徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    現場。

    おはようございます。 人と人との関わりは不思議な縁だと思うのですが、私が県北だったら出会わない方々と関わっている現状は不思議です。 更に私が近所だけでやっていたら~地域だけでやっていたら、今回ほど心にダメージを受けることはなかったと思います。

    東京出張を始めてから地域と言う観点ではなく全国と言う観点で次々と縁ができ、その東京出張も倉敷へお越しくださる素敵なお客様のおかげで、最初は赤字でも耐え凌いで続けられました。 言うなれば倉敷へお越しになる素敵なお客様が、間接的に東北や関東を支えたことになります。

    話をしなくても関わりができることは多々あるのですが、元日のお守りプレゼントに並んでいた人の中には東北や関東に関わりのある人も大勢いたはずだし、新年会となれば更に福島~栃木~茨木など被害に遭われた地域の方と直接の関わりがあります。

    そういう縁を繋いでいけば私のところへ来ると言うことは、知らない間に知らない縁で東北の被災者の方々と縁ができていることになります。 だから私のところへお越しになる素敵なお客様は、知らない間に東北の方々を助けていることになります。

    そういう繋がりを休憩中に霊視して行くと、県北で寄付とか考えず野垂れ死にしている人生と、東北の未来を視るのは辛いけれど少しでもお役に立てる人生と、どちらが良かったのかをふと考える時があります。

    県北だったら自分の欲望だけで後は全て余計なことですが、霊視カウンセラーになって縁が増え続ける人生は楽しい反面、悲しいことを避けては通れないのです。 自分ではどうにもできない場面に対峙した時に、私は無力感で自分を喪失するような悲しい気持ちが止まらないのです。

    福島第一原発は私がブログに書いていることが全ての真実で、見えない人が適当な発言で世界中を惑わしている現状は非常に残念です。 ヒトコトで言うなら「言う方は楽だけど、やる方は大変」で、今の福島第一原発で作業しているのは下請けや孫請けで、肝心の東電社員は安全な場所で命令するだけです。

    図面を持って指示するのが東電社員で~工具を持って現場へ行くのが下請けで、指示するだけの東電社員は楽で安全だけれど、実際に現場へ行く作業員は大変な上に危険です。 給料が高い方が楽をして~給料が安い方が苦しい思いをする、それが福島第一原発だと言う事実は動かせません。

    TVのキャスターやコメンテーターや大学教授などは、現場のことも分からないのに無茶なことを言うなと思います。 「少しくらい放射線量が高くても、根性で作業すれば」なんて無責任な話で、あの現場の状況で「やれるもんなら、自分でやってみろ」です。

    原始炉の中で放射線量が高くなっているとどうなるか、放射線は人体に影響の無いレベルだと目に見えない上に何も感じません。 ところが体に影響の出るレベルになると目に見えないだけで、身体に感じる振動や衝撃みたいなものがあります。

    初期段階は皮膚がチクチクして、中期段階だと圧力を感じ始めて、それ以上だと火も無いのに焼け爛れるから、「もう、おまえは死んでいる」と北斗神拳みたいです。 防護服があれば影響は少ないけれど、細かい作業をするには防護服を薄くしなければならない、薄くすれば被爆して死んでしまうかもしれない、こんなジレンマを抱えながら現場は作業しています。

    例えるなら、手首にマッサージ機を当てて振動がある状態で針の穴に糸を通す、こんなことを繰り返しているから作業が進まないのです。 キツイ放射線を当てられると手が震えるし、おまけに筋肉が硬直して自由に動けず息すらできない時があります。

    自分では前に進もうとしているけれど足踏みしているだけで進めないから、根性とか言う問題ではなく見えない壁があるのです。 それに防護服無しで原子炉へ近づくのは、お焚きあげやキャンプファイヤーみたいに大きな焚火へ、Tシャツ姿で近付くのと同じくらい熱いです。

    何枚も重ね着した上に防護服を着てサウナ風呂より湿度と温度が高い場所へ入る、そんな状況で作業しているのに周りから無責任なことを言うなら自分でやるのが一番です。 私は現場で作業している方々の行いに感謝しているし、日本の命運をかけて戦っている姿に感謝の気持ちで一杯です。

    なお、政府が原子炉を布で囲うなんてアホなことを言っていますが、そんな囲いを作ったら圧力の反作用現象が起こり、いくら特殊金属の原子炉でも爆発確定です。 建設会社へ仕事を発注する利権がらみの案では、本当に原子炉を止める気があるとは思えません。

    圧力弁を壊して被害を拡大させておきながら自分の保身が第一、どこかの国の総理大臣が荒唐無稽な行動をする理由、それは出身地などの環境や先祖からのDNAが関係するのかもしれません。

    日本全国の人が勘違いしていると思いますが、どこかの国の総理大臣はY県ではなく○○県の県北出身で、奥様も同じく同郷の○○県出身です。 環境とDNAのルーツを辿れば全て県北へ繋がるので、日本を破滅させる負のパワーに憂いています。 (; ̄Д ̄) ナニー!

    最後に政府や東電の説明で大きな間違いの部分、そして東工大や東大の教授レベルじゃ理解していない部分があります。 それは放射線の10~30%は防護服を通り抜けるから、除染は常にしないといけないので、防護服があれば大丈夫と言うのは真っ赤な嘘です。

    まさに今の状況は、「立てば国難、座れば人災、歩く姿は風評被害、寝ている主人は裸の王様」と、言えるのが民主党政権なのかもしれません。

    あなたは現場で作業している方々を、応援したいと思いますか?

    オッケー☆⌒c( ̄▽ ̄)マカシトキィ!
    関連記事

    PageTop