徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    基本的なこと。

    おはようございます。 今日も素敵な一日の始まりですが、あなたの未来に明るいことがあるのは確定です。 日本に生まれた以上は不幸なんてなく、世界一幸せな国に生まれた感謝の方が先です。

    色々な国が日本に嫌がらせをしてくるのは「好きな子ほどいじめたくなる」と言う小学生心理そのもので、それだけ日本が平和で優しい人が多い魅力的な国だと言う証拠です。 日本人はフェアな人が多く良い国だからわざわざ口に出さなくても、海外の人は日本へ移住したがり働きたいと言う人が多い、それは嫌いではなく好きと言う証明です。

    私は県北で経験済みだから日本人全員が良い人とは言いませんが、それでも県南へ出てきて人の優しさや温かさに触れることで心が解れて癒されて、私は自分の人生に灯りが見えたことに感謝の毎日で、素敵なお客様にありがとうございますと100万回言っても足りないくらいです。

    しかし、その反面として「人を信用する」と言う優しい心を悪用する人がいるのも事実で、私のところへ御相談にお越しになる人の優しさに付けこむ人がいるのは悲しいです。

    私は最初にお越しになった時は必ず霊視カウンセリングの説明を簡単にしますが、その時に「他所で名前が悪いとか、自縛霊が憑いているとか、悪いことを言われているなら、遠慮なくお話し下さい。」と言う説明をします。

    この説明をするとほとんどの方は、「何で、言うのかな~?」と思うかもしれませんが、人を不安に陥れてお金儲けをしようと企む霊能力者(占い師)と言うより詐欺師に近い先生方、そんな怪しい占い師に引っかかると多額のお祓い料を請求されたり、次々とお金を支払う暗示に巻き込まれます。

    私はいつも言うことですが、本物の霊能力者や占い師は宣伝や広告はしません。 TVや雑誌で派手に宣伝広告をするのはお客様がいないからで、本当に忙しい占い師さんはくちこみだけで予約が一杯になります。

    私は詐欺に引っ掛かった御相談を受ける度に思うのですが、ネットでやっている無料占いへメールを送ったら、「悪霊が右肩の方へ憑いている」とか「腰の方へ生首が憑いている」など、こんな怪しげな言葉で不安にさせて取り込もうとする占い師が多いです。

    こんな占い師の言葉は心配しなくても大丈夫なんですが、無料占いで引きつけておいて悪いことを言って不安にさせて、食いついたら「お祓いや物品販売」へ取り込む詐欺です。

    よく考えれば分かることですが、「腰へ生首が憑いている~!」なんて言うのはお笑いのネタとしか思えないのですが、「生きていた首だから生首~生の首だから生首」と言うのであり、見えないのであればそれは生首とは言いません。 (大爆笑?)

    雑誌に出ている霊能力者(占い師)にしても、除霊とかお祓いと言いだしたら既に嘘なんですが、霊能力者や占い師はお祓いをしてはいけないのです。 お祓いと言うのは基本的に神主さんだけが許されるので、やって良いことと悪いことの区別すらつかない先生方の言うことは聞かなくてもOKです。

    基本的に神道ではどこでも御神体を祀りますが、それは人が亡くなると神になり「そこにありつづける」と言う考えだからです。 ここで言う「そこ」とは自縛霊がどうのこうのではなく「御神体」と言う意味で、亡くなった人は神として何かに宿るのだから「物」に宿る以上は、「輪廻転生」はあり得ないと「霊」の存在を認めていないのが神道です。

    つまり、霊視やスピリチュアルに関わる者が神主も兼ねると言うことはあり得ないことで、輪廻転生を認めていない神道と認めているスピリチュアルを混同するようでは、そういう先生は残念ながら霊視は出来ていないようです。

    この歴史と事実によりお祓いは神主さんだけであり、お祓いと言うのは間違った場所へ取り憑いたモノを、間違っているのだから移動して頂く~もしくは正しい場所へ御戻り頂く、これがお祓いの基本なのです。

    つまり、前世があると言う霊視やスピリチュアルの考え方では、お祓い自体が存在してはならないのです。 簡単に言うと「お祓い」を持ち出す霊能力者や占い師は、その時点で(?_?)になってしまうのです。

    そして私が霊視カウンセリングとか霊視カウンセラーと名乗り、占いとはある程度の線引きをしているのにも理由があります。 基本的に占いとは統計学なので、先人の知恵に学ぶと言う大いなる学問です。

    それなのに霊感を持ち込んで商売にしようと言う先生方が多いのが残念な話で、霊視タロット~霊視手相~霊視姓名判断など、ナンデモカンデモ霊視と付ければ儲かるとばかりなのは非常に残念です。

    霊感があるのなら霊能力者としてアドバイスをするのが基本ですし、占い師を名乗るのであれば統計学に基づく「占いの技術」を用いてアドバイスをするのが基本です。 どうも世間では霊視霊感とお祓いなどがごっちゃになっているので、霊視と神道と占いについて書いてみました。

    基本的に霊能力者でも占いの先生でも本物ならば、広告宣伝をしない~派手な看板を出さない~全国各地から来ているなど、これくらいは最低でも充たしていなければ残念な結果となります。

    あなたは基本的なことを、知っていましたか?

    ヾ(。ё◇ё。)ノ ぐ~♪
    関連記事

    PageTop