徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    松下政経塾。

    おはようございます。 昨日よりは今日、今日よりは明日と、毎日がより良くなっていると信じて、素敵なお客様の明るい未来へ私はワクワクドキドキと期待しています。 その為には自分がするべきことと、自分がするべき本分を見極めることも大切です。

    簡単に言うと、農業を職業とする人は「良いお米を作る、良い野菜を作る」と言う農業本来のことが仕事で、漁師さんは海へ出て魚を取って新鮮なモノを市場へ下ろすことが仕事で、料理人は良い材料を選んで美味しい料理を作るなど、職業の本分に沿ったことをするのが当たり前です。

    これはお勤めの方でも商売など自営業者の方でも同じことで、自分がしている職業以外の余計なことをしてはいけないのです。 バブル期に不動産や株式投資が儲かるからと言って、本業そっちのけで金儲け第一主義へ走った会社も、バブル絶頂期は威勢が良かったけれど今は見る影も無く潰れてしまった会社も多いです。

    本屋さんで魚を売るのは間違っているし、建設会社で怪しげなサプリメントを売るのも間違っているし、肉屋さんで靴下を売るのも間違っています。 「売れればいいじゃないか?」とか色々な意見があると思いますが、本業以外の余計なことをすると言うのは本業に打ち込んでいない証拠です。

    人は余裕が出るとついつい余計なことに手を出したくなるのですが、何の為に余裕ができるのかと言えば「本業を更に向上させなさい」と言う暗示で、余計なことをしろと言う暗示ではないのです。

    今の日本は外国との交渉は負けるばかりだし~税金は増える~失業も増える、おまけに赤字もドンドン増え続けると言う体たらくになってしまったのですが、これは政治家が思想と精神を吐き違えているからです。

    民主党は期待外れだったと思う人が増えましたが、だからと言って「民主党がダメなら自民党」と言う考え方は危険です。 私は建設現場時代に視察に来た自民党の議員や秘書から、「おまえらみたいなゴミは、死んでもえぇんじゃ」と言われましたが、あんな議員たちがまともとは思えません。 (私はどの政党も政治家も、まともとは視ていません。)

    私は経営者としても人間的な考え方にしても、松下電器産業創業者の故松下幸之助氏は素晴らしいと思っていました。 その故松下幸之助氏が1979年に公益財団法人の松下政経塾と言う政治塾を設立しました。

    次代の国家指導者を育成すべく「70億円の私費」を投じて神奈川県茅ヶ崎市に設立されましたが、財界人の故松下幸之助氏の意向で設立されたことから、結果的に卒塾生の多くが新保守主義とか新自由主義志向となりました。

    この松下政経塾は言うことだけは立派でも中身は幼稚園レベルで、実際は単なる遊びの場だからダメ男君を増殖させる塾です。 給料は出るし寮生活で衣食住は保障されているし、卒業後の就職斡旋はしないと言いつつOBの口添えがあります。 すぐに松下政経塾卒業と名前を出して偉そうにするし、プライドだけは高く我儘で横柄な人を増やす為の塾です。

    人には誰しも生きているうちに使命に気付くと思いますが、自分が生きていく上での使命とは何かに打ち込んでいるとか、やっているうちにライフワークとなるなど、多少の困難があったとしてもぐんぐんと成長していける分野こそが使命となるはずです。

    故松下幸之助氏の思いは日本が豊かな社会になることで、誰でもが家電製品を使えて誰でもが笑顔で暮らせると言う社会を目指していました。

    若かりし故松下幸之助氏が街で見かけた風景、それは他人の家の蛇口で水を飲んでいるホームレスの人でしたが、その家の人は注意すること無く好きなだけ飲ませていました。 その瞬間に故松下幸之助氏は「あっ、水のように安くて大量にあれば人は寛大になる。」と閃き、多くの人を幸せにするには豊かな国作りだと仕事に邁進したのです。

    今はパナソニックになりましたが松下電器産業は日本を豊かにする原動力となり、日本の財界や物作りの基礎となったのは誰もが認める多大な功績だと思います。 ところが故松下幸之助氏が私費を投じて作り上げた松下政経塾、これは本業でも無ければ本分でもありません。

    商売が本分の人が政治をすればどうなるか、意外と知られていませんが「民主党は松下政経塾OBの政治家が大半」で、民主党政権は「松下政経塾の出身者」で構成されています。

    故松下幸之助氏が日本を豊かにした功績は誰しも認めるところですが、故松下幸之助氏がいなければ松下政経塾は存在しません。 そうなると民主党政権も存在しないから福島第一原発の人災も起きていないので、今となっては故松下幸之助氏に資産があったことは取り返しが付かない、最悪の事態を日本に引き起こしてしまいました。

    同じ資産をつぎ込むのでもヤマト運輸の故小倉昌男さんは、自分の資産40億円以上を投入してヤマト福祉財団を設立しました。 これは松下政経塾みたいなピンボケ団体ではなく、障害者が自立できる道筋を作ることを目的とした団体です。 スワンベーカリーと言えば分かる人も多いと思いますが、小倉昌男さんは障害者の自立支援に尽力していました。

    話は戻りますが、悪いことをしておいて天罰が当たらないことも余り無いので、パナソニックと京セラ~及び関連会社&子会社は、業績低迷や大リストラが起こり始めるかもしれません…。

    あなたは松下政経塾、その存在を知っていますか?

    ハァ━(-д-;)━ァ…ダメダコリャ?
    関連記事

    PageTop