徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    心。

    おはようございます。 いつも素敵なお客様には笑顔が溢れる出来事があるはずですが、それは運命からの御褒美が当たり前に見せかけた奇跡として、何不自由ない生活が本当は幸せだと気付かせてくれると思うのです。

    今から思い返せば昔の私は揚げ足取りばかりしていたのですが、それはいじめられていたから何かあれば自分を守ろうと言う気持ちで、自分へ責任が来ないように人のせいにばかりする気持ちで言い訳ばかりしていました。

    今も自分を守ろうと言う気持ちが湧き上がれば、「いや、これは自分がダメだから戒めがあるだけで、言われる自分が反省材料としなければ…。」と言う気持ちへ、変換するようにしています。

    運命は不思議なもので良いことと悪いことは半分半分だから、良い時ばかりも続かないし悪い時ばかりも続かない、私は素敵なお客様方のおかげで本当に幸せな日々を送らせて頂いております。

    しかし、逆に言えば自分自身が常に精進して行かないと、いつ運命から「調子に乗るな!」と奈落の底へ落とされてしまうか分からないので、図に乗らないように~態度がでかくならないように、相手に対して不快感を与えないように、私は毎日する反省が続いております。

    人は人と出会うことで人生が変わるのですが、そこには一つのコツと言うか~ステップアップの秘訣みたいなものがあり、それは誰もが何となくカンの部分で気付いていると思います。

    良い人と出会うことが運を良くすると言うのは誰しも気付いているけれど、良い人と出会う為にはどうすればいいのか、卵と鶏の関係になるけれど「自分のレベルを上げる」ことが最善の方法です。

    私はお越し頂く素敵なお客様に引き上げて頂いているだけで、私自身は大したことが無い未熟者の霊視カウンセラーです。 私の初期を知る人は私が暗い顔してぼそぼそと話をして、良いことではなく悪いことを言う方が多かった、そんな時代があったことを覚えていると思います。

    あの当時から比べると私もニコヤカに応対できるように心がけているし、明るくハキハキと喋ることができるようになったと思いますが、あくまでも昔に比べたらなのでマダマダ精進が足りないと思います。

    評価と言うのは人がするものだから私が自分の頭の中で思い描いたところで、お越し頂ける素敵なお客様に満足して頂けないのは全て私が悪いのです。 全ての方に御満足して頂けるようになりたいけれど、それは見果てぬ夢かもしれないので、死ぬまで努力を続けて行かなければならないと思っています。

    「自分から見た自分と、人から見た自分」は意外と差があるのですが、私はお越し頂く素敵なお客様に不快感を与えないよう、事務所は「常に綺麗~良い香りがする~室内は明るく~出迎えとお見送り~笑顔で話す」など、いくつもの点を常に気を付けているつもりです。

    しかし、これはあくまでも私が考えているだけの内容であり、お越し頂く素敵なお客様の側から見れば、どれも当てはまらないと言われるかもしれません。

    また、私を見て「暗い、威圧する」などの印象を持たれる方もいるし、「言い方がキツイ」と私の言葉に問題アリと言う方もいるし、肝心の霊視に関しても「当たらない、悪いことばかり言う」と言う方もいるし、全ての方に御満足して頂ける道は遥かなる道程です。

    自分で思い返してみても恥ずかしくなるのですが、初期の頃は的中率を重視して悪いことも平気で話し、当たることを悦にいって傲慢だったと思います。 あの当時にお越し頂いた方には不快な思いをさせたことも多かったはずで、本当に申し訳ないと顔から火が出る思いです。

    あの当時は占い師としてモノの言い方もなっていないし、アホで未熟な私のところへ来て下さった方々に申し訳ない気持ちが一杯で、あの当時を振り返ると恥ずかしい記憶しかないほどです。

    私はお越し頂く素敵なお客様より学びを与えて頂いているのですが、占いである以上は当たる当たらないも大切だけど、当たれば何を言ってもいいと言うのは間違いで、占いへお越しになる方の心が元気になるように、言葉が与える影響を考えるべきだと思うのです。

    以前の私は早く早くと焦ってばかりでしたが徳川家康公の言葉にも、「人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。」とあり、今はゆっくりでいいから着実にと思うようになりました。

    私は日本最強の占い師(カウンセラー)とは、例えるなら「駄菓子屋のオバチャン(例えなので他業種もあり)」だと思うのですが、色々な体験をして~幾多の苦労を乗り越えて~含蓄ある言葉を優しく話してくれる、そこにあるのは占術ではなく「真剣な思いやり(真心)」だと思います。

    ちょっとお店に立ち寄って~駄菓子を買いながらオバチャンと話をすることで、駄菓子屋を出る時には心が軽くなっている、そこには未熟な私では到底叶わない最強の真心があると思うのです。

    私は「思いやりのある」~「真心が感じられる」~「心が軽くなる」など、いつの日にか素敵なお客様に感動して頂ける霊視カウンセラーになりたいです。

    あなたは心が軽くなる、そういう占いは好きですか?

    ゙☆⌒o(*^ー゚) アリガトウ~♪
    関連記事

    PageTop