徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    汚染対策。

    おはようございます。 素敵なお客様の笑顔がある限り私は未来が明るいと信じていますが、日本に住んでいる子どもたちへ明るい未来を示すべき大人たちがとんちんかんなことばかりして、おまけに一国の総理大臣が「在任期間」に固執しているようではお先真っ暗です。

    どこかの国の総理大臣は日本よりも中国や韓国の方が大事なようで、日本国民がどうなってもいいなんて政策を進めているので日本の未来は大変です。 国民が民主党に期待して選んでしまった以上は、次の衆議院選挙までは苦労の連続ではなく反省の日々なのかもしれません。

    さて、総理大臣や民主党政権を当てにしていたら被害が拡大してしまうので、私が東京出張の時に福島県の方へアドバイスしている、地面などの放射線量低減の方法を書いてみたいと思います。

    ただし、ここへ書く方法は「畑や田んぼ」にしてはいけません。 あくまでも一般の民家の庭~幼稚園や学校の運動場~公共の公園などで、それ以外にすると二次被害が広がるのでやってはいけません。 (その理由は後述します。)

    6月16日現在の福島第一原発からの放射線量は、現場の方々の必死の作業によりかなり放出される量は低減しています。 それにより3月中旬の頃に比べると心配ない状態ではありますが、実は今のように放出量が低減するまでに飛散してしまった放射能や放射線、それが福島県内各地の土壌へ付着して放射線を出し続けているのが問題です。

    今すぐにどうこうというモノでもありませんが、だからと言って浴び続けて良い訳ではないので至急対策をして頂ければと思います。 (特に0~15歳の子どもがいる家庭は、私の方法を大至急で行ってください。)

    国は当てにならないので民間でもすぐにできること、それは表面の土壌交換で運動場や庭などの土の表面を入れ替えると放射線量は激減します。 ストロンチウムのように水に溶け込む放射能は別として、今のところ福島県内における放射線は地面の表部分だけがほとんどです。

    それを除去することが出来れば素手で触っても心配ないレベルになるので、至急行わなければならないのは地面の表面部分だけ土を入れ替えることです。

    TVの報道などを見ていると「官僚や政治家は知恵が無いなぁ」と思うのですが、土の入れ替えをしているだけでは表面を削った残土のやり場が無いから、入れ替えをしないよりはマシですが「残土の処理を考えない」から、放射線入りの危険な残土の山があちこちへできています。

    入れ替えをしたら表面の削った土の処理に困るくらいは分かりそうなモノですが、今の福島県内は表面を削った放射線入りの残土の処理に困っています。 これは放射線の処理方法が根本的に間違っているからですが、中国や韓国から土を仕入れて儲けさせるなんて税金の無駄使いをするから民主党はダメなんです。

    では、各家庭でやれる放射線量低減の方法ですが、まずは庭の表面から約5~10センチの深さで土を削って行きます。 そして放射線入りの残土を1ヶ所に集めておいて、残土の横へ大きな穴を掘ります。

    穴を掘ると土が出てくるので、それを新鮮な土として残土の反対側へ積み上げます。 そして出来上がった穴の中へ放射線入りの残土を埋めて行き、穴が埋まったら反対側へ積み上げておいた新鮮な土を、全体へ満遍なく広げて平らにして行きます。

    これだけで放射線量は激減して安全に近いと言えるのですが、更に念を入れるのであれば芝生を敷き詰めると芝が放射線を防いでくれます。

    こうすれば放射線入りの残土は地中の奥へ行くので人間に触れることも無くなり、わざわざ新鮮な土を購入することも無いし、庭の表面を削った残土の処理に困ることもありません。

    これは私が3月下旬から福島県の方々へお話ししている放射線量低減の方法ですが、いつまで経っても国はとんちんかんなことばかりして、中国や韓国の土を税金で購入して放射線入りの残土を増やす一方だから、私の拙い未熟な方法ではあるけれどお役に立てるなら実行して頂ければと思います。

    この方法であれば各家庭もゴム手袋とスコップを購入して素人でも作業できるし、日本の真土(少量)や芝生を買うだけなので余計な経費も掛かりません。 このブログを読んでいる人の中で福島県へ御家族や関係者がいる方は、この方法を広めて頂ければ未来で病気になる人を大幅に減らすことができます。

    ただし、最初に「畑や田んぼ」にしてはいけないと書いた理由ですが、これは農家の方々は絶対にしてはいけません。 何故なら農家の「庭~畑~田んぼ」は地形や地質の関係上、川へ流れ込んだり農作物が放射線入りの残土へ根を伸ばす可能性があるので、ここへ書いた方法は一般家庭や運動場などでのみ使ってくださいね。

    汚染~汚染と福島のことばかり報道しているけれど、本当に汚染されているのは福島ではなく「国会」が汚染されているのです。 知恵を出せば福島県内の汚染は防げるし~税金も増やさずに復興は簡単にできるのですが、国会が汚染されているから国会議員や官僚が金と欲にまみれているのです。

    なお、放射線入りの残土処理方法ですが、原発や放射能が安全だと言い張る国会議員の先生方が、家を建てる時の基礎工事へ使えばいいと思います。 これは過去に国会議員だった人も含めて、安全だと言い張るのだから放射線入り残土の基礎の上に家を建てたり、議員宿舎のコンクリに混ぜたりして国会議員の先生方が自ら住めばいいと思います。

    あなたは汚染対策を、どれだけ思い付きますか?

    ☆⌒(@^-゜@)v ヨロシクネ♪
    関連記事

    PageTop