徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    振り込め詐欺。

    おはようございます。 年末になると増えるのが金銭がらみの犯罪で、現金輸送車を襲ったとか現金狙いの強盗事件などが多発しています。 しかし、最近は何と言っても振り込め詐欺がポピュラーで、姿を見せずに行われる地下犯罪的なものなので全貌解明が難しいです。

    振り込め詐欺は主に電話や葉書などで相手を騙して、金銭の振り込みを要求する犯罪行為です。従来は「オレオレ詐欺」や「架空請求詐欺」などと呼ばれていたのですが、手口の多様化で名称と実態が合わなくなったので「2004年12月9日」に警察庁により統一名称として「振り込め詐欺」と呼ぶことが決定されました。

    この振り込め詐欺が広く知られる様になったのは、「若い人の声で高齢者に電話をかけて、子供や孫を装って困窮した状況を訴えることでお金を騙し取る」と言う犯罪手口を紹介して注意を喚起する報道がなされた時からです。

    当初の手口としては、手当たり次第に電話をかけたり~電話帳から一人暮らしの高齢者と推定される人に電話をかけたりして、電話口に出たのが高齢者だと「オレオレ」と名乗って遠隔地に住む子供や孫と錯覚させました。

    そしていかにも困った風にして、架空の事件を演じるのです。 悪徳金融業者から大金を借りた~交通事故を起こしたなどの状況を装って、所定の口座へ大金を振り込む様に仕向けるのです。 新聞やテレビなどの報道機関が手口を詳細に報道したことで、逮捕された犯人が「新聞を読んで、これならできると思った」と自供していることから、報道が模倣犯を激増させた事件でもあります。

    当初は詐欺を行う犯人が1人で子供や孫や相手役など何役も演じていたのですが、次第に手の込んだことを考え始めて、債務者や債権者などコンビやグループを組んで組織的に始めるようになりました。

    中には劇団顔負けのグループもいて、被害者~関係者~駅員~警察官~弁護士等の役割分担を行って各自演技を行い、更には背景にサイレン等の効果音も用意している劇団型犯罪もありました。 そして徐々に大規模な組織を構成するようになって組織内でマニュアルを作成したり、訓練を行っているなどプロとして活動するグループまで出てきたのです。

    ココには書けませんが通知番号を偽装する方法もあるので、人は必要に迫られるとよく考えるなぁと感心します。 こんな悪いことに知識や技術を使うくらいなら、良い方へ使えば人に喜ばれて商売など正当な手段でお金儲けもできただろうと推測されます。

    なお、振り込め詐欺の対策としては、詐欺の例を告知する共に振り込め詐欺用の架空口座の作成や取引を禁じる立法や、新規口座作成の場合は入金元を開示させたりしています。 また、プリペイド式携帯電話販売時の身元確認を厳しくしたり、譲渡を禁ずる立法もなされたのですが焼け石に水と言うのが現状です。

    昔は振り込んでから詐欺と気付いて口座の利用停止を求めた場合でも、口座名義人に不便を強いる訳には行かないとして金融機関が口座利用停止処置を頑として拒み、振り込んだお金が下ろされていくのを指をくわえて見守るしかありませんでした。

    しかし、金融機関の当事者や関係者が被害に遭うようになったので、対岸の火事と言うわけにも行かなくなり自分達のお金を取り戻す為にも、次第に口座利用停止や強制解約の要請に応じるようになってきて、残った預金から返還を受けられる例も増えているのです。 つまり、技術的には簡単にできることでも自分達が困ったから、金融機関が思い腰を上げるようになったのです。

    現在では手口も公開されて、電話口での対応法や対策も広く知られる様になりました。 それなのに、いざ自分が電話で緊迫した声や悲哀に満ちた声を聞かされると、冷静さを保つのは困難で犯人のペースに乗せられやすいと言う事実があります。

    振り込め詐欺は自己責任に近いような犯罪でもありますが、それは被害に遭った人に事情を聞いてみると、実は大半の方が詐欺の存在を承知しているのです。 その上、被害に遭った人の3割弱の人が窓口や銀行員などで振り込め詐欺の可能性を指摘されて、止められているにも関わらず言うことを聞かずに送金しているのです。

    また、手口はひとつ防ぐと新たな手口となる、いたちごっこの様相となってきています。 銀行のATMコーナーで銀行の職員が警戒する様になると、コンビニATMから送金する様に指示するケースや、最近ではエクスパック500を使って現金を入れさせて身元を分からないように口座自体を使わないものも増えてきています。

    振り込め詐欺の検挙率は極めて低くて2004年度の検挙率はわずか5.2%で、その後は対策本部の設置などにより検挙率は上がったのですが、それでも2006年度の検挙率は16%程度に留まっています。

    私はこのような御相談を受ける度に、「被害に遭う人には、明確なる共通点」があるのを感じています。 振り込め詐欺に遭う人はこの共通点を直さない限りは何度でも同じ目に遭うだけで、振り込め詐欺と言うのは振り込む人の考え方が変わらない限り、周りの人の努力では防げないのです。

    あなたは振り込め詐欺、この実態をどのように感じていましたか?

    (°_°;)ハラハラ(; °_°)
    関連記事

    PageTop