徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    関ジャニ。

    おはようございます。 今日は日曜日ですが先週の日曜日は東京へいたなんて嘘みたいに早い時間の流れで、先週の日曜日と言えば関ジャニの東京ドームへ行って凄く楽しめました。

    この関ジャニとは「かんジャニエイト」のことで所属はジャニーズ事務所、「関ジャニ8」と表記されることもありますが、「8」のところは横にして「∞」のマークになっています。 なお、この「むげんだい」の表示は、文字化けして見れない場合があります。 m(__)m

    「7人なのに、なんで8(エイト)なの」とはよく聞かれることですが、グループ名の由来は人数でも~ジャニーズでもありません。 その答えは「関西テレビは8チャンネルだから」で、関テレ8のテレの部分へジャニーズを縮めたジャニを入れ、更にジャニーさんが8のままでは面白くないからと捩って∞になりました。

    メンバーは上から「横山裕・渋谷すばる・村上信五・丸山隆平・安田章大・錦戸亮・大倉忠義」ですが、同級生と言う場合もあり厳密に年齢順とは言えないかもしれないので、間違いに付いてはご容赦願います。 m(__)m

    嵐と同期のメンバーもいるし、嵐と仲が良いのもあり、「俺らは嵐を見て、あのステージから、あの上の方からは、どんな風景が見えるんだろうなぁと思っていた」と、しみじみ語っていたのは、ちょっと良い話かもしれません。

    ジャニーズなのでカッコいいと言うのが前提ですが、デビュー曲が演歌と言うのをネタにするほどコミックソングもOK、バラエティに積極的に出演して「ジャニーズのお笑い芸人」とも言われていました。

    ヘタな芸人より面白いと言うのは嘘では無く、本人たちも「俺らには喋りしかない」と気合充分、東京ドームでもコントやしゃべりが面白くて大笑いの連続、M-1グランプリやキング・オブ・コントに出ている芸人さんより間違いなく面白いです。

    そしてメンバー間に差はあるけれど、実は踊れるグループでもあります。 今までは余り踊らないことが多かったので踊れないと思っている人もいますが、ドームで見た彼らは某ダンスグループの後ろのメンバーより、遥かに踊れるので意外な感じがする人もいると思います。

    バラエティでいじられた時に本人たちも乗っかっているだけで、基本的にはジャニーズだから結構踊れるし、ドームクラスでは縦横無尽に動き回るので運動能力に驚きます。 (ただし、メンバー間でかなりの差があるので、全員と言う訳ではありません。)

    それからイメージ的に仕方が無い部分もありますが、ふざけている歌は意外と少なく、コミックソングばかりではありません。 テイチクエンタテインメントに所属するところも大きく、有名無名に関わらず良い作曲家や良いプロヂューサーと仕事できるのはメリットです。

    演歌デビューした後は昔ながらの歌謡曲を多く歌ってきましたが、ロックバンドスキルやコミックソングを歌ってきた表現力、その他にも何でもこなせる部分を知るのは、多種多様な曲を集めたアルバムが参考になると思います。

    こういうことができるとコンサートで幅が広がるのですが、東京ドームでもJ-POP⇒ダンス⇒バラード⇒ロック⇒コントなど、常に観客を飽きない構成となっています。

    ちなみにメンバーには作詞作曲のできる者も多く、特に安田章大の作品はシングルやアルバムを問わずに数多く収録されているようです。 (これはゴーストライターではなく、本当に自分でしているモノが多いようです。)

    そして見た目も身長も性格もバラバラで、最初は誰が誰だかよく分からないと思います。 ざっと説明すると横山裕はお笑い芸人のようにボケもできてメンバーを引っ張っていることが多く、渋谷すばるは歌が上手い&イケメン担当ですが実は下ネタ好きでボケもできます。

    村上信五は基本的にいじられ&天然ですがツッコミや司会業もこなせるタイプに変貌中、丸山隆平はムードメーカー的存在でギャグを連発したりもしますが実はネガティブ系、安田章大は髪型やファッションが奇抜で中性的な魅力、錦戸亮はドラマイメージとは違いシャイで人見知り+ツンデレタイプ、大倉忠義は年長に見られがちですが実は最年少でかなりの大食いです。

    そして関西と関東の違いもあるのかもしれないけれど、確かに嵐と関ジャニでは集客力が違いました。

    ステージは素晴らしく嵐にも負けていないとは思いますが、ドームの一部に空席~そして席の一部閉鎖や椅子の並べ方の差もあり、実際の観客数は45000万人に届くかなぁと言う感じでした。 マスコミのデタラメではなく実際の東京ドーム最高観客数は氷室京介、その後に嵐⇒SMAP⇒ミスチルの順で続き、他は正直言って(?_?)かもしれません。

    しかし、東京ドームは最終日と言うこともあり、トリプルアンコールなど盛りだくさんで凄く楽しかったし、メンバーの最後の挨拶にちょっと感動してしまいました。

    最後に彼女が欲しいけれど女性へ声を掛ける勇気が無い男性は、迷うことなく一人で関ジャニのコンサートへ行けば、コンサートの間に一度か二度は隣の女性へ話しかける&手をつなぐチャンスをくれます。 (今回も、まぁ、良い感じのチャンスはありました。)

    例えば、今回も村上信五が「男のエイタ―に大きな拍手を!」の後、渋谷すばるがすかさず「ナンパしろよ!」と続けましたが、他にも「手をつないで!」などチャンスは作ってくれるので、そこでチャンスを活かせないのは男の方の責任です。

    今年の東京ドームも残りの参戦予定は、安室奈美恵⇒プリンセスプリンセスと続きますが、東京ドームはアーティストの手抜きが少ないし、席の確保もしやすいのでお得な会場で個人的には好きな会場です。

    あなたは関ジャニを、見てみたいですか?

    (^人^)感謝♪

    関連記事

    PageTop