徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    不倫。

    おはようございます。 素敵なお客様に取って今日と言う日は大切な掛け替えの無い一日、それを無駄にせずに生きていくのも大切ですが「無駄にしない」を考えすぎると、逆に息が詰まってくるかもしれないので要注意です。

    何故なら息が詰まって苦しくなると溺れる者は藁をも掴むと言うことから、ダメだと思いながらもついつい不倫と言う名の秘密の恋へ、走り始めてしまう危険性があります。

    霊視カウンセラーに成り立ての頃は不倫なんて絶対にいけないと思いましたが、色々な方々の御相談をお伺いするうちに少し変化が起きたのかもしれませんが、不倫をすることで精神のバランスを取る状況にある人たちが視えてきたので、何が正しいのか迷い始めました。

    例えば、御主人が殴る蹴るのDVをして借金し放題、家にお金を入れてくれないから子育てと仕事に頑張るしかない、そんな時に優しくしてくれる男性がいて好意を抱く、不倫になってしまうけれど不倫のおかげで精神のバランスが保てて、それにより子どもへの八つ当たりも減る、こういう状況なら不倫も絶対に悪いと言えないのではないかと迷い始めたのです。

    不倫をしてはいけない、不倫の先にあるのはひとつの家族の崩壊、それは疑いようの無い事実であるし、不倫をしている当事者ですら自分が正しいと断定する人は少ない、色々な御相談を受けると言うのは相手に感情移入せず冷静に視られるかどうか、占い師やカウンセラーは簡単なように見えるかもしれないけれど、こういう難しい部分が多いです。

    不倫関係から結婚できたとしても、運命と言うのは同じことを巡り巡って齎すので、不倫関係で幸せになる人の絶対量は少ないのではと思います。

    そうは言っても御相談を受ける中に不倫関係を続けたいと言う御相談も少なからずあり、それをダメだと否定するだけでは単なる噂好きな近所のおばちゃんになるので、不倫をする時にばれない為にはどうすればいいのか、それを書いてみたいと思います。

    これを書くことで不倫をしている人には間違いなく参考になるし、逆に旦那が不倫(浮気)をしている人にも見抜く参考になるので、良いのか悪いのか分かりませんが色々な意味で一石二鳥になると思います。

    道徳上や立場上では不倫をお勧めできませんが、占い師や霊視カウンセラーと言うのは「御相談者の味方」と言うのが基本ルールであり、どんな占い師さんでも御相談を受けた以上は答えを出さないといけない、自分の道徳に反することでも答えなければならないのは、占い師やカウンセラーの宿命で避けられないから、常に心の中立性を保てないと続けることはできないのです。

    好んで書きたい内容じゃ無いから余り詳しくは解説しませんが、不倫を長く続ける為にはどうすればいいのか、不倫をするならお互いのルールを決めること、そして決めた以上は必ずルールを守ることで、単純で簡単だけど守るのは難しいルールです。

    例えば、好きだからと自分の考えを押し付けてはいけないのですが、今は携帯があるからメールと言う便利なモノがあります。 それでも手軽だからと繁盛にメールするのは間違いで、例えば1週間に3回(月・水・金)で土日祝はしない、そしてメールの時間を決めておくなどがルールの一つです。

    そうすればメールが来ない時でもこちらからメールを送る口実になるし、そのメールの時間に合わせて行動すればいいから生活にメリハリもできます。

    そしてメールのやり取りをすれば次には声が聞きたくなる、男女の仲では極く自然なことで、その思いが決壊しないように堰き止めておく為にも定期的に電話をすることで、週に1~2回で良いから電話をする日時を決めて、必ず相手と会話することです。

    ただし、人間は機械じゃないからどうしても声が聞きたいとか、どうしても声が聞きたい時があると思いますが、それには留守電を使いお互いの声だけでも繋がりを確認しておきます。

    そして不倫を上手く行かせる絶対条件として、会う時には待ち合わせ時間を守る~会っている時には別れる時間を守る、この時間を守ることが不倫関係を守ることへ繋がります。

    会う時間を守るのは普段会えない時間を無駄にしない為、別れる時間を守るのは相手の家庭と関わらない為、相手には家族がいると言うのが不倫であり、相手の御家族に「遅いなぁ!」~「どこへ行った?」と思わせたら、間違いなく心配が疑いへと変わります。

    相手と会っていたい気持ちは分かりますが、疑いを持たれたら自分で自分の首を絞めることになるので、別れる時間を厳守して少し早目に家に帰すと言うのは絶対条件です。

    これは友人関係でも同じことで、「もう少し良いじゃない?」と言うのは、自分の都合を相手に押し付けていることになるので、いつの間にか友人が減ったと言うことになりかねないのです。

    もう少し~もう少しと一緒に居る時間を引き延ばすのは結構ですが、引き延ばした分だけ張りつめた糸は切れてしまう可能性大で、これを守れないルーズな間柄だと気付いた時に泣くのは自分となってしまいます。

    今日の内容は余りお勧めできることではありませんが、不倫をしている人には参考に~浮気をされている人には気付きのヒントに、今回は特別に書きましたが道徳的に不倫はお勧めできません。

    ただ、霊視カウンセラーとしては相談を受けるのであれば、その相談に答えなくてはならないので、如何なる時でも相談中は自分の道徳を一時的に収めるが原則で、占い師は感情と精神を中立に保てないと潰れていくからこそ、次々に占い師さんが開業⇒廃業と言う出入りの激しい業界なのです。

    あなたは不倫について、どのように思いますか?

    |||凹[◎凸◎;]凹|||ガビーン!
    関連記事

    PageTop