徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    夢を叶える。

    おはようございます。 今日は日曜日ですがお休みの人も仕事の方も、素敵な一日の始まりになると信じています。 素敵なあなたの見る夢は叶うからこそ想像できるのであり、何も無いのに思い描くことは出来ないのです。

    「あなたの夢は叶う未来ですか? それとも叶わない未来ですか?」と言うのを、いざ考えてみると夢って何ですかと言う答えだって出てくるかもしれません。

    目的地へ行くのに電車が来たら行き先を確かめて電車に乗る、それと同じように夢だって何をしたいかと言うことを確かめないと叶いません。

    夢の話をする時に夢を勘違いしている人が結構いるのですが、夢と聞かれて大袈裟にスゴイことだけが夢ではありません。 夢の定義には人それぞれの考えがあるかも知れませんが、夢と言うのは叶っている小さな夢に気付かないと次の大きな夢は叶わないのです。

    人は苦しいことにはなかなか慣れないけれど、贅沢なことや楽なことにはすぐに慣れてしまいます。

    今の日本では夢を持とうとしても夢が無い人が多いのですが、夢がないと言うのは悲しいことでもあります。 夢が無いと言うことは感動が無いと言うことで、感動が無いのであれば何をしても心が揺さぶられることもないからつまらなくて当たり前です。

    この夢と言うのは生活水準が上がれば上がるほど無くなってくるのですが、思い描いていたことが叶えば次の夢は高い位置になります。

    分かりやすく言うと、最初は車の免許が取りたいと言う夢だったのが~軽四でいいから欲しいとなり~次は普通車が欲しいとなって、そうなると今度はポルシェが欲しいとか更に上を目指して行くことになります。

    車が欲しいと言う夢も最初のうちは叶いますが、それがポルシェとかになってくると家一軒分の値段だから簡単には手に入らなくなります。 そうなると夢が叶わないと言う気持ちばかりが募り、「どうして?」と言う気持ちが妬みなどを生んでしまうから純粋な夢では無くなるのです。

    夢のハードルが低い時は幸せ感で一杯になりますが、夢のハードルが上がると夢が叶わないことで不満が募ります。 それならば夢のハードルが低い方が幸せの満足度が高いのではないかと言う不思議な現象まで起きてきます。

    トンカツをお腹いっぱい食べたいと言う夢、ディズニーランドでミッキーに会いたいと言う夢、こういうことは努力と行動により必ず叶うのですがハードルが低いからです。 低いけれど必ず叶う夢ではあるから幸せ感があるのですが、それが慣れてきて当たり前になると次へ目が向いて感謝の気持ちが無くなります。

    人は辛い時や苦しい時には「何とかしてくれ~!」と断末魔のごとく叫びたくなるし、夢が叶った時も最初のうちは「うれしい~!」となるのですが、苦しさから立ち直れて当たり前の世界が続くと不満がでてきます。

    嬉しいことだった何度も続いてくると飽きてくるとか当たり前に思うなど、嬉しいではなく当然となって感謝が薄れてきます。

    スポーツでも最初はやっているだけで楽しいはずですが、クラスで№1から地域で県で全国でと進んで行き、オリンピックの金メダルを取るとなればもう天文学的な確率となり、目指していても取ることはできないと言うレベルです。

    夢は努力すれば叶うと言う言葉の裏返しには、その夢を叶える為には捨てなければいけないモノが一杯あり、それらを犠牲にしてまでも手に入れたいことなのかどうかが問題になって来ます。

    そういう私も人のことは言えないのですが、昔は予約が1年待ちでないと1流ではないのかと悩んだこともありました。 踊らされても仕方がないのに踊らされる~気にしても仕方ないのに気にしてしまう、これらは私が目先のことを夢と勘違いしていたからなのかもしれません。

    私が霊視カウンセラーになったことの意味とは「誰かの役に立つ」と言うことが軸としてあるだけで、それ以外に思う必要が無いはずなのに「有名になりたい~お金を稼ぎたい~楽をしたい」など、人にはいくつもの欲望が出てきます。

    そういう欲望だらけの私は反省する毎日は当たり前のことで、自分を戒めて厳しくする毎日を過ごしているのも当たり前の話で、私が霊視カウンセリングをしているのは、「私と出会うことで人生が豊かで幸せな気持ちになれる」が全てであり、私と言う人間が存在することで幸せになる人が増えることが私の使命になると思うのです。

    あなたは夢を叶えることを、どう実現していきますか?

    (゚∇^d) グッ!!
    関連記事

    PageTop