徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    経営者のツケ。

    おはようございます。 不況になってくると仕事における転職相談だけではなく、社長などからの経営相談も増えてきます。 経営相談と言っても実際には、どうしようもなくなってから~ニッチもサッチも行かなくなってから、ようやく思い腰を上げてくると言う人が多いです。

    しかも肝心の相談に来るとしても、奥様や彼女など女性に頼んでアイディアだけ聞こうとする男性が多いです。 コレにはいくつかの理由があるのですが、主な原因は社長とか経営者などと言う人が、自分の見栄やプライドを捨てきれずにギリギリまで我慢してしまうことです。

    会社やお店が傾き始めた時、つまり奥様や彼女や社員などが忠告してくれている間にナントカすればいいのに、いつかは回復すると言うばかりで行動しようとしないのがよくありません。 仕事と言うのは寝ていて入ってくるものではなく、動いて刺激して初めて入ってくるものです。

    世の中には好調で不景気知らずと言うお店や会社が確かにありますが、それは普段からするべきことをしているから常に好調を保っていられるのです。 白鳥と言うのは優雅に水面を進んでいるように見えても、その水面下では必死に足を動かしているのです。

    この水面下で足を動かすと言うのが知恵を絞ることなのですが、知恵を絞っても実行しない人が多いから実行できるお店や会社がひとり勝ちするのです。 経営と言うのはマジックショーではないから、呪文を唱えるだけで急に出たり入ったりするわけではありません。

    会社は営業や経理などが色々と組み合わさって、初めて有効に動き始めるのです。

    しかし、そのトップである経営者と言うのは「できない」とか「わからない」なんて言うことは許されません。 会社の命運と言うのは社長が握っているし、その先にある取引業者や社員やご家族など自分だけのことじゃ済まないのです。

    人間、天狗になってしまうと周りが見えなくなり感謝と言うか~ありがたみを忘れてしまい、落ち目になったことを認めずに過ぎていく時の中で変り行く経済事情を怖いから見たくないのです。

    経営者の方に苦言を言いたくないのですが、トップ自身が最近の不況の責任を取らずに逃げ回るのは情けない話です。 奥様や子供の泣かせておきながら口だけは立派なことを言って、挙句の果てには奥様の実家に借金を申し込むなんて恥ずかしいことです。

    手形を回して資金繰りしている経営者、運転資金と言う名の借金を金融機関に申し込んでいる経営者、昔は良かったと愚痴ばかりこぼす経営者、奥様や社員に文句ばかり言って業績が傾いている経営者、これらは少なくとも褒めることはできません。

    苦しいとか辛いなどと言う経営者の人に、「儲かっていた時にあなたは何をしていましたか?」とお伺いしたいです。

    全員とは言いませんが不景気とか不況だと言っている経営者の中には、自分の会社やお店が儲かっていた時に鼻高々でデカイ態度を取り捲って、驕り高ぶりと言う相手の気持ちを考えない状態を作り出していたと思います。 それなのに不況に突入して困ったから、何とかしてくれと言うのは虫が良すぎるのです。

    バブル崩壊の後に銀行を政府が助けたのは納得がいかないとは言え、預金している人を守る為には仕方の無い面もあります。 それに銀行は経営能力がないと言うのを露呈したので、銀行に勤めているからと言って仕事ができるわけじゃないと言うのを満天の元にさらした事実は大きいです。

    今の豊かな日本で不況だと言う経営者は今まで何をしていたのか、これは日本に多い2代目や3代目の弊害なども関係して何をすればいいのかが、分からない経営者が多い為です。

    そんな放漫経営のツケを真面目に働いている人に押し付けるのは、誰がどう考えてもおかしいと思うのです。 経営者が一番に責任を取って家や貯金などの財産を放出して、それから資金提供や支援を頼むのが筋だと思うのです。

    経営者と言うのは一番偉いはずなんだから、逃げずに責任を取るのが男としてカッコイイと思います。 社員に押し付けて逃げるなんて経営者のすることじゃないし、少なくとも私と関わりのある経営者の大部分は、社員を増やそうとか店舗を広げる&増やすのに忙しい状況です。

    仮に私が自動車関係の業績を回復せよと言われたら、品質向上やコスト削減と言う誰でも思いつく方法じゃなくお金を掛けない秘策があるし、美観地区などの観光客増を言われても方法はあります。 この秘策を聞いた素敵なお客様は面白いと言いますが、頭の固い経営者には理解できないと思います。

    理解できない=未来が見れないだから落ちていく一方で、自動車産業にしても電気自動車へ流れは加速するのですが、電気自動車になると「いらなくなる職種とお店」があるのに、その職種とお店の方は気付いていない経営者が多いです。 経営者と言うのは「どこを見て、何をするべきか?」ができなければ、それは経営者でも何でもなくお飾りにすぎないのです。

    あなたは経営者のツケを、誰が支払うべきだと思いますか?

    ~~~(/ ̄▽)/ ウキウキ~!
    関連記事

    PageTop