊娠を望んでいるカップルの約10%が不妊症とされていて、その内訳は男性側に問題があるケースが約40%で、女性側に問題があるケースが約40%です。 そして両方に問題があるケースが約15%で、原因不明な場合が約5%あるとされています。 なお、妊娠するけれど流産となってしまう場合は不育症で、基本的に不妊症とは概念が異なるので別とします。

    日本では不妊の原因は女性側にあるとされて、長期間妊娠できない女性は夫や家族から離縁されたり差別の歴史でした。 また、昔の日本では慣習的に認められていて、女児ばかり妊娠する女性も離縁の対象になっていました。

    なお、現代ではDNAやヒトゲノムの解析により、女児ばかり妊娠する場合は男性側に原因があることが判明しているので、男の子が欲しい時は条件をそろえれば男児の確率が上がります。 (つまり、ある条件下においては非常に男児が生まれやすいです。)

    では、不妊の原因をあげてみたいと思いますが、これは女性と男性では不妊の要因が違います。

    全部説明していると長くて難しい話になるので、名前だけ挙げていくと「性分化異常~内分泌排卵因子~視床下部性~下垂体性~卵巣性」に加えて、卵管因子や子宮因子など色々な要因が存在します。

    そして男性不妊と言う男性側の要因ですが、男性不妊は精子の形成や成熟ができない造精機能障害、精子の輸送経路が障害されている精路通過障害、精嚢や前立腺の炎症によって精子が影響を受ける副性器の障害があります。

    特に造精機能障害が多く全体の70~80%を占めると言われ、乏精子症~精子無力症~奇形精子症~無精子症などに分類されます。 また、一般には知られていませんが精子も歳を取るので、その男性の戸籍上の年齢ではなく精子の年齢も関係してきます。

    なお、不妊の診断については一般の健康調査に加え、血液分析によるホルモン量の調査や精液の調査などが行われます。

    男性不妊のうち、精子の運動性不足~貧精子症~無精子症などは精液の検査によって診断が可能で、最近はY遺伝子による問題もあるのでPCR法による診断もあります。 女性不妊については甲状腺刺激ホルモン量や女性ホルモン量の分析、女性生殖器の診断などが行われます。

    不妊の治療方法も多すぎるので、解説していくとキリがないので参考的なことだけ書きます。 タイミング法~人工受精~生殖補助医療技術~卵管鏡下卵管形成術~排卵誘発~黄体維持~クロミフェン療法~ゴナドトロピン療法など、現代の医学では色々な方法が取られているのです。

    また、家庭でもできる不妊の改善方法としては、薬物などを過剰摂取しない、過度の運動を避ける、殺虫剤などの化学物質への接触を避ける、温度の高すぎる入浴を避ける、きつすぎる下着の使用を避ける、適度に葉酸~ビタミンC~亜鉛~リコピンが含まれた食物の摂取、お酒やタバコやカフェインを控えるなど、やろうと思えばやれることは多いです。

    不妊と言うのは社会的に女性差別に繋がることが多いのですが、不妊と言うのは男性も女性も責任は5:5でイーブンです。 不妊の原因を女性にだけ押し付けるのは封建社会の名残と言うか、男尊女卑の考えが脈々と受け継がれているからです。

    男性はもう少しデリカシーと言うか、相手の気持ちを考えないといけないのです。 不妊に対する不安と言うか焦燥と言うか、精神状態を考えて言葉や行動をしなければ男性としてだけではなく、人として失格だと大人なら気付かなければならないのです。

    最後に「どうして不妊の御相談が少ないのか?」と言えば、男女問わず私と縁がある人で不妊になることは少ないからです。 不思議な偶然のおかげもあるのでしょうが、守護霊や事務所のパワーとか、その他ではプーさんやトトロのパワーでもいいのですが、何度もお越し頂いている方なら不妊はほとんどありません。

    これを運命上から読み解いて見ても、私と縁があるのは強運の証拠~ブログに書いてある内容に共感できるのは誰かの役に立つ人生、そういう素敵なお客様のお願いは叶うと信じています。

    ただし、DNAやヒトゲノムなどの生物学的&遺伝子学的に読み解くと、私のところへお越しになるお客様は子どもが出来る確率が高い理由が一応あるのですが、これを書いているとブログが長くなりすぎるので別な機会に書きたいと思います。

    あなたは不妊に対する認識を、どのように考えますか?

    ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゚'・:*☆オメデトォ♪
    関連記事

    PageTop