徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    お風呂の起源。

    おはようございます。 お正月を楽しんで頂いているとは思いますが、年の初めのブログなんで軽めの蘊蓄的な内容から始めたいと思います。

    さて、お風呂の語源は意外と知らないと思いますが、国民全体が毎日のように浴槽に湯を張って浸かる国は少なく日本人のお風呂好きは有名で、日本には川や滝で身を清める禊の風習があるから現在の入浴の起源だと言われています。

    しかし、日本も各家庭にお風呂が普及したのは戦後の昭和30年代以降で、日本列島は火山があるので全国津々浦々に温泉があり、日本人は温泉や石風呂を利用してきました。

    そもそもお風呂の歴史は仏教が伝来した際に建立された寺院に、湯堂(浴堂)と呼ばれる施設が作られたのが始まりで、仏教ではお風呂に入ることは七病を除き七福が得られると説かれていたので、お風呂に入ることは健康に良いと理解されていた為、参拝に来た一般庶民にも開放したことからお風呂に入る習慣が始まったようです。

    寺院では体を洗い清めるのは大切な業の一でしたが、一般的にお風呂は贅沢だから一種の娯楽のようなものでした。

    風呂の語源ですが部屋を意味する室(むろ)から来ていると言われ、室とは仏教の慣習を元としたお寺に属する専門職人により石や土で作られたサウナ室のことです。 もう1つは茶道で使われる水を沸かすための風炉(ふろ)、この言葉から来ていると言われます。

    なお、ついでに風呂敷の起源ですが、風呂敷は風呂へ入る時に他人の衣類に紛れないよう自分の家紋入りの布に、脱いだ衣類を包みお風呂から出た時に足下に敷いて、その上で身支度をした事が始まりです。

    話は戻りますが沸かしたお湯を浴びる^もしくはお湯に浸かるスタイルは、湯(屋)と呼ばれサウナ形式の風呂とは区別されましたが、このスタイルが大衆レベルに普及するのは銭湯が隆盛となる江戸時代からです。

    銭湯発祥の地ですが1591年に現在の東京都の常盤橋付近に銭湯が登場、それから江戸のあちこちに銭湯が広がったと言われています。 当時の銭湯は蒸し風呂の一種である戸棚風呂の形式がほとんどで、今のLGBT法案は歴史は繰り返すで、江戸時代の銭湯は混浴が多かったようです。

    ・戸棚風呂→熱く焼いた小石の上に水をかけて湯気を出して上半身の汚れを蒸気で落とし、浴槽に膝の高さ程お湯を入れ下半身を浸す仕組みで今のサウナ方式です。

    ・据え風呂→据え風呂とは大きな桶おけの下にかまどを作り、湯をわかして入浴する為に用いるもので、薪を燃やして風呂釜を直接温めるタイプの風呂が当時の主流で、鉄砲風呂や五右衛門風呂の一種でもあります。

    ・鉄砲風呂→人間が一人で入れるほどの木桶で湯舟の湯量も少ない風呂で、浴槽の内側の縁に通気口のついた鉄製の筒を立て、その中に燃えている薪を入れて通気口から入る風で薪が燃え続け、鉄の筒が熱せられることによって湯が沸きます。

    ・五右衛門風呂→竈の上に鉄鍋底の桶を構えて湯を沸かし、湯が沸いたら蓋を底に落として足場として利用、火傷を防いで湯に浸かる事ができる仕組みです。

    なお、混浴が中止されたのはペリーが来航して混浴に驚き、道徳心を疑うと批判したことにより混浴は徐々に廃止されて、銭湯の様式は大きく改良されました。

    ※LGBT法案により女性風呂に心が男性と言うだけで入れるのを、ペリーはあの世でどう思っているのかなと思います。

    現代のようなお風呂になったのは、浴槽に湯をたっぷり入れたり洗い場を広くしたり、天井を高くして開放的な清潔感のある銭湯は改良風呂と呼ばれ、それでいまのようなお風呂文化が広まっていきました。

    そして福沢諭吉は明治8~9年頃に慶応義塾の向かい側の三田通りの湯屋を譲り受け、オーナーになり慶応義塾大学の塾生や三田付近に住む下宿生など様々な人々が利用、銭湯を経営した経験から福沢諭吉は私権論と言う本に銭湯を例に挙げ、自由平等について説明した内容を著しています。

    銭湯に入る者は士族でも平民でも皆等しい料金を払って皆同じように丸裸になり、同じ浴槽に入っているのに何故士族は尊ばれ平民は軽蔑されるのか、銭湯の入浴には上下関係などなく平等で銭湯に入るも出るも自由と言う内容です。

    大正時代になると銭湯はさらに近代化、板張りの洗い場や木製の浴槽は無くなりタイル張りに変わっていき、水道が普及すると浴室に蛇口が取り付けられ衛生面も向上しました。

    お風呂や温泉は日本人の心で、お風呂が好きな人は多いと思いますし、温泉へ行ったら心が安らぐ人も多いと思います。

    現代はスーパー銭湯やスパなど、マッサージ施設や食事処も一体化の気軽に楽しめる複合施設もありますし、高級路線なら天然温泉が湧いている素敵な宿などもあります。 広い海を眺望できたり紅葉や雪景色を堪能しながら、疲れた体を癒す露天風呂に入れる宿なんかは最高です。

    本日はお風呂についての内容でしたが、改めて日本人はお風呂が好きな国民だと思います。

    私もお風呂のことについて調べていると、あ~そうだったのかぁ?と新たな発見ですし、こういうことも日常生活を楽しめる一つになるかもしれません。

    あなたはお風呂の起源、ご存知でしたか?

    (^^;

    お知らせ:ブログの更新はお休み、再開は再来週の予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop