徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    欲しい。

    おはようございます。 今日も素敵に輝く未来が待っているあなたには、運命も素晴らしい微笑みを向けてくれるはずです。 笑顔で輝いているあなたが生きている、その意味はとても重要な積み重ねになるのです。

    私は何かが欲しいかと聞かれたら健康とか素敵なお客様の笑顔など、形あるものではなく目に見えない内容が一番に来るので、いざ欲しいモノがあるかと聞かれたら特にありません。

    私は年中無休で365日、必ず事務所に出ています。 移動の時は仕方が無いけれど、それ以外は岡山か東京かは別として必ず霊視カウンセリングをしています。 素敵なお客様より大変ですねとか、お疲れになりませんかなどと優しい言葉をかけて頂けるのですが、実は全く疲れることがありません。

    事務所の大掃除やリフォームをしていて疲れることはあるのですが、霊視カウンセリングをしていて疲れることはありません。 正確に言うと一日が終われば疲れが出ることもありますが、次の日にはまた元気で素敵なお客様にお会いできるのです。

    私は霊視カウンセリングをしていて疲れると言うよりも、素敵なお客様にお会いできることで感動を頂いたり、生きるエネルギーを頂くことの方が多いのです。 仕事に向ける使命感や商売にかける情熱、そしてときめくような恋や悲しくて切ない恋など、色々な御相談をお伺いすることで人として感動を心に刻み込んでいます。

    人は誰にも相手にされないと言う無関心が一番辛いのですが、何事も相手にされないと言うのは心の傷となります。

    昔の私は人並みにお金や車などが欲しいと思ったし、人並みな欲求と言うのか欲望と言うのか、いわゆる欲しいと言う気持ちは大いにありました。 あの当時は今から思い返しても恥ずかしいことばかりですが、どうしてあんなに欲しい欲しいと欲しい病に掛かっていたのかと思います。

    欲しいと言うのはモノだけに留まらず、休みが欲しいとか給料がもっと欲しいなど不平不満だらけでした。

    仕事が面白くないと感じていたし、どうして自分だけ辛い目に遭うのかと悲観していたのですが、今から思えば被害妄想のケがあったのかもしれません。 県北の人とうまくやるには県北の人と同じことをしていれば何もなかったのに、余計な正義感を出したりせずに成すがままに流されていれば楽ができていました。

    ただし、そんな生活をしていたら霊視カウンセラーにはなっていないどころか、新聞紙上を賑わして刑務所行き確定だったので、どっちの生活が良いかは人の考え方にもよると思います。

    さて、話は戻りますが仕事をしていて辛いと感じる時と言うのは、その物事だけに集中して他に考えることが無い時に辛く感じたりします。

    分かりやすく例えるなら、仮に皿洗いをしているとします。 普通なら毎日毎日同じことばかりでつまらないとか、もっとやりがいの仕事があるのではないかと言う気持ちが起きるのは当たり前だと思います。

    昔の私なら皿洗いをしろと言われてもぶつぶつ言って、不平不満を言いながら面倒くさそうにやっていたと思います。 今の私ならどう思うかと言えば、「このお皿を使う人が幸せになれるように」と思いながら皿洗いをします。

    同じ仕事をするのであれば楽しくしたい、楽しくする為にはどうすればいいかと考えて、仕事を遊びに変える工夫をすると思います。 遊びと言ってもだらだらするわけではなく、仕事の中身を真面目に一生懸命にすることが自分を助けます。

    皿洗いが嫌だと言うのなら「何の仕事ならいいのか?」と言う矛盾に辿り着くし、なりたい仕事があっても今度は人間関係とか上司など、他に不平不満を見つけてしまうのではないかと思うのです。

    人は欲しいモノがあるのが欲の部分ですが、欲しいと言うのは何で欲しいのかを考えてみると、それを手に入れることが何になるのかと言う矛盾にたどり着くこともあります。

    欲しい欲しいと次から次へと欲を生み出していると、いつの間にか人間としての品格を落としめてしまうのです。 自分が欲しければ何をしてもいいと言うのであれば、それは人間としてではなく餓鬼の世界になってしまいます。

    幸いなことに日本はわびさびのある国だから、欲しければ何をしてもいいと言う国民性ではありません。 自分の中にある我欲と言うか、鍛えなければならない部分を人は自然と気付きます。

    もしも気付いたなら、その部分を解消することで次なるステップへ上がり、自分が生きていることを証明できるようになります。

    私は自分に対して欲しいモノはありませんが、素敵なお客様が「笑顔で輝ける時、素敵な恋ができる時、幸せな時間を過ごせる時」など、そういう時間が人生の大部分を占めるようになって人生の充実感を感じて頂けることが、私に取っての大切な願いです。

    あなたが欲しいと思うのは、何ですか?

    ☆^(o≧▽゚)oニャハッ
    関連記事

    PageTop