徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    恵まれている。

    おはようございます。 今日からGWが始まりましたが、旅行や勉強や仕事などなど色々なことへチャレンジもできるし、時間と言うのは有効に使えばいくらでも自分の成長が見込めると思います。 私はGWも変わらず事務所にて鑑定で、素敵なお客様がお越し頂けることをワクワクしながらお待ち致しております。

    私は自分が強運とかついていると公言していますが、運勢と言うのはついていると思えばついているし~ついていないと思えばついていない、考え方によって如何様にもできることが多いです。 これは雨が降れば傘を差すがごとく自然なことで、当たり前のことを当たり前にしていればそうそう間違いは起こらないと思うのです。

    私は常々強運とか恵まれていると言う言葉を使いますが、私が恵まれていないと言えば贅沢極まりないことになると思います。

    私は県北時代のことを度々引き合いに出しますが、それはついていないのではなく行動しない自分が悪いだけでした。 運が悪いのと行動しないのは別物で、何をどうすればいいかは自然な流れのごとく当たり前に動けばよかったものを、できないとか無理だなどと言い訳してごまかして逃げていただけです。

    今から考えれば幸運だと思えることが多かったと、気付いているのは遅かったかも知れません。 私が生まれてきて幸せなことをひとつひとつ上げていけば、目が見える~手足が動く~健康で元気で自由に動けると基本的なことがまず幸せです。

    更に小中高と学校へ行くことができる幸せがあり、この地球上にいる66億人の中で言えば読み書きができない人の方が圧倒的に多いのだから、本を読める~ネットができる~携帯やTVが使えるなんて言うのは、奇跡に近いくらい幸せなことです。

    こう考えると昔から私はとても贅沢なことばかりしていたと思うのですが、それなのに不平不満ばかり言っていたのは恥ずかしい限りです。

    あぁ言えばこぅ言うと屁理屈ばかり振りかざすくせに何もできない自分で、物事が出来ないのは周りが悪いからだと人のせいにばかりしていたのは、私が未熟で自堕落的な人間だったからだと反省しています。

    気付かないよりは気付いた方がいいけれど、気付くのが遅いと後悔することもあります。 もっと早く気づいていれば良かったのに、気付くのが遅ければそれだけ時間を無駄にしている、そういう根本的なことに気が付かないのは私が馬鹿だったからです。

    悪い環境に慣れて染まってと適応&同化してしまうと、悪いことが悪いと言うことすら分からなくなるのです。 私は生まれた時から本当は恵まれているはずなのに、それを不運だとか不遇だと勘違いしていたのは私がバカタレだったと言うことです。

    霊視カウンセラーとなってからも当分の間は同じ考えで変わらなかったのですが、お客様がゼロの時代があったり~1ヶ月に15人前後と言う時代があったりと、ほとんど無職に近い状態で不平不満を言ってた恥ずかしい時代もありました。

    今から思えば未熟だらけで恥ずかしい限りですが、人通りが少ないとか看板が出せないからなど、未熟なことを棚に上げて不平不満が多かったです。 お客様がゼロなのは自分がダメだからゼロなだけで、誰のせいでもなく自分のせいだったことに気付かなかったのです。

    昔の私は商店街やデパートなどへ事務所を構えたらお客様が増えると安易な考えでしたが、そんなことをしてもお客様ゼロは変わらなかったのに、どうしても人通り信仰や集客は誰かにしてもらうと言う他力本願が頭に根付いていました。

    「誰かの役に立つ人生」と言う言葉を私はよく使いますが、場所や条件は信念とか思いの強さにより打破できることがほとんどです。 もしもクリアできないとしたなら、それは本気でしていないか~出来なくても大丈夫など、本当にやりたい気持ちが湧き出ていないからだと思うのです。

    今の私は本当に恵まれていると感じることが多いのですが、一番恵まれているのは素敵なお客様にお会いできることです。 私のところへお越しになるお素敵なお客様は全てが天女か女神と思える方ばかりで、心が浄化されて清らかな気持ちにさせられる時間は凄く貴重で大切な時間です。

    他の占い師さんでは絶対にあり得ないことが霊視カウンセリング山崎には起こりますが、それは素敵なお客様から元気や勇気を頂けるほど素晴らしい方ばかりがお越しになると言う奇跡が毎日起こっているからです。

    私は寄付以外にもキリ番プレゼントやお守りプレゼントなど色々なことをしますが、それは素敵なお客様の思いや行動に対して恩返しするのは当たり前で、それをしない方がおかしいと思うからです。

    一度死んでいた人生だったのに、素敵なお客様にお会いできて少しずつ人間的に成長させて頂いている、素敵なお客様の御支援と御愛顧により未熟な私もどうにかこうにか歩むことができています。

    毎日がこのような感謝の日々であり、素敵なお客様にお会いできることが私にとって人生の大いなる意味として、私が生きていることにより少しでも誰かの役に立つことができるのかもしれない、その為にも日々の精進を怠ることは出来ないと思います。

    本当の幸せとは何不自由のない今が幸せな瞬間であり、不幸とは不幸な考え方が引き寄せてしまうだけなので、恵まれていると考えていれば奇跡と言うのは誰の上にも存在すると信じています。

    私は奇跡と幸せが毎日起きていますが、未熟な私に予約が入るのは奇跡で、事務所で素敵なお客様にお会いできるのは幸せで、いつも本当にありがとうございます。 m(__)m

    あなたは恵まれていると、今の自分を信じられますか?

    ヾ(=^▽^=)ノ ラッキー!
    関連記事

    PageTop