徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    寄付の神様。

    おはようございます。 人が人と出会う時は運命なのかもしれませんが、素敵なあなたには運命の人との出会いがちゃんと待っています。 運命の出会いが起こす人と人との関係がどのような化学変化をもたらすのか、運命以外には誰にも知り得ないワクワクドキドキがあるはずです。

    私は人との出会いが自分の生き方すら変えてしまうことに気が付けたのは本当に幸せなことで、目の見えない人のお世話をしたことから霊視カウンセラーへの道を進むことになったのは、運命からの暗示だったのかもしれません。

    そして霊視カウンセラーへの道を歩み始めると、「あなたが幸せになれる12の話」の44ページに出ている目の見えない女性と出会ったことで、寄付も県内で№1ではなく日本で№1を目指そうと思ったのです。

    それから2カ月もしない間にN市のIさんが鑑定に来てくれて、何となくウマが合うと言うか話が合い寄付をするのが当たり前になっていきました。 そしてN市のIさんが来てから2ヶ月のこと、今度は寄付の神様が来てくれて今に至るのです。

    私がこのブログに書く人物や名前については全て御本人の許可を頂いているか、もしくは御本人と近い人からの許可を得ている場合しか個人名などは一切出しておりません。

    N市のIさんは名前を出してもいいと許可を頂いているのですが、寄付の神様は「絶対にダメ」と釘を刺されています。 寄付の神様に関して「山崎さんにしか見えない神様なんですか?」と聞かれるのですが、私が勝手に言っているだけでちゃんと実在の人間です。 (苦笑)

    N市のIさんこと井上さんはボランティアの神様ですが、それは寄付に重点を置いているわけではなく、ボランティア活動に重点を置いているから「ボランティアの神様」と私が勝手に呼んでいるのです。

    寄付の神様は仕事が忙しくてボランティア活動はできないのですが、寄付をしている金額が普通の感覚とは桁違いなので、私が勝手に寄付の神様と呼んでいるだけです。 寄付の神様は超忙しいので今は東京出張の時を利用しても1カ月に1回会えるかどうかなんですが、それだけ忙しいから必然的にボランティア活動と言う意味では無理です。

    寄付の神様の生まれ育った環境と言うのがボランティアや寄付をするのが当たり前と言う家庭で、両親だけではなく祖父母も地域への貢献だけではなく学校建設などに尽力を尽くしていました。

    寄付の神様より「正体を明かすのは絶対ダメ」と言われていますが、寄付の神様の正体をN市のIさんやMさんなど一部の方は知っています。 お二人に寄付の神様の職業など正体を明かした時に、「あぁ、だからかぁ!」と言う反応で納得のご様子でした。

    私が新年会を開催しても今のところ顔を出せないのですが、それは寄付の神様のことを知っている人や未来で一緒に仕事をする人が、2010年1月の新年会で8人いたので顔を出せないと本人が言っています。

    正体は明かせないけれど何となくヒントらしき話として、寄付の神様の実家にはワンちゃんが2匹とネコちゃんが2匹いるのですが、4匹とも捨てられていたワンちゃんとネコちゃんを拾ってきたのです。

    そのうちの1匹のネコちゃんと寄付の神様が出会ったのは、ある大雨の降る日曜日の夕方に家族で買い物へ行った帰り道でした。 寄付の神様が両親と買い物から帰っていると道に何かが見えたのですが、車を止めてみるとネコちゃんが道の端で横たわっていました。

    それは子猫が車に下半身を潰されて、最初は死んでいると思ったそうです。 しかし、よく見ると少し動いていたので大雨の中、寄付の神様はすぐに車から降りて子猫へ近づき着ていた服に包んで、大急ぎで車に乗せて動物病院へ連れて行ったそうです。

    子猫の下半身は完全に潰れて一生歩けないと診断されましたが、前足は大丈夫だったので子猫の為に車椅子を作りました。 下半身が潰れているから排泄も人間が手で押し出してやったり世話が大変だったようですが、それでも寄付の神様は前足だけで近寄ってくる子猫が可愛くて、実家へ帰る度にお世話をしていたそうです。

    世はペットブームと言うけれど血統書付だからどうのこうのと言う前に、救わなければならない命がたくさんあると言うことを気付かせてくれる、そんな話ではないかと思うのです。

    私は寄付の神様を凄いと思っているのですが、この話にしても自分が実際に行動できるかどうか考えると、「雨が降っているとか~服が汚れるとか~車が血だらけになるとか~お金がかかる」など、普通なら「できない理由」の方がたくさん思い浮かぶのではないかと思うのです。

    私は人間的に未熟でまだまだ足りないものだらけの人間ですが、少しでも誰かの役に立つ人間になりたいと思います。 今年中に寄付の神様の職業などを書こうとは思いますが、書く前に本人の許可が出てからにします。 (笑)

    あなたは寄付の神様に、会ってみたいと思いますか?

    (o゚◇゚)ノあぃ
    関連記事

    PageTop