徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    善意。

    おはようございます。 大震災から1週間が経ちましたが、水や食料や薬など足りないモノだらけで、緊急支援はいくらあってもいいくらいです。 それに原子力発電所も予断を許さない状況なので、これからも支援の手を広げていかなければならないのです。

    私のHPはもうすぐ50万カウンターになりますが、以前のブログで書いたように50万カウンターを記念して全員へ無料プレゼントしようと準備していました。 しかし、大震災が起きたのでイベント関連のことをする気にはなれず、記念品は宙に浮いたままお蔵入りの予定でした。

    そう思っていたら12~13日にお越し頂いた素敵なお客様より義捐金の申し出、それに義捐金の呼びかけと言う御提案を頂きました。 その時は義捐金を頂いた方へお礼の気持ちで準備していた記念品を渡していたのですが、「義捐金を頂いてお渡しする」を繰り返しているうちに閃きました。

    「あっ、この記念品は義捐金を頂いた方々へお渡しすることで、義捐金をしたと言う証明になるのでは?」と、偶然ではあるけれど準備していた記念品が善意の証へ生まれ変わるかもしれないと思いました。

    実は記念品として手作りの「小銭入れ」を発注していたのですが、これは江戸の職人さんが一つ一つ丁寧に仕上げた物です。

    当初は伝統技術を守れたらと言う気持ちで、この小銭入れを手にすることで江戸小物の技術や味わいに心惹かれたら、今度はお店に足を運んで職人さんの粋を見て頂けたなら、伝統の技術が今後も生き残れるお手伝いができると思いました。

    この小銭入れに花柄が入っているのはアクセントでもありますが、東京には「東京染小紋」と言う伝統があります。 昔は当然ながら江戸小紋と言いましたが、江戸時代に諸大名が着用した裃の染めに由来する小紋のことを言います。

    これは大名家間で模様付けの豪華さを張り合うようになるほど流行り、江戸幕府から規制を加えられました。 その為、遠くから見た場合は無地に見えるように模様を細かくするようになり、その結果として非常に高度な染色技を駆使した染物となりました。

    また、昔のことですから格の違いや力関係により、各大名で使える模様が固定化して行きました。 代表的な模様として「鮫(紀州藩徳川氏)」~「行儀~角通し」、「松葉~御召し十(徳川氏)」、「万筋~菊菱(加賀藩前田氏)」、「大小あられ(薩摩藩島津氏)」、「胡麻柄(佐賀藩鍋島氏)」などです。

    そうなると庶民も小紋を真似するようになり、江戸小紋でも大名の裃柄が発祥の柄を「定め小紋」で、庶民の遊び心から発祥の柄を「いわれ小紋」と言います。 江戸小紋は型紙を使って染めるのが特徴で、この型紙は江戸で作ることが出来なかったので伊勢に注文していました。

    大名が着用していた経緯から江戸小紋の中でも「定め小紋」は格式が高く、裃の柄の大きさは6段階に分かれていて、殿様に一番近い上位の家臣が最細柄を着用して下位になるほど柄が大きくなりました。

    なお、これらにより定め小紋は礼装として着られる着物で、きちんとした公式の場で着られる着物の一つと、ここまでが江戸小物や江戸小紋の簡単な説明になります。

    50万カウンター記念に使う予定だった小銭入れが、善意の気持ちの証になると思います。 そして小銭入れを見るだけで共通の繋がりも確認できるし、小銭入れもお蔵入りせず日の目を見ることができて幸せだと思います。

    義捐金の受付方法ですが、鑑定の時か~郵便で倉敷事務所までお送り頂ければ幸いです。

    この方法を取る理由は東北地震への寄付を他と混同しない為と、対面やお電話やお手紙でキチンと御礼を申し上げたいからです。 また、被災地で必要なのは品物と言うのはある程度までの話で、行き渡り始めたら品物が重複して無駄になると思います。

    そして小銭入れは、「デジカメの小部屋」に画像をアップしています。 これは優しい心の持ち主が持つことができる、善意の気持ちが籠った小銭入れになると信じています。

    この2011年3月11日午後2時46分に起きた大震災のことを忘れず、素敵なお客様の心に生き続ける証になると信じております。 日本人は尊い気持ちを持った国民だと私は感動しているのですが、日本中に善意の気持ちを持った多くの方々がいる以上、日本人は捨てたもんじゃないと思うのです。

    このような状態で暴動や略奪などの犯罪行為が横行しないのは、日本人には善なる気持ちが内に秘められているから、「してはいけない」と言うブレーキが掛かり、「やらなければならない」と言うエンジンが掛かり、多くの善意が多くの人々の支えとなれると信じています。

    今日から私が東京へ行くことで何かが変わるんじゃないかと期待して頂いたり、福島~宮城~栃木~茨木~東京など素敵なお客様が必死の思いで待っていてくださる気持ち、その思いが無にならないよう私は自分の強運が事態を好転させると信じて東京へ行きます。

    今日も不安な気持ちでお過ごしになっている方々や、震災で家や御家族を失い避難生活を送られている方々が、一日も早く元の平和で笑顔が飛び交う生活が戻るよう切に願っております。

    m(__)m



    お知らせ:出張の為、ブログの更新はお休みしますが、このブログが勇気や元気の源になると信じて、23日(水)のお昼頃には再開できるよう努力いたします。 予約の受付は引き続きしておりますので、遠慮なくお気軽にお申し付けくださいね。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m
    関連記事

    PageTop