徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    出所後。

    おはようございます。 いつも素敵なあなたには運命の方も温かく見守り続けているはずで、その見られていることが恥ずかしくないような行動でいると、運命は自然と良くなるはずです。

    人は当たり前に生きていると行動に制限が加えられることは少ないのですが、本人の意思とは別に制限が加えられることは社会生活においてはあります。 それは何かと言えば鑑別所とか少年院とか刑務所に入った時で、この3つの違いを説明できる人は意外といません。

    まず鑑別所とは正式には少年鑑別所と言い、その役割はいくつかに分かれています。 家庭裁判所から送致された者を収容すること、医学~心理学~教育学~社会学など専門的知識に基づいて少年の資質の鑑別を行うこと、こう書いていくとこ難しい内容になりますが早い話16歳未満の少年少女に対する刑罰や更生の場所です。

    そして少年院は家庭裁判所から保護処分として送致された者を収容する施設で、簡単に言うと未成年の為の刑務所と言える刑務所予備軍です。 ただし、刑務所と大きく違うのは前科が付かないことで、どんなに凶悪犯罪を犯しても少年院の場合は徹底的に犯罪者を守るので、被害者を守らず犯罪者を守る日本の法律のおかしなところです。

    なお、少年院には4種類あり医療少年院を除けば男子と女子に分けられていて、女子を収容する少年院は正式名称ではないけれど女子少年院とも呼ばれます。

    一応少年院のクラス分けを書くと12歳以上16歳未満の者を収容するのが初等少年院で、16歳以上20歳未満の者を収容するのが中等少年院で、16歳以上23歳未満の者を収容するのが特別少年院ですが、年齢に関係なく凶悪犯罪を犯した者や更生の余地がない者も特別少年院です。

    医療少年院はお金持ちや高級官僚や政治家など地位やお金のある人の子供が、罪にならないように逃げ込む静養地だと思った方が良いです。 ここは弁護士を付けて無罪に持ちこむような人が多いので、本当に病気の人が迷惑している場所でもあります。

    そして今日の本題でもある刑務所についてですが、刑務所とは法令に違反して裁判などの結果、刑罰に服することとなった者を収容する施設のことを言います。 岡山市北区にも刑務所があるのですが、ここはLA級の収容刑務所なので他よりはかなり安全です。 

    「LA級とは、何?」と思う人の為に解説ですが、刑務所に入る時にランク分けのようなものがあります。

    まずは「性別~国籍~刑名~年齢~刑期など」を、ひとつ目の記号「WからS」で表します。 W=女子、F=日本人と異なる処遇を必要とする外国人、I=禁錮に処せられた者、J=少年、L=執行刑期8年以上の者、Y=26歳未満の成人、M=精神障害者、P=身体上の疾患または障害のある者、T=専門的治療処遇を必要とする者、S=特別な養護的処遇を必要とする者となります。

    そしてふたつ目の記号は「犯罪傾向の進度」を表すのですが、A=犯罪傾向の進んでいない者(初犯者)で、B=犯罪傾向の進んでいる者(累犯、および暴力団構成員)となり、要は凶悪で更生の見込みが有るか無いかになります。

    岡山刑務所はLA級なので初犯者や刑期が軽い方の犯罪者が入る刑務所ですが、隣県の広島刑務所になると「I、YB、A、B、P」なので禁固刑や若年再犯や再犯者など幅広い受刑者が集まっています。 (以後は長くなるので、刑務所は書かず略称になります。)

    また、有名人はほとんどが栃木県の黒羽だし、凶悪犯罪や暴力団員は府中~前橋~横浜が多いです。 覚醒剤は甲府、反社会的行為は旭川、帯広~網走~月形は暴力団関係者、鳥取~松江~徳島~高松は凶悪犯罪者で、全部を説明していると長くなるのでやめます。

    そして映画やドラマでは網走刑務所に凶悪犯罪者が入るように設定されていますが、日本で一番凶悪犯罪者が集まっている無期懲役だらけの刑務所は徳島で、二番目が大阪と京都で~三番目が宮城と青森です。

    そして犯罪のニュースなどが騒いでいる時は誰もが気にするけれど、出所した後の生活となれば誰も気にしないのが不思議です。 私は建設現場で嫌と言うほど出所後の人と関わりましたが、出所後はTVドラマと違って反省や改心については個人差があります。

    建設現場以外の職種に再就職していることも多いので、ホンの一瞬のきっかけで狂気が牙を剥く危険性はかなりあります。 建設現場時代に刑務所帰りの方々と接していて怖かったし~本物同士のケンカは最後までやるから、その辺の男性がよく言う「昔はヤンチャしてた」は弱い者いじめをしていただけです。

    なお、学生時代や工場時代の先輩後輩&同級生~上司や同僚などを思い返しても、傷害や窃盗と婦○暴行などが大半で殺人は3人しかいません。

    先月も県北で車から降りた男性が前の車の男性の背中をナイフで刺しましたが、犯行動機は「道を譲らないから」でした。 私も車から降りてきた人に金属バットで殴られたり首を絞められたり、そういう経験があるので県北が懐かしく思えたニュースです。

    あなたは出所後について、考えたことがありますか?

    Σ(゚д゚;) ヨクアルコトネ!?
    関連記事

    PageTop