徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男性鑑定。

    おはようございます。 今年も残りわずかとなりましたが、年内は大晦日まで~年始は元旦より鑑定です。 年末年始に関係なく予約も受けていますので、ドンドンと予約を入れてくださると嬉しいです。 私にとっての幸せとは素敵なお客様が笑顔になって頂けることで、毎日素敵なお客様にお会いできる感動は私の原動力となり、本当にありがとうございます。

    また、今週の土曜日(2011年1月1日)はいよいよ無料のお守りプレゼントを開催しますので、12月1日のブログに書いてある詳細をご覧の上でお越し頂ければ嬉しいです。 お友達やご家族や会社など周りの方々を御誘いの上で、年の初めのゲン担ぎや開運の行事として倉敷事務所までお越し頂ければ幸いです。

    さて、今年も解禁しなかった男性鑑定についてですが、私は初期の頃は今とは違う場所で男性鑑定を普通にしていましたが、男性鑑定を続けることができないような出来事がありました。

    初期の頃は机と椅子を置いただけで鑑定していたので、通路を歩いている人がすぐに近づけるような場所だったので、覗き見する男性が多くて困っていました。 注意と言うかお願いをして、「今は鑑定中なので覗かないようにお願いできますか?」と、鑑定を中断することもしばしばでした。

    しかし、ある時に覗いている男性へ同じようにお願いをしたところ、「なんじゃと、おりゃ! ワシを誰じゃと思うとんなら、ワシは三越を買える男じゃ、オメェみてえな奴は、ワシが一声かけりゃすぐに潰してやれるんじゃ!」と、キレて大暴れした男性がいました。

    その当時は空きテナントを借りていたのですが、壁を蹴るとか通路にあるものをヒックリ返すとか、周辺のお店にも大変な御迷惑をおかけしてしまいました。 警備員さんやフロア責任者など大勢の人が取り押さえてくれたのですが、今でも警備員さんに会った時には「山崎さん、あん時は大変だったなぁ~。」と言われます。

    この事件が遭ってしばらくは男性鑑定を一切シャットアウトしていたのですが、家賃など経費が払えず泣く泣く男性鑑定を再開することとなりました。 すると今度の男性は「おい、霊視なら俺が嫌がらせに来るくらい、霊視しとけ!」と、2時間ほど罵詈雑言を浴びせられる事件がありました。

    このように事件が度々起こるのでさすがに私も懲りたから、「男性は紹介がある人のみ」と言うルールになりました。 有名な占い師さんになればなるほど無条件の男性鑑定はしていないのですが、江原啓之さんや鏡リュウジさんも男性鑑定は紹介がある人でないとしていませんでした。

    しかし、運命と言うのは不思議なもので条件付きにもかかわらず、男性のお客様が年間で10~15人はお越しになるので、ハードルがあっても本当に来たいと思う男性は来る運命です。

    私のところへお越しになる男性と言えば、N市のIさんと寄付の神様が初期の頃よりのお付き合いです。 そしてかなり間が空くことになりますが、Y県のTさん~S県のNさん、そして当時はE県にいたMさんと言う5人が男性としては常連のお客様になります。

    N市のIさんはHPも持っていて時々ですが本名もブログに書いているし、新年会などでお会いした人も多いのでご存知の方もいると思いますが自営業をされています。

    そしてMさんは某企業にて勤務しているのですが、昔と今では業務内容に雲泥の差があります。 Mさんも企業に勤めている関係で詳細を書くのは憚られるので、どこの企業名とか所属部署などは内緒です。

    そして寄付の神様は麻布在住だから食事に行く回数で言えば一番多いのですが、寄付の神様からは自分の正体を明かすのは厳禁と明言されています。

    N市のIさんは「自由に書いて頂いて結構です。」と許可を頂いておりますが、寄付の神様など4人の男性からは許可を頂いておりません。 ただし、「寄付の神様って何者?」と思われる方もいるでしょうし、少しだけどういう人かを明かしたいと思います。

    N市のIさんやMさんなど一部の方は御存じなのですが、寄付の神様は小学5年生までヒューストンで生活していた帰国子女で職業は医師です。 東京都内でも聖路加国際病院や国立がんセンターなどに勤務経験があり、実家は病院で両親ともに医師です。

    実家が病院と言ってもお父さんはお父さんで一つの病院を経営していて、お母さんはお母さんで病院を一つ経営していて父母共に医師です。 そして兄弟は兄弟で病院を経営していて、親戚なども全て開業医で内科~外科~整形外科~産婦人科など全て科が違います。

    先祖代々医師の家系だから先祖を遡っても医師ばかりで、将来は実家を継ぐことになるけれど今は某病院にて勤務しています。 寄付の神様が2010年の新年会に来なかった理由は、新年会のメンバーに看護師さんなど医療関係者が多かったので、「ブログを読んでいる人ががっかりするので、恥ずかしくてとても行けない」とのことでした。 (笑)

    来年こそは男性を鑑定する為の条件を撤廃して解禁するかもしれませんが、それをさせない暗示があれば今後も男性鑑定は条件付きと言うのは続くと思います。

    あなたは男性鑑定の、無条件再開を希望されますか?

    ((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス
    関連記事

    PageTop