徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    どら焼き。

    おはようございます。 いつも素敵なあなたにお会いできる幸せ、それは私の人生における意味が鮮明に見えてくる瞬間で、私に活きる道標を与えて頂き本当にありがとうございます。 あなたがいるからこそ私の人生は作られて行くのであり、素敵なあなたがいなければ私は単なるバカタレで終わってしまいます。

    さて、リンク集にある「デジカメの小部屋」には東京出張の時に撮った画像をアップしているのですが、未公開画像が一杯あるのでどれから公開しようかと思うほどです。 神楽坂や秋葉原や人形町~更にはヒルズやミッドタウンなど、どれからアップして行こうかと思うくらいです。

    昨日は銀座の恋についての画像とブログでしたが、今日はスイーツと言っても日本の和菓子である、「どら焼き」についてブログを書いてみたいと思います。 デジカメの小部屋にある画像は日本橋うさぎやの激ウマ「どら焼き」で、これは濃厚とかアッサリなど好みを別にすれば日本でトップクラスの美味しさです。

    私は東京出張の時にトシ・ヨロイヅカやパティシエAOKIのスイーツを買って食べると、「凄いなぁ」と世界選手権優勝の実力にドキドキしていましたが、人間とは誠に贅沢なモノで慣れてくると普通になり、今は次々と色々なお店を開拓して東京のスイーツなどお菓子に関して勉強中です。

    なお、麻布十番にある豆源のおかきを食べたら余りに美味しく感じたので、当分の間はおかき=豆源で買うことになりそうですが、人形町のお煎餅屋さんも手焼きの逸品なので本当に迷うくらいです。

    注:私は飲食店などの経営者から新メニュ―の御相談も時々あるのですが、飲食なら「親子丼」でスイーツなら「ミニどら焼き」について、少しやってみたい秘策があります。

    では、本題に戻りますが「どら焼き」とは少し膨らんだ円盤状のカステラ生地2枚に、小豆餡を挟み込んだ和菓子のことを言います。 お店のレベルによっては蜂蜜を入れて焼き上げ、それによりしっとりとしたカステラ生地にするお店もあります。

    どら焼きの名前が付いた由来は形が打楽器の銅鑼に似ていることからついたという説が有力ですが、もう一つの異説がありこちらの方が面白いです。

    それは武蔵坊弁慶が手傷を負った際に民家で治療を受けたのですが、そのお礼に小麦粉を水で溶いて薄く伸ばしたものを熱した銅鑼に引いて、丸く焼いた生地であんこを包み振る舞ったことからどや焼きになったと言うモノです。

    この他にも様々な説があり一概には言えない状況で、いずれにしても銅鑼に関係している物が多いようです。 江戸時代のどら焼きは皮が一枚だけで端の部分を折りたたんだ四角のモノだったので、現在のきんつばに良く似たものと考えられています。

    現在の二枚のカステラ風の生地で挟む方式は大正3年創業、上野の老舗和菓子屋「うさぎや」にて考案されて全国に広まったようです。 どら焼きの具は基本的に小豆餡が使われていますが、栗や餅などが入っているモノもあり、変わり種としてプリンを挟んだ「プリンどら」などもあります。

    このどら焼きは漫画ドラえもんの主人公であるネコ型ロボットの、「ドラえもんの大好物」としても知られています。

    タイアップ商品として、昔は山崎製パンなどからドラえもんにちなんだどら焼きが販売されて、2000年以降は文明堂よりドラえもんの焼印を付けた「ドラえもん どら焼き」が毎年3月前後と9月前後に販売されています。

    東京にはどら焼きの名店が数多くあるのですが、元祖と言うことで「うさぎや」を取り上げてみたいと思います。 このどら焼きで有名な「うさぎや」は東京都内に独立したお店が3軒あり、それぞれ別経営で微妙な関係のお店ではあります。

    簡単な相関関係として、「上野黒門町のうさぎや」は初代喜作さんが大正2年に創業して、これが本家のお店となります。 次に「阿佐ヶ谷のうさぎや」と言うのは初代喜作さんの娘さんが始めたお店で、「日本橋のうさぎや」と言うのは初代喜作さんの三男である、豊三氏が始めたお店になるので、それぞれが親戚関係のお店ではあります。

    ただし、お店で他のうさぎやの話をすると機嫌が悪くなると言う話が多いので、仲が悪くは無いのでしょうが仲が良いとは言えない感じです。

    それに接客態度は店員さんにより当たり外れが激しいので、良い時と悪い時の差が無ければもっと繁盛するお店だと思います。 外れの接客態度の時は「売ってやる!」と言う態度なので、これが行列になるほどのお店にならない理由のひとつだと思います。

    あなたは激ウマどら焼きを、食べてみたいと思いますか?

    ☆^(o≧▽゚)o オイシイ!
    関連記事

    PageTop