徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    生きていくスピード。

    おはようございます。 生きているからこそ空を見上げることが出来るのですが、それを自然で当たり前だと思えば感謝がなくなります。 感謝の気持ちは大切ですが「なんで感謝するのか?」が、運命を味方に出来るかどうかの別れ目だと思います。

    私は人生が全く変わってしまった部類ですが、県北にあのままいたら今頃どうなっていたかを考えると背筋が寒くなるほどの恐怖を覚えます。 今は女性ならば82歳~男性ならば79歳くらいが平均寿命ですが、人生とはカウントダウンの連続で、80歳が寿命とするなら0歳からカウントダウンが始まって80歳がエンドです。

    例えば、2010年で30歳の人が80歳まで生きるとすれば、あと50年しか時間はありません。 残りの50年をどう生きるかは見えないかもしれないけれど、死に至る自分がどうなっていたいかを見る努力は必要です。

    生きていく時間が過ぎるのは誰かと比べた時にはすごく実感できるのですが、そうでもないと意外に実感がわきません。。 「あぁ、そう。」と言う感じで、他人事のように感じてしまうのは自分に影響がない時で、自分に直接影響がある時は必死になって時間の流れを感じてしまいます。

    結婚に関しても何歳でするのが正解と言うのはありませんが、周りの結婚が早ければ焦ってしまうし、周りが独身だらけで今が楽しければ気にならない、これこそが周りと比較した自分の立場による焦りの正体です。

    正解は無いはずなのに周りと比べた時の時間で早いとか遅いとかを決めてしまうのは、自分の周りの平均値ではあるけれど正解ではありません。 そこのところを勘違いしてしまうと、焦りからとんでもない選択ミスをしてしまうのです。

    生き急ぐと言う言葉があるけれど目標が高ければ焦るのは仕方が無いのですが、焦ったところで到達して息切れして何も出来ないようでは、喜びは一瞬で終わってしまうのです。 いきなり高い山へ登ることが出来ないように、準備が整っていないのに高い場所へ行ってしまうと到達しただけで終わってしまうのです。

    私は自分の過去を考えると生き急いでしまうのですが、それは自分が時間を無駄にした実感がものすごくあるからです。 県北では暴行~窃盗~放火は当たり前でしたから、まさに「人を見たら泥棒と思え」でした。

    ところが県南で霊視カウンセラーとなってからは、天女みたいな素敵なお客様ばかりに出会うから私の中で衝撃が走りました。 「なんで、もっと、はやく、倉敷へ事務所を…。」と言う後悔があり、その分を取り戻そうとして焦りが消えないのです。

    私は自分が生きている証と言うほどではありませんが、誰かの役に立つと言う部分が喜びとなっています。 その感動の喜びの為には年中無休なんて当たり前で、素敵なお客様にお会い出来る上に寄付ができるのは幸せ以外の何物でもありません。

    だからこそ「もっと、もっと」と心が焦りと叫びを上げるのですが、私は自分の歩む速度の遅さにジレンマを感じています。 私はフリマ時代もあるし~誰一人来なかった時代もあるので、正式に今の場所に事務所を構えてからは2年8ヶ月弱になります。

    事務所を構えてから東京出張を毎月定期的に始めたのですが、岡山でも東京でも歩みが遅いと感じることもあれば~よくここまで辿り着けたと思う自分もいるから、焦る気持ちと満足する気持ちの両方が鬩ぎ合うのです。

    ただし、最後には焦りの気持ちが勝つのですが、今の私は「なんぼ強がったところでマイナーレベル」です。 江原啓之さんや鏡リュウジさんや細木先生や銀座の母など、トップクラスの知名度に追いつけていない自分を情けなく感じます。

    2010年に全国区になれていないのに、2011年に全国区になるなんて厚かましい話です。 私がグズグズしている間に他の先生方はもっと先へ到達してしまうのに、私は何でこんなに芽が出ないのかと歩みの遅さに恥ずかしくなります。

    その恥ずかしさを背負っていると、私自身も生きて行くスピードの差を感じて焦ってしまうので、未熟な私が素敵なお客様にどうこう言えた義理ではありません。 m(__)m

    ただし、迷った時には一休みと言うか考えを見直すのも悪くは無いのですが、少しでいいから立ち止まって自問自答するのは悪いことではありません。

    立ち止まることで子供から大人になるような瞬間が生まれてきて、ふと見た自分が意外に成長していることに気付けるかもしれません。

    「あぁ、今はここまで来たんだから、ここから先もきっと行けるだろう。」と思えたなら、また次のレベルへ行く準備が整ったことになります。

    あなたは生きていくスピードを、どれくらいに感じますか?

    ( ´ρ`)。o ○ ノンビリ~?
    関連記事

    PageTop